本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日のごと書きよっですばってん、
すっかりと亜米利加黒鱒釣りにハマってしもうとっですバイ。


ワタクシめ、一つの事に夢中になったら突っ走るタイプですけん、多分飽きるまで突っ走って行くって思いますバイ...。


ま、確かに釣りモノのキビシイ時期じゃあっですし、風の強うしてイカも狙えんしで、手っ取り早かとが、閉鎖水域に居って逃げ場のナカ亜米利加黒鱒狙いっちゅうコトデスよ...。




で、今朝も張り切って4時起き。
家を出たとが4時半。

いつものトコに着いたとが5時半前。

早朝の空いた時間帯でも小一時間掛かってしまうっですバイ...。





で、いつものようにさっさとウェーダー履いて、本気タックルセットして、ノコノコと歩いて行く。

風はかなり強めに吹いて、昨夜の雨の影響か、昨日よりも若干ながら水位の上がっとるバイ。


辺りを見回してもまだ他の黒鱒釣り師の姿は見えん。



ふっふっふ。 一番乗りバイ...。


思う存分入水してキャストできるバイ。


で、まず手始めにこないだ56cmの飛び出たウィードエリアへ。

ファーストチョイスはトリプルインパクト・リップレス140。

ヌラヌラとS字書いて表層ば漂ってくる。

見た感じラウリスの泳ぎに近かバイ。



が、ノーバイト。

クジラ、ニトロベイト、トリプルインパクト130と次々ルアーば替えて臨むも反応ナシ。

風は向かい風で、時折カラダば持って行かれそうな強烈な突風の吹く。

ウェーディングとは言え、あんまり沖まで出たら危なかバイ...。



で、気がついたらアチコチに黒鱒釣り師の入って、他に投げ場のナカごとしとるバイ。

いつの間に囲まれとったとやろうか...。



っちゅうか、みんな熱心やねぇ~。
こんな朝っぱらから...。


で、こっちの岸からは投げる場所の無さそうやけん、対岸のポイントへ移動。

ヤブ掻き分けて入水。

沖合いばまた次々とルアーば替えながらチェック。


















が、反応ナシ。

ん~。

風は強うして波はかなり立っとるばってん、晴れとっとがイカンとかね?


で、ニトロベイトに替えて岸のアシ際ばスローで通す。

このニトロベイト、県北の中古釣具店で投売り状態で売ってあったばってん、今のところランカーから人気の一番高っかルアーになったバイ。

前のオーナーは何で売ったとやろうか...。

ま、相性もあっとやろうばってん...。




と、目の前10mくらいのアシ際から魚影の飛び出して来た!!



ごごんっ



くあっ!!








が、掛かりの浅かったバイ。

目測30cmちょっと...。

クチの横っちょに針掛かりしとったばってん、ランディング間際にフックアウト。


まぁだアンタがクチにするにゃあ早かバイ。
もうちょっと成長してから来んね。





で、背後にヒトの気配。




むむ、このウェーディングエリアに立ち入って来るとは...。


まさか...。























全く知らん御仁やったですバイ。

ワタクシめはてっきり、かの「長満野郎Aチーム氏」かって思うとったですばってん、キャストするロッドの風切り音の軽かけん、ソレだけで別人って分ったですバイ...。




しかし、黒鱒釣り師の連中って何か独特な雰囲気のあるバイ。

海釣りの御仁方は結構フレンドリーなヒトの多くて、ルアーば放り投げよっても
「スズキですか!?」
って声ば掛けてきたり、近くで竿出しするとにキチンと
「ココで投げてヨカですか?」
って一声掛けてくる御仁がほとんどやっとに、
黒鱒釣り師の連中は一切無言バイ。

背後ば通る時にも声掛けたりせんし、擦れ違っても挨拶一つせんとバイ...。

若手の多かとは言え、何か切なかよね...。

ヒトはヒト、自分は自分ってコトか...。




ま、気を取り直してまた最初のポイントへ。

風が更にイキオイば増して、ライトリグば扱いよる御仁方はみんな風裏の方に逃げて行ったか帰ったかして、随分とヒトの減ったバイ。

気にせずザブザブと入水。

とりあえず周囲の黒鱒釣り師に迷惑掛からんごたっけんヨカろう。


で、ニトロベイトばキャスト。


向かって右側は吹き付ける風で15mほどしか飛ばん。

っちゅうコトで左側を重点的にキャスト。


風にうまく乗れば50m近くかっ飛んで行くバイ。


で、ウィード畑の付近ばゆっくりと通す。

風でラインの煽られる分、いつもよかロッドば立てんでも水面直下ば泳いでくれるけん楽っちゃあ楽バイ。


























ドゥンっ




























くあっ!!





















おお!!

実に久々に完全に魚体の重みの乗ったバイ!!

念の為に追いアワセば2~3発。


強烈な勢いでウィードの中に突っ込んで行きよるバイ!!


こがん時に青物用のロッドのパワーの役に立つバイ。

バットパワーで完全にサカナの動きば停めて、浮き上がらせてゴリ巻き。

ふっふっふ。
観念せろさ。
もう逃げられんバイ...。





















52cm-1



52cm、1.8kg。

グリ-ンバックのバケットマウスのポットベリーバイ

こないだの56cmと比べたら、よりコッチの方がポットベリーやったですバイ。

雌雄の見分け方は知らんですばってん、抱卵でもしとるとやろうか...。




52cm-2


フックもちゃんと仕事ばしとるバイ。

2本ともキレイにクチの両端に掛かっとる。

コレなら多少の事じゃバレんバイ。


写真撮って、計測して、重さ量ってリリース。

が、ファイトで体力ば使うたとか、横になって浮いてしまうっですバイ。


で、スズキのように体力回復の為、蘇生作業。


2~3分で元気になって、しばらくワタクシめの足ばストラクチャーと間違えたとか、ピッタリとくっついとったですばってん、少し経ったら沖の方に泳いで帰って行ったですバイ。



その後、ネチネチと粘るもアタリも無く、日がどんどん高くなっていって家族連れなんかも出てきだしたんで納竿。




状況的にアタリのもうちょっとあってもヨカったっちゃナカやろうかって思うたですばってん、何にしろ1本出たけん満足ですバイ。






まぁたコレでハマりこんで行くっバイなぁ...。






<今日のタックル>

ROD :DAIKO  PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:
     SHIMANO  TRIPLE-IMPACT 130
          TRIPLE-IMPACT JOINT 120
          TRIPLE-IMPACT LIPLESS 140
     SIGNAL  KUDZILA S-TYPE
     JACKALL NITRO-BEIT
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。