本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ梅雨の明けたですバイ。


これから本格的な青物シーズンの始まるっですバイ!!








で、今日は早めに市内で仕事の終わったですけん、いつもの磯場に直行したっですバイ。




大潮の上げ始めっちゅうコトで、水位はかなり低め。

合わせて若干のウネリも入って、ちょっと釣り辛いっちゅうコトでしばらく休憩。



ここまで30分。

アタリゼロ。





しばらく休憩後、ある程度潮が入りだしたんでキャスト開始。



が、ウネリのせいかエソの反応もナシ...。







困り果てながらもキャストばしよったら

「釣るっデスか?」


と背後から声。




ワタクシめの青物の聖地に立ち入るとはナニモノぞ!!

叩き斬ってくれる!!


と思いながら振り返ったら、友人Dでした。



んで、やっぱり叩き斬りました。




















その後、2人で1時間ちょっとキャスト繰り返すも、夕マヅメにエソらしきアタリの1回あったのみ。


ベイトは豊富やったっですばってんねぇ~...。


友人Dが明日は休みってコトでしたんで、調査依頼して納竿。




















んで、家に帰って安かリールのナカかなぁ~ってヤフオクば見よったら、ツインパワーの3000PGがあと数時間で終了予定。

一応、ギリギリの予算内で終わるだろうっちゅう価格やったですけん、終了間際まで静観することに。




で、終了間際。


改めて見てみたら、とりあえずは予算ギリギリのトコで、終了まであと2分。



3000番っちゅうとが微妙じゃあるばってんなぁ~...。

スズキの時でも使えるか...。



っちゅうコトで、予算一杯の額で入札。


画面には「最高額入札者」のお知らせ。




うん。 とりあえずコレでイイか...。




で、商品詳細画面ば見てみたら...。



























現在の金額:ワタクシめの入札した金額+500円



残り時間:終了



















!!!!!!!!!!







なにー!!




入札履歴ば見たら、ワタクシめの入札と全く同じタイミングで別の御仁が+500円で入札。

そのまま終了。



う~ん。

コレがオークションの妙か...。






ま、気長に探しますバイ。



















P.S.かの長満野郎Aチーム氏のブログば見たら、TOP画に今年初ネリゴの転がって写っとったっですバイ!!
青物探してアチコチ転がりまわって、未だエソとハタのみっちゅう惨果の続きよったワタクシめはまさに「つうこんのいちげき」ば受けた感じやったっですバイ...。

友人Dも数週間前にネリば上げとるしなぁ~...。

今週末には間違いなく釣れるっちゃろうけどなぁ~...。






<今日のタックル>

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO '05・BIOMASTER 4000
LINE:DUEL X-WIRE 27lb
LURE:メタルジグ(28~45g)各種


スポンサーサイト
アヲハタ。




今日の夕方、友人Dから送られてきたっですバイ。


他の皆さんの釣果ば見ても、ロックフィッシュは好調のごたっですバイ。



が、友人のハナシじゃナブラもなかったとか...。


潮目自体遠かったっちゅうコトですばってん...。






天気予報ば見ても、今週中の梅雨明けは確実のごたっですけん、週末には多分初物の釣れてくれるって思うっですばってん...。
















ところで。




最近はタックルに悩む事の多かっですバイ。


前回のブルーランナー捜査網で使用した「X-WIRE」は、今のところ合格。

X-DRIVEのごと粉の飛び散るかなって思うたですばってん、ちょっとアヤシかったですばってん大丈夫。


もうちょっと使い込んでみてから、判断したいと思いますバイ。






あとはリール。


バイオで特に問題はナカっですばってん、こないだ数時間投げ倒して巻き倒してみて、やっぱりハンドルの剛性感が今一つのごたっ気のすっとですバイ...。

微妙ですばってんガタツキのあるけん、集中できんごとなる事がしばしば。

ま、ソコに神経の行っとるけん、細かか事まで気になっとるだけって思うっですばってん...。


でもやっぱりマシンカットハンドルのカッチリ感が欲しい...。


だからって周りでトラブル続きのダイワば買うワケにはいかん。
(フリームスKIXなんてお手頃ですばってんねぇ~...)



んで、シマノでマシンカットハンドルの付いたモデルっちゅうたら、NAVI・ULTEGRA・BIOMASTERのそれぞれ6000と8000のPGモデル。

ただ、両者ともスペック的に陸っぱり仕様じゃナカっですもんね...。


ムダにデカイし、重い。


その上ってなったら、センシライト。

が、マグネシウムボデーはお手入れの大変かごたっですし、ベースは'02モデルのバイオマスター。

機構やら云々は結局'02モデルのソレですけん、如何せん古さのあるっですバイ。








ってなるとツインパワーか...。





一気に飛躍するっちゅう感じですバイ...。


最初っからこの辺りば使いよる御仁にはフツーな感じでしょうばってん、ナビとエアレックスから始まったワタクシめのリールチョイスで言えば、ツインパワーっちゅうたら高嶺の花のイメージのあっとですバイ。



ステラなんてもってのほかですばってん...。

死ぬまでに一回持てればヨカくらいの感覚ですバイ。



ツインパワーに手ば出すにしても、4000番じゃ今持っとるバイオと被ってしまうっですバイ。


んが、ツインパワーになったら「PG」と「HG(ハードゲイじゃナカですバイ)」が使い易い番手から用意されとっとですバイ。

4000PGと4000HG。

5000になったらラインキャパば持て余す気のすっですけん、選ぶなら4000番。


あとはPGかHGか。


PG(パワーギア)は読んで字の如く、巻き上げ力重視のモデル。

HG(ハイギア)は同じく、巻き取り速度重視のモデル。


ただ、使うのはショアジギングオンリーなるって思いますし、ツインパワーの4000PGとバイオマスターの4000の巻上長はそれぞれ73cmと75.8cm。

オフショアば意識しとるPGよりも、高回転仕様のHGの方が使い道には合っとる気のすっとですバイ。



っちゅうコトは「HG」がヨカっちゅうコトか...。




どなたか使ったコトある御仁は居らっしゃらんデスか?

アドヴァイスば頂けたら助かりますバイ。























ただ、ひとつ大きな問題が...。






















ココロの叫び。



そう。

カネのナカっですバイ...。





釣具への投資ば2ヶ月抑えれば、ヤフオクで安売りしとるとやったら買えるかも?

できれば'98モデルには手ば出したくナカっですばってんねぇ...。


ただ、2ヶ月待っとる間にバイオのハンドルが持つかどうか、購入した頃には青物のトップシーズンの終わる頃ですけん、ソコも難しいトコロ...。



アタマの痛かですバイ...。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。