本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は雨降りやけん、昨日の公言どおり昼から半日有給で休んで、県外のナゾの湖に辿り着いたっですバイ。



が、予想外に雨の勢いの弱か上に風もほとんど無い。


かの
長満野郎Aチーム
も雨・風がキーワードって仰られよったですバイ。


う~ん。
早まったか...。


ま、投げてみらんとワカランバイ。




が、本気タックルば持ち出すには今日はアングラーの多すぎるけん、ココはとりあえず様子見のライトタックルで散策。





しかし、なかなか見えバスの居らんバイ。

ファーストチョイスは見えバスキラーの「Dr.ミノー」。

過去にも足元の見えバスばたくさん連れて来たシロモノバイ。




沈みウィードの真上ば通した瞬間...。






















ごんっ




















くあっ!!


















おお、久々に味わうサカナの引きバイ。






















黒鱒:25cmくらい。


目測25cm~30cmくらいバイ。


この後もアチコチ探ろうかって思うたですばってん、そこかしこにアングラーの居らすっですバイ。

ん? 今日は日曜か?

水曜よね...?




しかし、スピニングタックルば持っとるとはワタクシめだけですバイ。

みんなベイトタックルばっかりバイ。

ベイトでなからんば釣れんとかね?






ココで一旦クルマに戻って時間つぶし。

先日買うたばっかりのウェーダーに足ば通す。

フンフン。 こんな感じか。



そしてビッグベイト用のタックルばセット。

そう、ココからが本番バイ。








雨は止んでしもうて、風もほとんど無い状態。


とりあえず他のアングラーが散るであろう17時まで時間つぶし。








さ、時間バイ。







案の定、入ろうと思っとったポイント近くでキャストしよったアングラーは消えたバイ。


恐る恐る入水。



足元のぐーっと締め付けられるっですバイ。

へ~。 こんな感じか。




ザブザブと水ば掻き分けて長満さんオススメポイントへ。

そしてキャスト。


陸っぱりじゃまず狙えんようなポイントにニトロベイトのかっ飛んで行く。


ウィード畑のさらに先。


で、早速リトリーブ開始。

































ドすんっ

























くあっ!!


















まさか、一投目で結果の出たバイ。


前回は同じんごたっバイトでバラシたばってん、長満さんの指導でチューンば施しとるけん、今回は確実にフッキングしとるハズバイ。





っちゅうか、もんの凄く重かとばってん...。


潜る&走る&エラ洗いとハデに暴れまくる。


きっとバケットマウスのポットベリーに違いナカバイ!!

























56cm




56cm、1.9kg。



こりゃ出来すぎじゃナカやろうか...。


ニトロベイト丸呑み。

しかし、体高のある分、迫力のあるよね...。




まさにバケットマウスのポットベリーバイ!!



と、近くの少年&カップルで黒鱒釣りに来ていた御仁らがワラワラと集まって来る。


何かこう、くすぐったい感覚バイ。

が、一気に自己最高記録ば15cmも更新したバイ。

友人Dの記録も2cmクリア。


恐るべし、ビッグベイト...。

こりゃ長満氏がとり憑かれるとも分るバイ。





で、感謝の意ば込めて長満氏へ携帯電子文書ば飛ばす。

ランカーシーバスやらランカー亜米利加黒鱒ば釣れるごとなったとも全て長満氏のご指南の賜物バイ。


で、何か腹減ってきたけんクルマに一旦戻って買っといたパンば貪る。

10分後、再びフィールドに戻ってさっきの辺りば眺めたら、アングラーの一人入っとる。





ちっ。




手前側でキャストば始めたら携帯が振動。

長満氏から返信バイ。



中身ばチェックしよったら、100kg近い大男が何故かエギば振り回しながらこっちに歩いてくる。















おお、誰あろう
長満野郎Aチーム
バイ。
















その後、秘境ポイントに長満さんのナビで入釣。


そこでお試しルアーの「トリプルインパクト130」ばキャスト。



着水後、ミディアムファストで巻きだしたら...。





















ドすんっ




















くあっ!!



















何と!!

今日は一体何事やろうか!!



喰らい付いてきたとは間違いなく40は裕に超えとるバイ。

エラ洗い中に見える口の大きさからして45~50はありそうバイ。



長満氏の目の前でファイト。







が...



















2度目のエラ洗いでフックアウト...。



そうさね。 出来すぎバイ。
















その後、二人でキャストするも反応ナシ。






で、19時も廻ったんで納竿。











いや、長満さん、大変お疲れ様でした。






















<今日のタックル>

ROD:SHIMANO BASS-RISE XT 
    DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO ULTEGRA C3000
     SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:SHIMANO AR-C 1.2号
     Bakley FIRE-LINE 30lb
LURE:
     DAIWA Dr.Minnow
     LUCKY-CRAFT WANDER-45
     SHIMANO TRIPLE-IMPACT 130
     JACKALL NITRO-BEIT
     SIGNAL KUDZILA


スポンサーサイト
昨日も書いたとおり、近頃釣果に恵まれとらんとですバイ。


こんだけ頻繁に竿振りよっとに一週間、獲物ば水中から引き摺り出しとらんとですバイ。



で、今日はとりあえず仕事帰りに近所の磯場へ。

近所で何か釣れるモンば探すとが一番テンションも上がってヨカはずバイ。



そこで昨夏、「スケーティングリグ」って一時期流行った釣り方ば同じ場所でしよったら、チヌにやたらと人気のあったとば思い出して、久々に試してみた。



コレってやり方はエギングのシャクリ方と同じで、リズム良くぽ~んぽ~んってロッドばシャクらんばイカンとですばってん、今年はソコソコエギングにハマッとるだけあって、なかなかリズムばつかめたですバイ。





が、何も出ず。






水面ば見よったら、時々ぽちょんぽちょんとベイトの跳ねよるけん、ベイトの入りは申し分ナカとバイね。




しかし、ここんとこ雨降りの多かもんやけん、浮遊ゴミの多かっですバイ。

ワンダーじゃサスケじゃブル公じゃって投げよったら、ゴミ玉になって帰ってくっとですバイ。


コイじゃ釣りにならん。


が、ココで一つ閃いた。


ゴミばある程度明るいうちに回収してしまえば、薄暗くなった本番には問題なくルアーの引けるって言うコトバイ。



お。 我ながらイイこと思いついた(そうか?)バイ。




で、ルアーばリップレスベイトに替えて、水面直下の高速巻きでゴミ回収スタート。



面白いくらいに水面の流れ藻の回収できるっですバイ。




と、気付いたら対岸のグレーカラー(肉体労働的御仁。 建築関係に多い)の御仁がコッチば見て何やら話しよる。


「あん兄ちゃんはゴミばっかい釣りよるやっか。
あがんとで釣るんモンかね」




ふっふっふっ。

甘いぜあんちゃん。

コレはあと30分後くらいに快適に釣る為の下準備バイ。


お城の攻略も外堀ば埋めることから始めるとと同じで、いかに有利に物事ば進めるかの地ならしに過ぎんとバイ。



でも、このゴミ拾いも結構ハマるっですバイ。

キャストの練習にもなっですしね。

で、見る見る水面の草木の消えて行ったっですバイ。




おお、コレで何とか快適に釣りのできそうバイ。





そうこうしよるうちに何となく暗くなってきた。




ヨシ、そろそろ本気釣りモードに突入バイ。




ルアーばブル公にチェンジ。







投げる。


















巻く。
























投げる。



















巻く。

























お、ベイトの何かに追われよるバイ。

投げる。
























んあ。







まだ拾いきれんゴミのあったっバイ。

確かにあれだけ回収したにも拘わらず、船の通ったら沖合いのゴミの新たに運ばれて来っとですもんね。

こぎゃん時によりによってゴミば拾うって...。

本番で苦労せんごとゴミさらいばしたとに...。

コレでもしシーバスのボイルやったら、スレさせてしまうバイ。


あのゴミさらいは徒労やったってコトやろうか...。









ん? こんゴミ何か動きのオカシかバイ?



























ナゾのマメイカ。






出た。

またコイツバイ。





あんたドコにでも居るね。


しかもご丁寧に足にフックの3本とも掛かっとったですバイ。


目測胴長12cm程度。



記念撮影後に海中投棄。


が、何となくコレでヤル気のなくなった...。


ベイトば追い廻しよったとはコイツやったっバイ...。







で、よろよろと納竿。



とりあえず久々に海中から獲物ば引き摺りだしたですばってん、何か納得のいく結果じゃなかったですバイ。




明日は雨。

しかも週末は台風の影響のあるらしかですバイ。

完全に予報円内に入っとったですもんね。


ただ、明日は午後から休み(代休消化)やけん、せっかくの(?)雨ってコトやけん、亜米利加黒鱒でも狙いに行ってみますバイ。




<今日のタックル>

ROD:POIN-BAY FREEDOM-SEABASS 702L
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Bakley FIRE-LINE 30lb
LURE:
     RAPALA SKITTER-POP
     ima   SASUKE SF-95
     LUCKY-CRAFT SAMMY 95
           WANDER 80
     YAMARIA BLUES-CODE 90C
          MAR-AMIGO 65
     MEGABASS LIP-LESS・BEIT SS
     SHIMANO TRIPLE-IMPACT JOINT 100mm

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。