本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ま、梅雨なんでアレなんですばってん...。


























雨の日って釣り辛くないデスか!?






















今日は市内西部の某港に帰りに行ってみたっですばってん、河口部はドロ濁り+漂着ゴミで竿出し不可。


港内にはボラやらアジゴやらベイトはワンサカしとっとですばってん、同様に切れ藻やらナゾのビニール袋やらで、表層ばチェックするとも困難。

バイヴやらシンキングミノーやらで探るも反応ナシ。


港の入り口付近ばブル公で探りよったら大型の(推定50cm前後)アカエイがヒット。

とりあえず手前に寄せて針ば外そうかって試みたっですばってん、水揚げと同時に大暴れ。

クルクル回ってコッチに飛んできそうなイキオイやったですバイ(かなり焦ったデスよ)。

泣く泣くライン切ってブル公ロスト。







ゴロタサーフも大量の漂着ゴミでチェックはムリ。



別の港に行くも状況はほぼ同じ。


磯場ば覗いたら激濃のサラシの広がっとっですばってん、長靴がないと足元ばヤラレルほどの波。


テトラも外洋向きはこれまたサラシの広がっとっとですばってん、風が向かい風なコトもあって竿出し不可。

向かい風にPEでキャストしてもトラブルの素。







で、結局1時間で諦めたっですバイ...。








雨やけん釣り辛いのか、風向きが悪かったけん釣り辛いのか。



雨の日はスズキの活性も上がるっちゅうですばってん、ルアーば通せんなら意味ナシですバイ...。








サラシの中のヒラも釣ったコト無いし...。


誰かワタクシめば本格的なヒラ釣りに連れてってくれんですか...。

いっぺん釣ってみたかですバイ。












そう言えば今日の昼の休憩中に、前から気になっとった事案のあって、シマノの客相に電話してみたっですバイ。


私:「現行のバイオの4000ば使いよっとばってん、コイはマシンカットハンドルに替えられんとね?」

現行のバイオはハンドルのスムーズさ、ドラグの滑らかさ、トラブルの無さでは、非常にコストパフォーマンスの高っか商品ですバイ。

が、ショアジギングする上で一つ気になる点が...。








マシンカットハンドル」じゃのうして「折り畳み式ハンドル」ですけん、剛性と安定感にやや難のあっとですバイ。



他に類を見ない高速巻きば繰り返すショアジギングの釣りは、ハンドルとマスターギアに強烈なストレスの掛かりよるハズですバイ。



で、このバイオもマシンカットハンドルに替えたかなぁ~って思ったワケですよ。


アフターパーツもツインパワー以上でなからんとハンドルはラインナップされとらんとですバイ。



旧モデルのハンドルの移植できたりとかせんかなぁ~って思うたワケですバイ。






で、シマノの担当者の回答。
























担:「ありません。」




























早っ。
















大変混線しとる様子で、なかなか電話の繋がらんで、30分くらい粘ってようやく繋がったっですばってん、通話時間はコールまで入れて45秒やったですバイ...。




前にも書いたかも知れんですばってん、

あと2,000円高くてヨカですけん、マシンカットハンドルにしてくれんデスか!? シマノさん!!



んじゃってツインパワーのハイギア仕様ば右から左に買えるほどユトリはナカっですバイ。



以前使いよった折り畳み式のハンドルは、ことごとく折り畳み機構のピンの部分で折れてしもうたですもんね...。













改造してツインパワー仕様にするか...?








リスクば考えたら、ヤフオクなんかで旧モデルのバイオば新品で買った方が安上がりバイ。


っちゅうか、旧モデルのバイオば買うくらいやったら、コツコツお金ば貯めて(ムリなハナシばってん)ツインパワーば買った方がマシな気もすですバイ。






ま、マシンカットハンドルじゃなからんと釣れんってワケじゃナカですけどねぇ~...。





スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。