本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不調っちゅうか、実力っちゅうか、とにかくマトモなサイズの黒鱒にここんとこ出会っとらんワタクシめは、気が付いたら5時前には湖に着いとったワケですバイ。




こりゃ一番乗り間違いナカバイ。


せっせと入水の準備ばしよったら、あちらこちらに人影+キャストの音が...。

















こんヒト達はココに棲みついとっとかね?

まだ5時前バイ。




しかも、ほとんどのポイントが埋まっとっとですバイ。


風は微風、空は快晴。


今日も始まる前から終わっとるバイ...。






お気に入りのポイントでキャストば繰り返すも、当然のように反応はゼロ。





それから他の黒鱒釣り師の御仁と入れ替わり立ち代わりポイントば移動しながら探るも、また反応ゼロ。


ワームで探いよる他の御仁方には20cmクラスのチョロチョロ上がりよるごたっばってん、それ以上のサイズは見掛けんですバイ。



ある程度日の昇って、お気に入りポイントでキャストしよったら、背後にナニやらただならぬ気配ば感じたっですバイ...。


























おお!! そこには何と拾八南部氏が!!



夜通し南部方面ば探りよって玉砕したご様子で...。




その後数学的なハナシやら哲学的なハナシやらで盛り上がり。




ワームやらワンダーやらありがとうございました。

それぞれ有効に使わせてもらいますバイ。




で、拾八南部氏が帰路に着いたあとに、あと1時間粘ろうって思って再びポイントへ。


もうすっかり日も昇って、ウジャウジャ居た黒鱒釣り師の御仁方も姿ば消しとったっですバイ。

で、遊歩道からシェードになったトコば覗いたら...















ソコには間違いなく50オーバーの黒鱒が...。



で、プラチナリアルベイトばキャストしたら、悠々と追って来る。

が、もう一歩のトコで反転。







もう一度消えた方向へキャスト。

と、また悠々と追って来る。

向こうからコッチは丸見えのハズばってんねぇ~。

が、またもう一歩のトコで反転。







こん畜生ってコトでもう一回キャスト。

と、また悠々と追って来る。

少しペースば上げても、同じ調子で追って来る。

が、またもう一歩ってトコで反転。







もうちょっとペースば落として誘ってみようって思うて、クジラにチェンジ。

で、デッドスロー。


















しかし、なにもおきなかった。
















その後、またプラチナリアルベイトに替えても、今度は追って来んやったですバイ。

その代り、20~30cmクラスの黒鱒の群れが猛追。



2~3度のバイトがあるも全て乗らず...。




で、諦めて納竿。






やっぱり、雨降りか曇り+風のある日でなからんと、ワタクシめには釣りきらんごたっですバイ...。









<今日のタックル>

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:
     CASTAIC PLATINUM-REALBEIT
     SIGNAL KUDZIRA
     JACKALL NITRO-BEIT
     OSPREY TARON
         ARMORED-SWIMBEIT

スポンサーサイト
小規模閉鎖水域探索も数えるトコ11回目。


今週は気がついたら、月曜以外毎日通うとっとですバイ。



で、漁獲高ゼロ。




割りに合わんバイ...。



















が、そんなことにもメゲずに、性懲りも無く湖へ。




水位は今週ず~っと同じ。

ホントはもうちょっと減水しとった方が相性のヨカっですばってん...。





しかし、朝の天気予報じゃ夕方は雨+強風ってコトになっとったけん期待して向かったら、快晴+無風。


何か始まる前に終わっとるごたっ気のすっバイ...。































で、結果。




















35cm


33cm



35cmと33cmの激ヤセ黒鱒をプラチナリアルベイト・ファーストシンキングチューンで上げるのが精一杯。

この後も同型ば2回掛けたばってん、メンド臭うなって水中リリース。



6インチっちゅうサイズじゃ大型オンリーってワケにはイカンとバイねぇ...。

7インチ辺りの出てくれればヨカっですばってん...。



このプラチナリアルベイト、新品の状態でスローシンキングですばってん、何故かアタマば上にして沈んで行くっですバイ。

アシストフックば付けとっですばってん(今日の釣果で要らんってコトの分かったですばってん)、ソレばアタマに刺しても、ケツば下にして沈む。



コレがどうも納得イカンで、現場でベリーフックのアイの部分にガン玉ば打ち込んでやったら、水平姿勢で沈むごとなったですバイ。

スローシンキングの方が使い易かっですばってん、水平姿勢になってからスイミング姿勢、飛行姿勢、共に安定。

ツメの甘かよね、キャスティーク...。






しかしココ1週間、ランカーサイズのアタリすらナカですバイ。

最後に56cmば釣って早1週間。

仔黒鱒やブルーギルの猛攻は受けるっですばってん、ドコへ行ったかランカーは無反応...。



もう一回、長満野郎Aチーム氏の軍門ば叩かんばやろうか...。








<今日のタックル>

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:
     CASTAIC PLATINUM REAL-BEIT SS
     OSPREY TARON
         ARMORED-SWIMBEIT
     JACKALL NITRO-BEIT
     SIGNAL KUDZIRA

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。