本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の更新でも書いたですばってん、通常金曜日の夜の恒例にないよった「北征」も、今回ばかりは潮周りの悪うして土曜日にズラしたっですバイ(「ヅラした」っちゃナカですYO)。




タイドグラフで下調べしても、若潮の割りに潮は意外と動く様子。



こら期待の持てるバイ。















で、現場着。

















うお!!



あのアーバンな4×4は、間違いなく南部の虎狼「拾八南部」氏。
ばってん、クルマの中はすでにモヌケのカラ。
今頃は暗闇の中でビッシビシ釣りまくりよっとバイねぇ...。


そうともなれば早うせんと、この海域のスズキは釣り尽くされてしまうバイ...。


潮もイイ按排で流れよる。
まさに「今、流れ出した」っちゅう感じバイ。
久々に流れ出しのタイミングばうまく掴めたバイ。


さっそく、友人Dとキャスト開始。

一投目。

う~ん、一発じゃさすがに出らんバイねぇ~。
世の中そぎゃん甘くナカバイ...。


















「おい!! 掛かったゾ」





すぐ隣りでキャストしよった友人Dが一投目でイキナリのファーストヒット。
ヒットルアーはラウリスのサンバーストゴールドレッド。


ぐあ。 先越されたバイ。
素直に喜べん...。








タモ入れ手伝おうかって駆けつけて覗いたら、50クラスの足元で暴れよる。

友人Dが自分でタモ入れしよる。




















ぽろっ。


















サカナは陸の世界ば見る事無く大海原に消えて行ったっですバイ。



フッキングの甘かっさね。

まだまだラウリスば使いこなすにゃ1~2週間早かバイ。





落胆する友人Dば尻目に二投目。


























ごごんっ
























くあっ!!





















わずかにヨレの出来かけよるトコば狙ったら見事にヒット。

ヒットルアーはワタクシめもラウリスのサンバーストゴールドレッド。

が、ラウリスば使わせたら友人Dよか一日の長のあるけん、バラすワケにゃイカンバイ。


追い合わせ×3回。

タモ入れは本流の流れの本格的とまではイカンばってん流れ出したけん、一応友人Dに依頼。













80cm。


80cmジャスト。

幸先ヨカっちゃナイ?

さすがに友人Dがバラシたとば見た後やったけん、慎重にならざるを得んやったですバイ。

ココで二人連続でバラシたら、その日一日バラシ癖のついてしまいそうやったですもんね。






その後、今度は少し離れたポイントに移動した友人Dがまったく同じサイズのスズキば上げたっですバイ。






こらイカン。 突き放しにかからんば...。















が、後の続かんバイ。



流れも動いたり、止まったりば繰り返す状態で、安定して流れ続けるっちゅうワケでもない。







と、ココで後ろから人影が...。








うおぉっ!!

誰あろう、南部の虎狼「拾八南部」氏バイ!!

聞けばすでに食料分の2本は確保したとの事。
さすが海産物のココロが読める男。

30分ばかり話しこんだ後、拾八南部氏はまた別のポイントに消えて行ったっですバイ。




こら負けられん。 早う2本目ば上げんば。








ルアーばラウリスの「コノボラ」にチェンジ。























どぅんっ
















くあっ!!



















76cm。


ナカナカの暴れん坊やったですバイ。

写真撮るときもエラば張って、ナカナカ真っ直ぐなってくれんやったですもんね。


写真撮ったあとに、クチの辺りに何か見えるとに気付いたっですバイ。










ナゾのベイト。


コイツはナニモンやろうか...。

半分消化されとるけん、なかなかグロッキーな出で立ちですバイ...。



他にも、

仔イカなど。


見えにっかばってん、奥には仔イカの残骸も残っとったですバイ。

何でも喰うっちゅう感じですかね?



リリースしたら、さっさと海中に消えて行ったですバイ。











その後、拾八南部氏がクルマで登場。

食料調達も終わったし、アタリも遠退いたけん帰られるとの事。
一言二言交わした後、颯爽と去って行かれたバイ。

確かに、ここ一時間近くアタリすらナカバイ。



しかしライズは、そこかしこで頻発しよるワケですよ。

しかし、コツンとも来ないっちゅうのは一体...?




そうこうしよったら潮止まりば迎えたようで、流れのほとんど無くなったバイ。


と、離れた場所でキャストしよった友人Dから電話。


「こっちはライズがスゴイゾ」


小走りっちゅうか、ピッチ走法で現場へ。



流れが微妙に残っとる雰囲気。


根気強くキャストば繰り返すも、ライズはあれどバイトはナシ。





で、あえなく納竿。





こんだけライズのありよったとに、バイトば取れんっちゅうとも何ともモドカシイっちゅうか、ウデのナカなぁ~っちゅうか...。




ま、来週は更に潮の動くし、スズキの活性も上がって来よるけん、来週はもうちょっと数ば伸ばせるごと気張らんばイカンバイ...。







<今日のタックル>


ロッド:SHIMANO GAME AR-C 906
リール:SHIMANO '05 BIO-MASTER 4000
ライン:Barkley ファイアーライン 30lb グリーン
リーダー:お買い得シーガー フロロカーボン 5号
ルアー:
 LITTLE-JACK  RAULIS
           <マイワシオレンジベリー>
           <レッドゴールドサンバースト>
           <コノボラ>
 FABULOUS    BOA120
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。