本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日2回目の更新。



最近のキタの状況っちゅうたら...。

①潮の流れる時間は1時間前後

②スズキの活性の上がるのは30分前後

③雨が多い

④カタクチイワシの大量接岸

って感じですバイ。


③については気象的なモンやけん仕方なかっですばってん...。

潮の止まるのも昼潮に変わった証拠。

しかし、日中に下見したらスズキの姿は確認できるっですけん、要はコイツらがクチば使ってくれれば釣れるのは間違いナカはず...。



ただ、④のベイトが敷き詰めたごと入っとる状態で、ルアーば見つけて食いつくっちゅうとも、宝くじに当るようなモンかも知れんとですばってんね...。



いろいろ考えながらポイントに車ば走らせよったら、見慣れたアーバンな四駆が。

南部の虎狼、拾八南部氏。

聞くと、アタリすらまだナイとの事。

確かに。 流れも全くナカ状態バイ...。


さっさと準備済ませていつものポイントへ。



と、急に強烈な流れが...。


「むむ。 このチャンスば逃したら今日は終わりかも知れん...」




で、急ぎ足でお気に入りのポイントに到着。


ジャレあいよる2匹の仲良しニャンコば足蹴にして追い払って、状況確認。
(ワタクシめはニャンコアレルギーやけん、ニャンコは好かんとですバイ)



流れがイイ感じで入ってきよるバイ。


で、キャスト開始。

まずは足元から。

オシャレの基本もスズキの基本も足元からバイ。



ラウリスをピックアップ寸前、








どぼんっ











おお!!












一瞬だけサカナの重みの乗ったばってん、あっさり抜ける。


居るバイ。



足元は諦めて、沖合いのヨレの部分にキャスト。


























ごんっ























くあっ!!






















と、アワセば入れたと同時にスッポ抜け。







うむ、活性は高っかバイ。

しかし、何で乗せきらんとやろうか...。









今日も時合いは短いと拾八南部氏と踏んどったコトもあって、ラウリスに拘るとば止めて、喰らい付いてきた同じ個体ば別のアクションで狙う作戦に変更。




イタズラにルアーサイズば落としてしもうたら、このベイトの嵐の海況じゃ目立たんと思って、ルアー選択。


選んだとは黒鱒用の「アクセルジャーク・フューラ」


4連結のジョイントルアーはこの海峡のスズキは未体験なハズバイ。





ヌラヌラと流れの中ば漂わせよったら...



























ごんっ



























くあっ!!






















今度は確実にフッキングしとるバイ。




エラ洗い一発。




コレも交わした。




4~5秒経過。
久々に5秒近くスズキと格闘しよるバイ。

潜る、ソレも交わす。


手に伝わるパワーからして50~60cm台。

コレば逃したら今日はもうナカかも知れん...。


で、エラ洗い2発目。



























すぽんっ





























son of a bitch!!

















それから2分後、流れが止まる...。






ノソノソと歩いて駐車場の方へ向かうと、拾八南部氏の姿が。


拾八南部氏も1バラシやったとの事。







その後、相談して死魔へ渡ることに。


最初のポイントについて、車から降りて状況ば観てみたら...




ナゾの電気ウキが2つと釣り師の姿が2つ。








...諦めて対岸へ。



ココは無人。

潮流が想像以上に早うして、なかなかイイ感じ。



こりゃ釣れるかも知れんバイ...。
























60分経過。




ワタクシめにショートバイトが2回あったのみ。

が、ライズは沖合いで結構あってる様子。



と、拾八南部氏の目の前でライズ。


その場所を通すように拾八南部氏がキャスト。



その数投目。























どぼんっ
















予想に反する激しいエラ洗い。

拾八南部氏の高級ロッドもキレイに曲がっとるバイ。


助太刀の為、タモを手に拾八南部氏の元へ駆け寄ったら...


















痛恨のフックアウト...。









その後、2人ともアタリも無く、空も白み始めて納竿。










































...っちゅう、すごくリアルな夢ば見て、目の覚めたとは午前11時やったっですバイ。



夢? 現実?





夢さねぇ。







...夢であってほしかですバイ...。














<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS
     FABULOUS ADLIB・135
     YAMARIA BLUES-CODE 90C
     KANJI-INTERNATIONAL
        ACCEL-JERK FYRA

スポンサーサイト
夕べは何やかんやで更新ばサボってしもうたっですバイ。


さすが九州一のサボリーダーば自負するだけのコトはあっですバイ。




で、今日は2日分更新しますバイ。

その1回目。








仕事終了後、いつもの湖へ。

前夜の天気予報とは裏腹に、どピーカン。

風は若干強めですばってん、日差しが強くてヤル気半減。


で、水辺に出たらあまりの黒鱒釣り師の数の多さに、更にヤル気が半減。



結局、ヤル気1/4でスタート。








前日同様、ジョインテッドクローの実力テスト。































が、アチコチ投げるもチェイスすらナシ。



やっぱり日が高いのと、釣り師の多さが余計にプレッシャーば与えとるに違いナカバイ。


で、開始から1時間半。

ようやく日が傾いて、何となくヤル気が回復。



















34cm




この他、同サイズ2本追加して納竿。





釣れるだけアリガタイって思わんとイカンとでしょうばってん、こんサイズにゃ用はナカですバイ。



なかなか縮まらん長満野郎Aチーム氏との差。

相手が悪いっちゅうとも確かにあっですばってん、諦めずに朝鮮挑戦し続けますバイ!!









<今日のタックル>

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:
     GAN-KRAFT JOINTED-CRAW 178 FLOATING


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。