本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、たまたまながらもキスマーク野郎が釣れてしまったが為に、二匹目のドジョウ狙いで性懲りもなくノコノコと某大規模漁港に出掛けたっですバイ。


昨日は南東風に煽られてエギがナナメに飛んでいきよったばってん、今日はマトモに北風の吹くもんやけん、それが場所的にちょうどアゲインストになるワケですよ。

投げども投げども、エギは15mくらいの辺りで着水。

ナゾの仔イカすら釣れずに場所移動。



で、車で5分ほどの去年の夏にチビネリゴに追われよった仔イカばたくさん見たポイント。

対岸の防波堤にはエギンガーらしき御仁方がゾロゾロと陣取っとらすばってん、コッチ側はまったくの無人。


「向こうが釣れるとかね...?」


自信のナイ釣りに対しては、親と逸れた小鹿のごと臆病なワタクシめにとっては何とも心細い状況。

が、対岸までクルマ走らせて、そっからまたエッチラオッチラ歩くとも何となく気の引ける...。

それにタモば出しとうナカもんやけん、階段の近くでヤリたいのも正直なトコ。


で、若干の横風ば受けながらもキャスト開始。





































釣れん...。





















まぁ、こんなモンやろ。

ボトムは探った感じじゃどうも砂のごたっ気のする。

同じ水域でこないだは友人Dが2kg近くのキスマーク野郎ば釣り上げて墨喰らいよったしなぁ...。





...っちゅうコトは釣れてもキスマーク野郎ってコトか...。







それはさておき、ボトムトレースやら激しいシャクリやら、スローなシャクリやら、ジャーク、はたまた水面直下のダートと考えられるアクションはすべて試すもあえなく撃沈...。







軟体動物ってやっぱり一筋縄じゃイカンバイ...。




明日は北征も控えとるコトやし、体力ば残してヤメとこうってコトで納竿。





どうも、周りの御仁方も釣れよる気配はナカごたったですバイ。
(軽く気休め)



<今日のタックル>

ROD :ZENITH STRESS-FREE EG80H
REEL:SHIMANO ULTEGRA C3000
LINE:SHIMANO AR-C 1.0号
LURE:
   BREADEN EGIMARU 3.5号 F
       <オールブラック・赤テープ>
       <オールピンク・赤テープ>
   YOZURI FRUSH-DANCER 3.75号 <オレンジ>
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。