本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は嵐やったですバイ。


甲子園も3試合目で中止になったごたっですもんね。






で、最近流行のあの釣りのこと。























「チン釣り」ですバイ。




チンじゃ通じんでしょうけん、「チヌ(黒鯛)」と言うときましょうか。


釣具屋に行っても、チン釣り用のルアーのコーナーなんかもあるくらい、世の中じゃ流行っとるごたっとですバイ。

チン用のミノーですとか、チン用のポッパー?、ペンシルなど。

他にもラパラのCD7ば改造して造る「Mリグ」やとか。


ほう。 ルアー業界も新ターゲット探しに躍起になっとるっちゅうコトですかね。








ただね。



ワタクシめが最初にチンば釣ったルアーは
「T.D.ソルトペンシル・ドラドチューン」
ですバイ。

その後も、
「オシアミノー・ヒラメスペシャル 115F」
「タイドミノースリム 135SSR」
「グース 125F」

こんな感じですバイ。

最初のチンは、某河川でシーバス狙いの時にペンシルの早巻きに猛追してきたけん、調子に乗って投げよったら、喰って来たとはチンやったですバイ。

その後は某サーフでヒラメ狙いやった時に、シャローランナーの早巻きにアタリの集中しよったけん、調子に乗って投げよったら、喰ってきたとはチンやったですバイ。


他にも、シーバス狙いで市内某河川で橋脚ば攻めよって、サラナに喰ってきたとはキビレチンやったですバイ。







「小型のペンシルやポッパーが効果的」

「ゆっくり目にアピールして、サカナにルアーをしっかり見せる...」





なんてコトの某雑誌にゃ書いてあったですばってん、
ワタクシめの実績じゃ、大型のシャローランナーの早巻きにばっかりバイトの集中しよったっですバイ。

去年の夏場にも、その前にちょっとだけ流行った(?)「スケーティングリグ」ってヤツで近所の磯場で遊びよったら、チンの猛追ば受けたですもんね。


ワタクシめとしては、
「見切られんごと止めずに早く動かす」
コトがチンば釣るにゃあヨカって思うとったですばってん...?


ま、サカナの食い気っちゅうとも水物ですけん、毎回同じヤリ方の通用するワケじゃナカっでしょうばってん...。



ついつい「専用」って書かれたら、

「コイでしか釣れんとバイ」

って思ってしまうっですばってん、
業界の思うツボにハマっちゃイカンですバイ。

手持ちのルアーで試してみて、どうしても成果の出らんやったら試しに買って使ってみるっちゅうとがヨカっちゃナカでしょうか?
7cm前後のペンシルやポッパーなんかバス用まで入れたらゴマンと世の中にゃ溢れとっですバイ。


別に業界の営業活動ば妨害する意図はナカっですばってんね。

今日、とある釣具屋に行ったら、チン用のタックルば狂鬼のイキオイで買い漁いよる御仁の居らしたけんですね...。

チョッとだけ気になって...。























ってエラそうなコト書いとっですばってん、今年は一本も釣っとらんですバイ。

群れにハマれば入れ食いに近か状態になっですもんね。
シーバスとはまた違う、絞り込むごたっ3段引きは一度味わう価値はあるって思いますバイ。





狙う場所?

近所の磯場に行ってみんですか。
サーフでもヨカですバイ。

ベイトの寄っとる時やったら、真昼間でも出ますバイ。

100%っちゃあ言い切れんですばってんね。





お、何か偉そうな言い回しバイ。
確実に釣りきらんクセに...。

スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。