本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、本屋さんで立ち読みしよったら、まぁた「アノ釣り」の話題で賑わっとっですよね。

ソルトルアー雑誌のみならいざ知らず、エサ釣り師の御仁方の本にまで

「エサより釣れる!!」

って大々的に載っとっとですバイ。

何か呆れるっちゅうか、逆に「なに?そぎゃんスゴかっや?」って気になってくっですもんね。


今月発売してある海の釣り雑誌には載ってないことがないって感じですもんね。




そう。 チン釣り

それも「Mリグ」


それにつられてか街中の釣具ショップでも「ラパラCD-7]の人気が息ば吹き返したごたっですもんね。 ってなコトは3月28日の当ブログでも書いたですばってん、正直、効果の程は半信半疑。





が、こんだけ騒がれよっとやけん、一回くらいはやってみてもヨカっちゃナカと...?


うんにゃ。 ワタクシめはビッグルアーのグリグリ巻きで釣るっバイ!!






何かしょーもナイ葛藤ばしながら、気が付いたらCD-7とガン玉ば握りしめてレジの前に立っとったっですよ...。

改めて意思の弱いっちゅうか、流行に流され易いっちゅうか...。



で、








Mリグ。


またまた気が付いたら、海沿いにクルマば停めてセコセコとリグりよったワケですよ...。

あぁ、何と軟派な人間やろうか...。








作ったからには投げてみんと気が済まん。

で、北征タックルにMリグ付けてキャスト。



















ゴソゴソ




















































ゴソゴソ














































30分くらい投げて、根掛り3回。

北征仕様のハードタックルやけん根ごと引き抜いて回収。


雑誌じゃ「ライトタックルでアタリを拾う...」とか何とか書いてあったですばってん、根掛り連発で釣具屋ば儲けさせるだけバイ。

チンのアタリなんざ、今まで体感してきたヤツはひったくるような強烈なアタリばっかいやけん、神経ば集中させるような繊細さは要らんけん、むしろボトムトレース上等な博打的釣法やけんこそハードタックルで挑むべきって思いますバイ!!






















ま、結果はボウズやったっですけどね...。



当たり前さ。

そぎゃん簡単に釣れるごたったらホント面白うナカですもんね。

地元でも比較的チンの魚影の濃いか自宅近所の大規模閉鎖水域で試してみたっですばってん、そうウマクイクとは思えんですバイ。



ま、でもヒマ潰しにゃあなりそうやけん、今後もチョロっとやってはみますばってんね...。


どぎゃんじゃろうか...?















ちなみに、前回の北征の時にマッツンさんの弟さんと出会っとったコトがマッツンさんのタレこみで判明したっですバイ。

確かにアングラー二人組みのうち、一人はベイトタックルば携えとったとは気づいとって、長満さん以外に海でベイトば投げ倒す武勇ば誇るとは、マッツンさんの弟さん以外知らんですばってん、確証ば持てんで「もしやソコにオワスはマッツンさんの弟・BURZUMさんじゃナカデスか?」って尋ねる勇気のワタクシめにはなかったっですバイ。

もし、ホントにご本人さんやったとしたら、大変失礼しました。
死んで詫びますんでよろしくお願いします。




と、言うわけで、もしご本人さんやったら数日後からこのクソブログも更新打ち切りになっかも知れんですバイ。

今までアリガトウゴザイマシタ。

                    以上。 

Prev | HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。