本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
禁断の二日連続釣行。

その二日目。


昨夜の「第六次 北征」は完敗。

悪い流れを断ち切る為にもココはポイントば大きく変えてみるとも一つのテじゃなかやろうか...。



で、ここんとこ調子よさげな南部のポイントへ。

しかし、昨夜このポイントでは南部の猛者の皆さんが華々しい釣果ば叩き出した場所でもあるけん、ひょっとしたら全部釣り上げられとっかも知れんばってん...。


現場に着いたのは潮止まり2時間半前。
にも関わらず、思ったほど潮位の高うナカ。

すでに友人Dとその兄がキャスティング中で、一時間ほどでアタリが一回との事。

他に二~三人のアングラーがキャスティング中の様子。



ココのポイントでは「ブル公」が一番安定した釣果ば出しよるごたって、皆さん揃ってブル公ば投げよらす。

ワタクシめもセオリーどおりブル公でスタート。




かなりハッキリした離岸流の流れよって、コイツの攻略がキモになるごたっですばってん...。





一時間経過。

全員アタリなし。


二時間経過。

全員アタリなし。
他の二~三人のアングラーが全員撤退。



で、ワタクシめが単独で少し離れた別のポイントへ。

ルアーをラウリスの「マイワシブルー」にチェンジ。
ブル公でアタリの拾えんやったけん、ココは勝負に出るしかナカ。

20分ほどキャストするも反応ナシ。



離岸流に乗せてスローリトリーブ...






















ごんっ






















くあっ!!



















ん? 
動かんバイ...














案の定、根掛り。

しかも完全にフッキング。













ぷつんっ













と、ここで友人Dから電話。




「釣れたか?」って釣れんわ!!



と、目の前でライズ。



そいば聞きつけて友人Dとその兄も駆け付けた。



急いでラインシステム組みなおしてTKLM12/18をキャスト。


が、すぐ横で友人Dの兄にヒット。




上がったのは35cmほどのシーバス。

確かにライズしよったともこんくらいのサイズ。



その後、30分アタリなし。

ここで友人Dとその兄が撤収。



ワタクシめは同じポイントで小移動ば繰り返しながらキャストするも反応ナシ。

で、さっきと似たような場所で今度はブル公ばロスト。




やっぱいココのポイントとは相性の良うナカごたっバイ。

前回の南征時もロスト多数、シーバスのアタリゼロと散々な結果やったし...。



ばってん、何か気の済まんで場所移動。


着いたのは2年前の春先に人生初のスズキサイズ(85cm)ば釣った某サーフ。


ベイトは波打ち際で帯になっとる。


雰囲気はある...。



で、キャスト開始。



















30分経過。

アタリなし。

連日の釣行の疲れもあって、集中力の続かんバイ...。

やっぱい歳にゃ勝てんとバイねぇ~。



で、あえなく納竿。



結局、4時間で2箇所のポイントば巡ってアタリなし。
ラウリスとブル公と主力級のルアーば立て続けにロスト。

やっぱい分の悪かとバイねぇ~...。





<今日のタックル>


---スズキ用---

ロッド:SHIMANO GAME AR-C 906
リール:SHIMANO '05 BIO-MASTER 4000
ライン:Barkley ファイアーライン 30lb グリーン
リーダー:お買い得シーガー フロロカーボン 5号
ルアー:
 リトル・ジャック  ラウリス
           <マイワシブルー>
 マリア  ブルースコード 90C
 タックルハウス TKLM 9/11
         TKLM 12/18
 ima     komomo slim SF135
 


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。