本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここんとこ、小規模閉鎖水域での亜米利加黒鱒のちょっと好調やけん、ベクトル自体がソッチに傾いてしもうとっですバイ。



が、本題はスズキ。





そのスズキ、年明けからず~っと毎月釣れてきてたっですばってん、もう終わろうとしよる5月はまだ1本も釣っとらんとですバイ。





潮周りが昼潮にシフトしたこともあって、夜の潮の動きそのものも小そうして、スズキの活性自体も低下傾向にあるごたっ気のすっですバイ。





そんなマイナス要因ばイロイロと抱えながら、独りキタへ。




前回、かの拾八南部氏とボウズの洗礼ば受けた2週間前。

潮周りは大潮。

普通に考えたらガンガンと下げ潮の利いて、下げ止まりまで常に潮が動くっですばってん、前回は下げ始めから1時間で潮の止まって、そのまま下げ止まりの時間ば迎えるっちゅう最悪の流れやったっですバイ。



むむむ。

今日はどぎゃんやろうか...。




ポイントに向かう途中、ヘッドライトが海面まで届いたら、一斉にベイトが海面ば跳ね回る。

おお。
ベイトの入りはココ最近じゃ一番ヨカバイ。




で、イソイソとタックルセット。



久々に握るAR-Cとラウリスの組み合わせ。

最近使いよるビッグベイト用のタックルに比べたら、随分軽かバイ。





で、暗がりの足元にチョイとキャスト。

が、何もナシ。




と、いつものポイント辺りでライズ音。





コレは投げるしかナカバイ!!






で、足元沿いにキャスト。









で、ロッドば下げてラウリスのデッドスロー。




























どんっ























くあっ!!


















海面ば割って出たとは、久々に見る銀ピカボデー。

待ちに待ったスズキさんバイ!!



と、手前のロープに逃げようとしよる。


そうは行かんバイ!!



































しかし、次の瞬間、ラウリスがワタクシめに向かって飛んできて、クルクルっと体ば一周して地面に落ちたっですバイ。























ひ~っ!! バラシたバイ!!


サイズは60前後やったやろうか...。


なんにしても一瞬の出来事やったですバイ...。




で、気を取り直してキャストし直しよったら、背後にクルマの気配。



おお!! あのシルバーの大家族移動車は!!




扉が開いて降り立った150kg近い大男。

まさにマッツンさんバイ!!

奥さんとその友人の方とドライヴがてらに立ち寄ってみたとか...。



しかし、さすがイカ王。

こんな真夜中に女性ば2人もハベらせてミッドナイトドライヴィンとは、イカ王だからこそ許される行為。



で、小一時間話し込んだ後、マッツンさんは女性二人を従えて、車で元来た道ば引き返して行ったっですバイ。




ささ、気を取り直して投げるとするか...。



マッツンさんと話し込んどった間も、2~3回ライズのありよったっですバイ。



こりゃ今日は絶対釣っとかんばイカンバイ。

































20分経過。



雨脚の極端に強まって、一時車内待機。

今日の雨具じゃこの雨は凌げんバイ。


せっかくスズキの活性の高そうやっとに...。


















ん?

このパターンはもしや...。

















30分後、雨の小降りになったけんキャスト再開。


が、ココで気付いた。



























潮の止まっとる!!








前回の北征の時も、大雨の降った前後どっちか忘れたですばってん、雨の絡んで潮の止まったっですバイ。


新月の大潮やけん、流れんばおかしかハズばってん...。
























結局、流れの止まったまま空が白み始めてきたっですバイ。



もうこうなったら何ばしても釣れる気のせん。



で、前回に引き続きボウズにて納竿。

結果、
・ラウリスのサンバーストレッドゴールドで1ヒット&バラシ。
・ラウリスのコノボラで1ショートバイト。
・トリプルインパクト・リップレスで1ショートバイト。

亜米利加黒鱒相手のスイムベイトの釣りばっかりしよったもんやけん、アワセの反応の遅うなってしもうとっごたっですもんね。

コノボラで出たアタリは、スズキ慣れしとった頃やったら獲れとったアタリやったって思いますバイ...。




しかも途中で左ヒザば捻ったごたって、曲げ伸ばしの時に激痛の走るっですバイ。

もう年やけんねぇ~...。



しかし、コレで北征の前半戦は終了やろうか...。

見極め付けるとに少し悩みますバイ。

天気次第ってコトかな?




<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS
           <サンバーストレッドゴールド>
           <コノボラ>
           <マイワシオレンジベリー>
     SHIMANO TRIPLE-IMPACT LIPLESS 140S


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。