本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天気予報じゃよっぽど派手な雨の降りそうな感じやったっですばってん、朝起きて外に出てみたら、意外にも明るめの曇り空。


友人Dと最初のポイントで落ち合った時は、まだ雨は降っとらんやったっですばってん、本命ポイントに向かう途中で大雨。



しばらく車中待機のあと、別のポイントへ。




到着した頃には雨も止んで、とりあえずキャスト開始。





潮目も出て、ヨレもはっきりしとっとですばってん、表層ばサヨリの群れのウロウロ、アカエイがウロウロ、釣れるとは細めのエソばっかし...。





んで、本命ポイントへ再び。





雨は収まったですばってん、空は相変わらず重めの曇り空やったですけん、雨具携帯でポイントへ。
























が、やっぱりエソばっかり...。






ふと疲れて横っちょでキャストしよった友人Dの方ば見てみたら、ロッドのグンニャリ曲がっとる。






ふん。

どうせエソの釣れたっちゃろうだい...。
































装甲車-1


装甲車-2


装甲車-3








ぐあっ...。


オニオコゼ」バイ...。


コレば釣るにゃ魚々麿さんの許可の要るっちゃなかったっけ?

またガラるっバイ...。






装甲車と釣り人


サイズはこんな感じ。



キープしようもなかったですけんリリース。


















その後、しばらくキャストするもエソも釣れん状態。



















と、遠くに目ばやったら...
























300~400m沖で、明らかに50オーバーはありそうな魚体の、海面でバンバン跳ね周りよるワケですよ。


最初はボラかって思うたですばってん、ボラにしちゃ同じ場所で跳ねすぎやし、数が少なく見積もっても7~8匹は居る。





恐らくボイルの仕方から見て、カツオ族かマグロ族って思うっですばってん...。


サワラにしちゃ体高のあるし、遠目にも体の形が紡錘形っちゅうとは分ったっですバイ。





その後しばらく2人でボイルの光景ば眺めよったら、突然の降水。





直後、スコールのごたっ土砂降りになって納竿。









やっぱり雨で表面海水温の下がっとっとでしょうかねぇ~?

気象データじゃ25℃ば超えて26℃に届きそうなイキオイで、ブルーランナーの回遊してくるには丁度ヨカ水温じゃあっとですばってん、今年は接岸は遅めのごたっですバイ。



週間天気予報じゃ来週末は晴れのごたっですけん、来週末に賭けんばっですかねぇ~(先週も同じんごたっ文章ば書いたごたっ気のすっとですばってん...)。










<今日のタックル>

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO '05・BIOMASTER 4000
LINE:DUEL X-WIRE 27lb
LURE:メタルジグ多数(28g~45g)

スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。