本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も一日何もせんやったですバイ。


夕マヅメに近所の磯にでも出かけようかって思ったですばってん、
ヨメの猛チャージば受けて、敢え無く断念したですバイ...。


明後日の「春分の日」の休みも何だか予定のありそうやけん、
明日の晩の北征も見送り。

ま、どっちにしても「タモの柄」のナカけん釣りにならんですばってん...。









しかし、昨日は針の掛かる場所の不思議な個体の多かった。

一本目は横腹

二本目以降はクチにこそ掛かってたものの、今までの個体に比べたらフッキングが浅く感じたっですバイ。

三本目か四本目か忘れたですばってん、目にも掛かっとつケースもあったですもんね。

今まではどっちかって言うたら地獄に掛かるとか、3本フックのうち2本が深く刺さっとるっちゅう事が多かったばってん、昨日は3本中1本しか掛かってないか、2本が掛かっていても浅掛かりでファイト中に外れたり、ランディングしてもタモから出す間に自然と外れたり...。


喰いが浅いんか、アワセがヘタなんか...。

フックが今まで使いよった「ST-46」じゃなくて、
間違えて買った「ST-41」やったけんやろうか...。


カラーが今までと違うけん、喰いが浅いのか...。



次の北征の時の様子ば見て、対策ば考えんばイカンかなぁ...。
スポンサーサイト
夕方にノウノウとセイゴイジメば果たしとったワタクシめは、意気揚々と進路ばキタに向けたワケです。


と、潮の動き出すまでにはまだまだ時間のあったけん、ちょいと寄り道してイカでも狙う事にしたっですバイ。



で、コソコソタックルセットしよったら、我先キャストばしよった友人Dが「タモよこせ」と叫んどるじゃナカデスか!!

タモ組んで駆けつけたら、エギの先っぽに1kgは下らん
カミナリイカ
のぶら下がっておりまして。


タモに入れてサクッとランディング。


キープする術もなければその気もないんでリリースするかって友人Dがエギに手を伸ばした瞬間...



















びゅーっ















ひーっ!!















吐き出された墨は、友人の左足を直撃。

ワタクシめは、何となくイカの漏斗(墨の出口ですね)が怪しい向きになってたんで、予め掛かりそうにない角度に逃げてたんで、事無きを得ました。






とりあえず反撃したイカは、もう出す墨も無い様子で、友人Dの手で海中投棄。
















今、考えたらこの辺から何となく調子のオカシかったっですバイ。














何はともあれキタに到着。



潮の流れは予想に反してまだ無し。

若干の腹ごしらえしてタックルセットしていたら、程よく潮が流れ出したっですバイ。




今回の北征で新しく仕入れたアカキンのラウリスば投入する予定ですばってん、ココはとりあえず今までの活躍に敬意ば払って「マイワシオレンジベリー」で先発。


流れは十分。
が、反応がナイ。



歩いて2~3分の場所に移動してキャスト。
















ごごんっ















くあっ!!







65cm。



さすがは歴戦の猛者。
確実に仕事ばこなすバイ。

ただ、珍しくドテッ腹にフッキングしとって、潜り続けてナカナカ上がってこんやったですバイ。

写真とってサクサクとリリース。





大潮あとの中潮っちゅう事もあって、潮のイキオイはナカナカのもの。

若干時間ば空けて再度キャスト開始。















ごごんっ















くあっ!!







ナカナカのパワー。

それでも本流に逃げ込まれんごと足元に強引に浮かせる。

サイズは70クラス。


お~、こんくらいやったらまずは満足バイ。


ささ、タモ入れタモ入れ。















が、タモ入れ直前に何と痛恨のフックアウト...。



ファイト中にも掛かっとったフックの外れるような感覚のあったとの気になっとったとばってん、その心配が現実になったバイ...。



そう。
ナニを隠そう、ワタクシめはタモ入れが得意じゃナカっですバイ。


次は確実に獲るバイ...。








で、ラウリスを本流に乗せてドリフト。

が、思ったより本流の強くて、気がついたらラインが足元の堤防にほぼ水平の位置まで来とるバイ...。


コレはマズイ。

が、イヤな予感は的中。

ラウリスは足元の堤防にフッキング。
急いで根掛り現場に直行して外してみる。

少しチカラを入れて引っ張ったら抜けた。

ラッキー...って思ったのもほんの一瞬。



ラウリスは海中へ、ラインは空中へ。

???????


ナニが起きたかワカランやったばってん、スナップの結束部分がキレイに切れてる...。

かくして数々のランカーば仕留めて来た、「マイワシオレンジベリー」は海中の藻屑と消えていったっですバイ...。


日頃ラウリスが店頭に売ってあっとば見ても、特に手ば伸ばさんやったワタクシめが珍しく一本、直前に仕入れていたのも何かの縁か知らせか...。


迷わずアカキンのラウリスを選択。


潮は相変わらず強烈に動きよる。
初仕事の舞台としては申し分ナイ状況バイ。


しばらくアタリのない状況が続く。

友人Dは65cmを一本上げたとの事。
友人Dも実はこの直前にワタクシめと全く同じ、ラウリスのアカキンば仕入れとったっですバイ。
友人Dもラウリスの威力ば味わった様子。


そんなこんなしよる中...。




ごごんっ














くあっ!!







今日掛かったヤツの中じゃ明らかにパワーの違うバイ。

コレはランカー間違いなし!!


実際、足元に寄ってきた魚体は80は下らん銀ピカボデー。

苦手ばってん、友人Dは声の届く範囲には居らん。
オロオロとタモ入れ。

よし!! 入ったバイ!!


あとはこの伸びたタモば縮めれば晴れてランディング成功バイ。




が...

















ポロっ...









!!!!!



なんと、タモの先っぽがすっぽ抜けて、タモの柄は陸上、タモ網は海中。

友人Dに慌てて電話。
駆けつけた友人Dのタモに入れてみても、うまく入らない...。


ココは意を決して地べたに腹ばいになってハンドランディング。

が、微妙に届かない...。

一発勝負でリーダー掴んで摺り上げ。















ぽろっ














サカナは海中へ。

タモ網はラウリスがフッキングしていた為、陸上へ。



一気にチカラの抜けたっですバイ...。

















が、ココで気落ちしとったらイカン!!



ココから鬼神になったっですバイ。




その後、





55cm。


71cm。


59cm。



55cm、71cm、59cmば追加したところで、北征開始当初から降り続きよった雨が強烈に...。



体力・気力とも削がれて納竿。







結局、8バイト:4ゲット:2ショートバイト:2バラシ
っちゅう結果やったですバイ...。



ラウリスのマイワシオレンジベリーとタモの破損は物凄く痛かったですバイ...。

収穫っちゅうたら、ラウリスのアカキンが戦力を十分に補ったところでしょうか...。


しかし、ライズも多かったし、今後改めて戦力ば整えて臨みますバイ!!






<今日のタックル>


---スズキ用---

ロッド:SHIMANO GAME AR-C 906
リール:SHIMANO '05 BIO-MASTER 4000
ライン:Barkley ファイアーライン 30lb グリーン
リーダー:お買い得シーガー フロロカーボン 5号
ルアー:
 リトル・ジャック  ラウリス
           <マイワシオレンジベリー>
           <レッドゴールドサンバースト>



殉職者:ラウリス<マイワシオレンジベリー>
    タモの柄

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。