本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギンギンギラギラ。




春バイ。


夕日の眩しかバイ。



そんなワケで、今日は外洋に面した磯場に仕事の終わった後、気がついたら立っとったワケですよ。

ココは前から何回か来た事あったっですばってん、一回も釣れた試しのナカ場所ですバイ。


一番最近で去年の今頃じゃなかったやろうか...。

朝マヅメにフラット狙いで入って、ルアーマンの御仁が一人、50クラスのマゴチばぶら下げて意気揚々と引き上げて来よったところに出くわした事のあったですばってん、当然ワタクシめには何も釣れんやったっですバイ。


うんうん。 あん頃は若かった...。


あちこちと磯ば転々として様子ば見てみるばってん、ベイトの「ベ」の字もナカバイ。

磯際ば引いてきたりするばってん、反応ゼロ。


で、行き着いた先が磯場の切れ目でサーフになっとる所。

ベイトもキビナからカタクチまで結構居るバイ。


で、「こりゃ投げてみんばバイ!!」ってキャストしようかなって思いよったら

「何か釣れるんデスか?」

と問い掛けてくる声。


見ると、うら若きガールが興味深げにワタクシめのルアーボックスの中身ば高みから覗きよるじゃなかですか。

何でこんな磯場に...って思うたですばってん、磯の上は歩道のあっとですバイ。

なんて答えようかなって思いよったら、後ろから彼氏らしき人間の現れて、ガールもそっちに行ってしもうたっですバイ。


ふん。 ワタクシめは女人の色気よりもシバスの方が大事かっですバイ(かなり強がり)。



とりあえず、気ば取り直してキャスト。

下げ止まり寸前で、潮位はかなり低かっですばってん、引いてみると強烈な離岸流の流れよって、リップ付のミノーじゃ引き辛い感もあるくらいですバイ。

釣れんワケなか。


















が、一時間経過してもアタリすらナシ。

遥か沖合いでボラがポコポコ跳ねよるくらい。


さっきのガール達もサーフの方で乳繰り合いよったですばってん、日の傾きの大きくなって夜の帳の下りだしたと同時に、ホテルにでも行くとか仲良く手ば繋いで去って行ったですバイ。

ふん。 ワタクシめは女人の色気よりもシバスの方が...



そのカプールの去ったと同時に、今度はゴルフオヤジの入って来てパカスカとサーフの隅から隅へ、何でしょう? バンカーショットの練習ですか?

と、ほぼ同じタイミングで向かい側の磯に別のアングラーの入ったごたっバイ。

こりゃ負けられんバイ...。
















しかし、アタリのナカっさねぇ~。

潮は上げに入ったけど、あくまで強烈に離岸流の流れ続けよっとばってん、ベイトのザワつきもナカし、ボイル&ナブラはおろかアタリすらナカバイ...。















ん?



















腹減った。




で、納竿。






多分、潮のもっと大きか日とか、多少海の荒れとる日とかに行ったらヨカかも知れんですバイ...。





<今日のタックル>


---スズキ用---

ロッド:SHIMANO GAME AR-C 906
リール:SHIMANO '05 BIO-MASTER 4000
ライン:Barkley ファイアーライン 30lb グリーン
リーダー:お買い得シーガー フロロカーボン 5号
ルアー:
    YAMARIA BLUES-CODE 90V
ima SASUKE 120烈波
SASUKE 95SF
TACKLE-HOUSE M 168
TKLM 12/18
TKLM 9/11
CONTACT-FEED-SHALLOW
SMITH SARUNA 95F
HAMP gu:s 125
fabulous BOA 120
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。