本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

Selected category
All entries of this category were displayed below.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、釣れよっですか?


あのね。
真剣にお伺いしたかっですよ・・・。


ブログの更新自体はずいぶんとお休み頂いとったですばってん、釣りは月に4~5回は出掛けてるっちゅう、前に比べたらすっかりサンデーアングラーになりきったワタクシめ。
それでも一時期に比べたらコンスタントに釣り場には立てるごとなったですけん、それなりに季節の釣りモノば求めて、過去の実績ば頼りに(ネットの使える環境のなかったですけんね・・・)アチラコチラに出没してはルアーば投げ込みよったっですばってん・・・。













青物の釣れん・・・。














そう。
その昔ブルモンとかブルーランナーとか言いよった彼らですバイ。


それこそ過去の実績ば頼りに、聖地ですとか、巨大吊橋下ですとか、千里の堤防ですとか行ってはみたものの、ごく稀にはるか沖合でナブラの見えるものの、釣果は未だゼロ・・・。


とはいうものの、赤い鯛の店やら青いカメの店なんかに行ったら、これみよがしに青物系の釣れよるってな情報の誇らしげに掲げてあるワケですヨ。






いったいドコで釣れよっとや・・・。




毎年、季節の釣りモノはとりあえず釣ってきたワタクシめ。
今年初釣りはメバノレで始まり、スズキ、テヌ、イカと季節ごとにそれぞれクリアはしてきたっですよ。

で、個人的に一年の釣りモノの中で一番大好きなジャンル、「青物」が未だクリアできとらんとですヨ・・・。





こら困った・・・。






とにかくフィールドに立ってルアーば投げんことには釣れはせんですけん、今日も夜明け前に家を抜け出して、車で5分の漁港へ・・・。

ポイントに着くと、徹夜組のタチウオ狙いな御仁方がベラ~っと海沿いを埋め尽くしとるワケですよ。

で、奇跡的に何故かど真ん中が空いとったんで、クルマ突っ込んでなにはともあれタックルセティング。

組むのは勿論、対青物用のタックル。


最近は「ショアジギング」とか云うなんだか横文字でカッコエェ名前の付けられたこのジャンルの釣り。
そんななかでも気が付いたらアラフォー世代なワタクシめの属するカテゴリーは「ライトショアジギング」とか云うらしかですね。

50g以下のメタルジグば投げ倒す、それはそれでハァドな釣りかとは思うっですばってん、最近は100g以上のジグも投げちゃうらしかですね。
やっぱり、100gとか男前なジグばブン投げよったら、ブリだとかヒラマサだとか、男前なオサカナが釣れるっですかね?
そもそも50g以下のジグなんかば投げよるけん、なんか掛った!!って思うてもエソやったりハタやったりで終わりよっとですかね・・・?

















んなこたナカっでしょうばってん・・・。
















で、本題に戻って。

まだ薄暗い海にジグ(50g以下)ば投げ込むも、リアクションは一切ナシ。


実は、前日の夕方にも会社の同僚とミッキー島にジグ投げに行ったっですばってん、やっぱりエソしか釣れんやったっですよ・・・。


ハァ。
今日も釣れんとかなぁ・・・。




と思った瞬間、不意にフォールから巻き上げだしたジグに何やらウエイトの乗っかってきた!!




















くあっ!!



おぉ、懐かし。
















ん~。

この首振りは・・・。








で、やっぱりエソ(写真ナシ)。

去年はそういえばエソがまったく釣れんやったっですよ。
青物自体も少なかったですばってんね。




今年はエソが大漁で・・・。

青物釣れんとですけどねぇ~・・・。





で、釣れたエソばいそいそと海中投棄してまたキャスト。


















そしてまたエソ。


しかも着水直後のフォール中にヒット・・・。




そんだけ活性高かっやっちゅうハナシですよ。






溜息混じりで海洋投棄。





んで、その直後に右隣の御仁の緑色の電気ウキがキュ~っと沈みこんで行って、ティップが「ぐい~ん」って入っていきよるっですよ。

上がってきたのはギラギラ輝く指3本程度のタチウオ。

入れ食い状態のエソに悩まされるワタクシめを尻目に、どや顔でクーラーボックスにタチウオば押し込む御仁。

う~ん。
悔しかばってん羨ましかバイ・・・。

最近青物に走りすぎて釣果がエソとハタ以外出らんで、本命視されるターゲットばいっちょん釣っとらんけんですね。
あのギラギラした細長かサカナもなんかスゲェかっちょ良く見えてしまうっですよ・・・。




あぁ。
ココロ折れそうやなぁ・・・。







その後日も昇り、タチウオ軍団も撤収し始めて、入れ替わりでアジゴ釣りのファミリーがポイントを席巻し始める。

しばらく海の様子を眺めながらもキャストを繰り返すも、ナブラの出る気配も無ければ、他のサカナからのコンタクトもすっかり無くなって。




ついにココロ折れたデス。

あぁ。
今日も青物釣りきらんやった・・・。












でも、ココで引き下がるワケにはイカンとですバイ。

今日は「滑り止め」的なタックルも用意しとったっですよ。



夏の釣りモノは青物だけじゃナカですもんね。

ついつい青物重視になってしもうて、ワタクシめの中では影が薄い存在になってしもうとるサカナ。



















「メッキ」
















そう。
この時期から狙える好敵手。
死滅回遊魚なら遊んでくれるハズですバイ。


毎年、この漁港では相当数のメッキば目撃しますけん、釣り運からすっかり見放された感のあるワタクシめにも釣れてくれるハズバイ・・・。




で、青物タックルばいそいそと片付けて、メッキ狙いのメバノレタックルばセッティング。



そしてプチ移動。



係留船の周りばそっと覗いたら、ソレっぽい魚影がチラホラ。




頼むけん無視せんで掛ってくれ。




スナップにリトルビット5gばセットしてキャスト。



さっきまで投げよったウエイトの実に10分の1。
むちゃ軽っ!!

ここんとこ毎日くそ暑かですけんね。
こんなライトタックルな釣りのほうが体力に優しくてヨカとかも知れんなぁ・・・。





が、ジグに纏わりついてくるも一向にヒットせず。




「このもどかしさがタマランとさ・・・」



とか、少し苛立ってきよる自分に言い聞かす。

前振りはもうヨカけんさ、そろそろヒットしてくれんね。



ま、ソレが本音。



















で、次の瞬間。



















ぽぽぽぽぽん
















くあっ!!















ウルトラライトなロッドのティップを締め込む走り。

さすがはジャイアントなトレバリーの息子。






2010今季初メッキ







今年初メッキです。
ハイ。






サイズはちっちゃかったですばってんね。
手の平より一回り以上もちっちゃかし・・・。
でもホントに久々に「狙って」釣ったサカナなだけに、サイズ以上に嬉しかったですバイ。


写真撮ってさっさとリリース。
















んでその後もすっかり久々のライトタックルの釣りに没頭した揚句、






小さくてもハタ


オオモンハタの息子。

最近、青物狙いの外道でけっこう30cmクラスが釣れよったですけん、まさかライトタックルでも釣れてくるとは思わんやったですバイ・・・。







で、




黒星笛鯛



何やコイツ?

よう見たら上あごにも下あごにもキバの生えとるバイ・・・。


しかも、本命のメッキよりも攻撃的にジグばかったくって行ったですバイ。

結構、攻撃的な謎のサカナの正体は「クロホシフエダイ」っちゅうらしかです。

我が家にある「さかな大図鑑」によると、喰ったら結構ウマイらしかですバイ。
サイズも20cmそこそこやったですばってん、本命のメッキよりもかなり攻撃的にメタルジグに襲いかかってきたですバイ。

こら楽しかね・・・。





そして、





0808_madai.jpg



なんと!!
恥ずかしながらワタクシめ、この子が人生初の真鯛なんですバイ・・・。

鯛焼きサイズまでもいかんで、回転焼きサイズって感じですかねぇ~・・・。




そんなこんなで日も昇り切って、暑さで溶けそうになってきたんで納竿。

この暑さ、日差しの中で延々釣りしよったら命のいくつあっても足りんですけんね・・・。









そんなこんなで久々に真夏のライトな釣りモノを楽しんだワタクシめ。

問題は次の釣行のターゲットをどうするか・・・。


懲りずにまだ見ぬ青物のお尻を追い続けるのか。
はたまた、今年の真夏の青物は諦めて、ライトなターゲットに癒しを求めるのか。


どうしましょう・・・?


ま、そん時の気分次第っちゅうコトで・・・。






<今日のタックル>

~ショアジギングタックル~

ROD:Majour-craft ZALTZ LSJ-962MH
REEL:SHIMANO '05 BIOMASTER 4000
LINE:SHIMANO EXSENCE #1.5
LURE:MEGABASS BUBLE-HEADDER 28g
          SPIRAL-FALL 50g
     SAURUS HILLA-JIGULLA 30g他


~ライトタックル~

ROD:Majour-craft AIRLIGHTS AL-702T
REEL:SHIMANO Soare-BB 1000S
LINE:DAIWA 月下美人「月ノ響」 4lb
LURE:YAMARIA Little-Bit 5g、1.5g、3g
     Rapala Jigging-Rap W3








ココでお気づきの御仁方も居らすでしょうか?
このブログのお休み期間中に幾つかタックルが殉職致しております。

ワタクシめの釣り人生で間違いなく一時代を築き上げてきたタックルたち。



「SHIMANO GAME・AR-C S906」
昨年の秋、サワラ狙いのショアジギング中に、突如#2のど真ん中でキャストと同時に真っ二つに・・・。
青物や主にキタでのスズキ狙いと、実に様々なシチュエーションでワタクシめにいろんなオサカナを連れてきてくれた相棒やったですバイ。
自己最高サイズの95cmのスズキば二度も連れてきてくれたのもこの竿やったですバイ・・・。


実はもういっちょ、殉職したタックルが・・・。

ま、ソレはそのうち・・・。



ハァ。


スポンサーサイト

| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。