本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月末近くなってくると、営業は若干慌しゅうなってくっとですバイ。


そんな中でも、チョロチョロっと釣り場探しに没頭してしまうっですバイ...。

釣り人の性っちゅうか、ビョーキですバイ。






まずは、マッツンさんに教えてもらったクリークへ。

が、激しく濁っとっですバイ。

単純に農業廃水だけの汚れっちゃ思えんとですばってん...。


しかも、所々にフナやらコイやらの死体のプカプカ浮いとっとですバイ。

その数、少なく見積もっても10数匹...。



ホントにこがんトコにキャットフィッシュの居るとやろうか...。

ワタクシめの勘違いやったらヨカとばってん...。


しかし、想像を絶する汚染状態バイ...。



写真撮ろうかって思ったですばってん、躊躇ってヤメましたバイ...。




何か遣る瀬無い気持ちで仕事続行。

















で、それから県北で仕事の終わって、気がついたらキタのポイントにフラッと立ち寄ってしもうたっですバイ。




ほぼ潮止まり。







カタクチの嵐とクサフグの山。




が、じっと目ば凝らしたら、フッコクラスのスズキの見えるっですバイ。



岩と海藻の間でジッとして動かんやったですもんね。

居るとやったら何でこないだ喰ってくれんやったっやろうか...?




その後、クロスロープのトコば覗きに行ったら...。

















ココにもフッコクラスの群れ。

ロープ沿いに4~5匹。


サイズは40~50ってトコやろうか...。


仮にルアーば投げても自殺行為のごたっ場所ですばってん...。


スズキの頭の上ば悠々とカタクチの群れの泳ぎ廻りよっですけん、ルアー投げたトコで反応は皆無でしょうばってん...。






結局、2箇所とも竿出さずに帰ってきたですバイ。

ま、釣りに行ったっちゃなくて、あくまで「仕事のついで」ですけんね...。

















で、帰って来てPC立ち上げたら長満野郎Aチーム氏からのコメントが...

























な、なにー!!


さすがカリスマ釣り師...。


ワタクシめのごたっイカサマ釣り師とは違うですバイ...。


サクサクと50UPば2本追加しとらすバイ...。
(TOP画も変わっとらすですバイ...)


やはり敵に廻しちゃイカン御仁バイ...。


明日以降はワタクシめも毎日湖に通って追いつかんばイカンですバイ...。



ただ、最近ビッグベイトば背負い過ぎて、若干肩の辺りの筋肉痛ですもんね。

ヒザも痛いし...。



年齢にゃ勝てんとバイね~...。


スポンサーサイト
早いモンで、もうすぐ5月も終わってしまいますバイ。

毎日ノンベンダラリと生活しよっても、時だけは過ぎて行ってしまうっですバイ。



そんなこんなで、今月は前にも書いたとおり、スズキと縁のなかったごたって、漁獲量はゼロやったですバイ。

ついに連続記録もココでストップ。


1月はギリギリの29日に1本出して、その後2・3・4月と絶好調やったですばってん、昼潮に移行した今月は一転して大苦戦。

潮周りの悪すぎてキタに行けんやったり、期待して行ったとに2回連続で潮の止まったり...。

自然相手やけん仕方なかっですばってんね...。


今年の目標に掲げた「スズキ:50本」に対して、
現在の途中経過は27本

悪くはナカっておもいますばってん、せめて30は行っときたかったですバイ。


内訳として、
20クラス:1本
30クラス:0本
40クラス:3本
50クラス:6本
60クラス:7本
70クラス:4本
80クラス:4本
90クラス:2本

っちゅう感じやったですバイ。

釣果のほとんどが50クラス以上っちゅうとはやっぱりラウリスのお陰って思いますバイ。

ましてや70クラス以上で10本っちゅうとは出来すぎですもんね。



メバノレも今年は例年ほど行かんやったですばってん、スズキ狙いの外道でまさかの尺サイズも出たですバイ。
純粋にメバノレだけ狙いよったら多分出らんサイズって思うしですね...。



ミズイカもマッツン氏のご指導で念願のキロオーバーば釣るコトのできたですバイ。
しかも同じ日に3杯も上げたっちゅうとは冥土の土産にちょうどヨカですバイ。
その後釣りきれんっちゅうとがワタクシめのイイところでもあっとですばってん...。



そしてGW明けから始めた亜米利加黒鱒。
最近のハマりっぷりには我ながら目ば覆うようなトコもあっとですばってん、コレも長満野郎Aチーム氏のご指導のお陰で、今までカスリもせんやった50UPが連発。
56・52・58・56と、信じられんようなサイズのヤツらが飛び出してきたっですバイ。

グリーンバックのバケットマウスのポットベリーばっかりですバイ。




で、こんなに好調でありつつも、例年釣れてたのに釣れてないサカナもちらほら。

例えばチン。

マゾリグってヤツば使っても、根掛り連発でアタリすらナイ状態。
使う場所の悪かってコトも考えらるっですばってん、やっぱりワタクシめには似合わん釣り方やったとやろうか...。
今まではビッグルアーの表層早巻きオンリーやったですけんね。
大規模閉鎖水域周辺ではエサ釣りの御仁方が幅ば利かせとっですばってん、隙間ば縫って今度試してみようかなって思います。


そしてヒラメ。

某サーフで冬場にポコスカ釣れよったですばってん、ここ数年気配なし。
現在療養中の魚々麿氏が仰るには「放流事業ばしよらん」との事。
なるほど。 カラクリはそこにあったっですバイね...。
しかし、市内の各港で今年は座布団級の釣果の連発しよったですもんね。
そぎゃん太かとは要らんけん、お刺身サイズば釣りたかね...。



さらに孫チン。

かの孫チン釣り師、拾八南部氏も今年は苦戦中の様相。
去年の地震のあった日に友人Dが50オーバーの大物ば釣り上げて以来、全くお目に掛かっとらんですバイ。
時々思い出したごと狙ってみるっですばってん、忘れとったようなヤツには釣れてくれんごとなっとるごたっですバイ。

世の中そぎゃん甘うナカ...。



そしてキス。

コレはウチのヨメが唯一釣る貴重な釣りものですばってん、今年は天候不良の日の多かったですもんね。
バークレーのサンドワームオンリーで狙いよっとも不評の要因かも知れんですばってん...。
今度、活きエサで狙ってみます...。





ま、釣れんとはアングラーの常。

しかし、今年は良き釣り仲間(「仲間」じゃ同格ってなってしまいますバイ)師匠方のご指導&ご鞭撻で、考えられんような釣果ば上げとるワケですバイ。

昨年までのワタクシめの貧果からしたら、月とスッポン。

改めて情報と師匠の大事さば痛感したですバイ。





ところで、何で「月」と「スッポン」ば比べるっですかね?

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。