本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の北征は、ロスタイムで何とか1本上げるっちゅう、かなりキビシイ釣行になったっですバイ。


スズキの数自体が少なくなったとは思えんとですばってん、明らかにアタリそのものが少なかったですもんね。



さて、今回はどぎゃんやろうか...。











で、キタに向かう前に昨秋に爆釣ば記録した某河口へ寄り道。

数日前、仕事帰りに下見したらベイトの思いの外居ったワケですよ。

スズキ釣るとにベイトは欠かせんですばってん、こないだまでベイトっ気の全然なかったとに、ウジャウジャとエタリやらナゾの小魚やらの入っとるけん、ちょっとだけ期待の持てるっですバイ。


で、降りしきる雨の中ココでのエースルアー、TKLM9/11ばキャスト。















が、アシ系の海中植物の思いの外伸びとって、もはや草刈り藻ダルマ状態。

藻ダルマは亜米利加黒鱒釣りの時だけで十分バイ...。


1時間ほど投げ倒すも反応ナシ。
ライトで海面を照らすと、昨年秋の爆釣状態の時と同じくベイトが海面を跳ね回る。


タマタマスズキの居らんだけやったとかな?


ココでキタの様子の気になって、先行しとる拾八南部氏に現在の状況ば確かめる為にメール。
















「2本バラシ」



むむ。

スズキはやっぱり居るとバイ。



こうしちゃ居れん。

イソイソとキタへ向かったワケですよ。





何せ今日は大潮。

それにこの降り続く雨。


釣れんハズがなかバイ。







で、キタに到着。


拾八南部氏のアーバンな四駆はすでに駐車されとってご本人は不在。

再度メールで現状チェック。














「さらにバラシ」




むむ。

もうジッとして居れんバイ。


お夜食の「エクレア」ばムシャムシャと平らげて、さっそく雨の中へ出陣。



ルアーはご存知ラウリスのコノボラ。

拾八さんがバラシたスズキはワタクシめが獲ってみせるバイ!!


雨の中、鼻息荒くポイントへ。

























「潮の流れよらん...」







???

何度潮時表ば見直しても、既にガンガン流れよってヨカはずの時間。

が、薄いヨレはあるもののいつもの勢いの全くナイ状態。


薄いヨレの中にラウリスを通すも反応ナシ。

色ば替えてもダメ。


「雨で水温の下がって、スズキのレンジも下がったかな?」


で、若干下ば引く為に、対亜米利加黒鱒用に買っとった「リアルベイト」ば投入。

かの長満野郎Aチーム氏も、「女陰テッド苦労」でスズキば掛けとるっちゅうハナシ。


海でジョイント系ば使うとは、数年前に「デカ浜来る」ば投げて以来。

緩めの流れに押されながらも、コキコキとくねりよる感じのPE越しに伝わってくっとですよ。


コレはこの辺のスズキにも未体験な動きじゃナカとかね?


勝手に想像しながらリールば巻くも、反応ナシ。



あちこち移動しながら叩くも、ショートバイトすら取れん状況。



「こら前回よかヤバかバイ...」


で、滑り止めの友人Dポイントに入ろうとノコノコ移動しよったら、友人Dポイントに人影。

海産物狩りのオーラば漂わせながらキャストするその御姿は、間違いなく南部の虎狼、拾八南部氏。



で、しばし話すもやはり状況は芳しくナイ様子。

お腹を空かして待っている組合員の皆さんの為に狩りに勤しむ拾八南部氏をもって、未だマルボウズとの事。

むむ。
こうなったら最終手段じゃってコトで、バイヴに替えてボトムトレース。























またしても無反応...。


雨は無情に降り続き、天気予報の予想気温より遙かに下回る体感温度に、静かな海と、アタリのない状況。


これはノッピキならん状況バイ。


そんな中、拾八さんも最後の望みでいつもの暗闇へ行くとのことなので、ワタクシめもいつものスタイルに戻して、いつものポイントへ。




既にキャストを初めて2時間経過。


























が、その後も流れもアタリも全くナイ。

雨に濡れた手からは湯気すら上がってきよるし...。


ココで拾八さんが撤収。


何と拾八さんを持ってしてもノーフィッシュ...。

拾八さんの連続ボウズなし記録を食い止めるほど、今日の状況は悪いっちゅう事か...。




で、独り残ったワタクシめも悪あがきを続けるも、最後まで潮が動くことなく夜明けば迎えたっですバイ。



明るくなるとが随分早うなって、その分スズキば狙える時間の短くなるっちゅうコトですよ。

以前、まだ活性の高かった時期も、夜明けと共にアタリのパッタリ止まるとがココのパターン。



目安として、足元にフグの大群の寄っとったらスズキが居ない証拠。







で、ライトで照らしたら...。























ビッシリとフグの山。


























終わったバイ...。

















ワタクシめもキタでは久々のノーフィッシュ。

今までヤバイ状況は何度かあっても、最低1本は釣果のあったっですばってん、今回はアタリすら無かったですもんね...。


まさにノーヒットノーランの完全試合ば喰らったワケですよ...。


気が付いたらリールも雨でグリースが溶け出したか、ハンドルのゴロゴロ鳴りよったですもんね。















その場に足元から崩れ去って納竿。

クルマに戻って、「たっぷりクリームシュー」ば平らげてから家路に着いたっですバイ...。



嗚呼。 スズキはドコへ行ったのか...。




ま、でも考えてみたら今までが調子良すぎたっですバイ。

あまりに毎週釣れるもんやけん、「釣れるとが当たり前」的な傲慢な考えになってしもうとる自分がソコに居るワケですよ。

3年前までは「幻のサカナ」って思いよったとに...。



そう思えば少しは気のラクになっとですよ...。


っちゅうか、慰められるっですもんね。


まさに自慰行為バイ。















<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:
     LITTLE-JACK RAULIS
       <サンバーストレッドゴールド>
       <マイワシオレンジベリー>
       <コノボラ>
     LUCKY-CRAFT REAL-BEIT
     Jackson ATHLEETE-VIBE
     TACKLE-HOUSE TKLM 9/11
            TKLM 12/18

     
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。