本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は何やかんやあり過ぎて、とにかくこの湖から
「洗礼ば受けた」
感じやったですバイ。


時を追うにしたがって、悪化して行くケータイの症状。

根掛りで減って行くスイムベイト。



う~ん。

ツイとらん時はツイとらんモンバイ。







で、今日は昨日のリベンジも兼ねて、凝りもせずに湖へ。


今日は風もあるし、小雨もパラつく。

むむむ。
今日は釣れるはずバイ...。


更に、運のイイことに水位のベストな位置に下がっとるバイ。






で、今日はいつものお気に入りのポイントに入る前に、ちょっと手前から入水。



で、沖合いにキャスト。





























さすがに水位の下がっとる分、ウィードば拾ってくるバイ...。




で、藻ば外してキャスト。




























また藻に引っ掛かったバイ。





クジラは水面直下ば引ける分、小さめの藻ば引っ掛けただけでも重みの変わって、手元でハッキリと分るっですバイ。








で、藻の絡んだら黒鱒の釣れる確立のウンと下がる気のして、早巻きで回収すっとですバイ。






てなワケで早巻き回収。





































どすんっ









































くあっ!!




























何と目の前5m。


しかも藻絡みで早巻き回収中に水面ば割って飛び出したですバイ!!


しかし距離のナカ!!

ただ、明らかにランカーサイズの魚影バイ...。






ランディングの為にラインば少し出したら、ワタクシめの足の間に突っ込んで来る。


オイオイ。 カンベンしてくれんかね...。


























56cm 2200g。

(ケータイ替えたばっかりで写真デカ過ぎました...)

おぅお!!

56cm、2200g!!



今年4本目のランカーですバイ!!



昨日の借りは一つ返したですバイ!!







その後は小さめのアタリの2~3度あったのみ。






その後、昨日ニトロベイトばロストした場所へ...。


こんだけ水位の下がっとっとやけん、回収できるに違いナカ...。




















で、見事回収。

19時も廻った事やし納竿。






<今日のタックル>

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:SIGNAL KUDZIRA S-TYPE



スポンサーサイト
今日は県北で仕事が終わったにも拘らず、その後特に予定のないのをイイ事に、いつもの湖へと向かったワケですバイ。



気候は晴れ。

風は無風。

雲も特にナシ。

そして平日にも拘らず溢れかえる黒鱒釣り師。



むむむ。

片道100kmの距離を来たにも拘らず最悪の条件バイ...。



しかし、今日は友人Dが久々に参戦するっちゅうことやったんで、その到着を待つことに。






「終わったんで来ます」




のメールが届いたとが17:04。




で、友人Dが現れたとが17:50。




準備はとっくに済んどったけん、サッサといつものお気に入りの場所へ。




クジラのMタイプを前回の探索のときにロストしてしもうたけん、今日はニトロベイトの先発。




長満野郎Aチーム氏から先日報告のあったとおり、水位はかなり高め。


が、負けないくらいウィードも成長しとって、やっぱり所々で藻ダルマになって帰ってくるバイ...。

しかも、スポーニングの時期に入ったとか知らんばってん、ブルーギルの数がハンパじゃナカ...。

湖中のブルーギルがシャローに押し寄せたとかっちゅうくらい、大きいのから小さいのまで我武者羅に数の多かバイ...。


しかもコイツら、ヒトがウェーディングしとったら、つま先やらかかとやらばコンコン小突いてくっとですもんね。

若干気持ち良くもあっとですばってん...。





そんなこんなで一時間。



推定30~40cm程度の黒鱒のバイトはあったものの、本命のランカークラスのアタリは一切ナシ。



ワタクシめが与えた「ウオデス乙型小」ば投げ倒しよった友人Dもアタリのみやったとか...。


場所ば若干移動して、別のポイントでキャスト。




ワタクシめも腰までウェーディングして探るも、一度水面捕食のあったものの、マトモに乗るようなバイトはナシ。


で、ブル公に替えて広範囲ば探りよった友人Dにヒット。




















コワッパ。


ん~。
コマかバイ。



ちなみにニトロベイトはサイズ比較用デス。






と、ココで異変に気付く!!



























ぐあ!! ケータイの水浸しバイ!!


調子に乗って腰の位置までウェーディングしとったら、気付かんうちにポケットに入れとったケータイの位置まで水かさの来とったっですバイ!!



コレじゃまさに数日前の長満野郎Aチーム氏と同じ状況バイ!!



で、調子はどうかと試してみたら...





カーソルキーの下と、テンキーの7・8・9が反応ナシ...。




「げ、死んだバイ...」




って凹みよったらまたもや友人Dが今度は35cm程度の個体ば引き摺り出したっですバイ。



ただ、ワタクシめは大事なケータイの水没事故で狼狽しとったけん、正直どうでもよかったっですバイ...。




で、ヤケクソでキャストしたら...



















今度はニトロベイトが根掛り!!



水中に仕込まれた配水管に見事にフッキング。



水面から見えるばってん、帰らぬヒトになったですバイ...。




















やっぱり、ここんとこ調子に乗って釣行しよったけん、バチの当ったとバイ。




壊れたケータイも、ヨメには

「トイレで手ば洗いよったら胸ポケットから落ちたっさね...」

と苦しいウソ。



早速明朝、ケータイ屋さんに走るハメになったっですバイ...。




で、23:55現在。

カーソルの上も動かんごとなって、発信ボタンも利かんごとなったバイ...。

で、たま~に「充電中」のランプの充電もしとらんとに点くとやもんね...。


完全にオダブツ。


さようなら。







<今日のタックル>

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:JACKALL NITRO-BEIT
     SIGNAL KUDZIRA S-TYPE


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。