本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は庶民が待ちに待った給料日。


ワタクシめの財布中身も、数百円の小銭と正月のおみくじの中に入っとった金色の熊手だけになっとったですバイ...。


んで、お小遣い制の我が家ですばってん、乾ききったワタクシめの財布の中身にもようやくx枚の福沢とy枚の野口の入って来て、賑わいば取り戻したっですバイ。







コレで買うモノは前々から決めとったっですバイ。







ブルーランナー攻略の手段として、一般的に使われるとが「メタルジグ」で、給料前にワタクシめも買い込んだワケですばってん、全国的にショアジギングの流行しよる昨今、対青物用の「ルアー」も随分種類の増えてきたっですバイ。



昨年まではかの拾八南部氏も愛用されよった「針尾改」くらいしかなかったっですばってん、この一年で各社から実に様々なハードルアーの生まれてきたっですバイ。







そんな中からワタクシめが選んだとがコレ。
















ヘビーワン。


SKAGIT-DESIGN SLIDE-BAIT・HEAVY-ONE

ウエイトは28g。

9cmっちゅうサイズやったら、小型の回遊魚でも取っ付き易いサイズですけん、あまり魚種とサイズば選ぶシロモンじゃナカけん使い易かかなって思って買ってみたっですバイ。





青物ルアー。


んで、青物ルアーたち。

上から

SLIDE-BAIT・HEAVY-ONE

TACKLEHOUSE CONTACT-int

TACKLEHOUSE TKR130M



他に写真撮るのば忘れとったですばってん「TANK-POPPER」と、注文してまだ届かんナゾのルアー2本。



ルアーのメリットっちゅうたら、何ちゅうても「レンジキープ力」ですバイ。


特に今から出てくる「サワラ」あたりは中層ばキープした方が効率のヨカっですばってん、メタルジグじゃうまく探れんワケですバイ。

んが、対スズキ用のルアーじゃ飛距離の出らんですけん、ウェイトのあるルアーの出番になるワケですバイ。




TKR130Mの生み出す「パラレルダート」は一見の価値アリですバイ。

シイラ辺りにゃ利きそうですばってんねぇ~...。

30クラスのネリには、ちっとばっかし大きい気のすっですバイ...。






ま、何はともあれ日曜の青物釣行の為にも、昨日の出張の疲れば一刻も早く回復せんばですバイ...。

腰にはまだ若干張りのあっとですばってん...。


スポンサーサイト
怒涛の九州南部日帰りツアーば終えて帰って来たですバイ。



朝は7時前にアジトば出て、7時30分頃の「かもめ」で鳥栖まで。

所要時間1:20。

隣に乗ってきた中年OLの貪りよった「ミスド」のドーナツの甘~いニオイで若干酔い気味...。

普段は乗り物酔いなんてせん性質ですばってん、朝っぱらからベッタリ甘い食材のニオイは堪えるですバイ...。





乗り継ぎの「リレーつばめ」待ちで30分。

その便で「九州新幹線」の新八代駅まで。

所要時間:1:20。





んで、九州新幹線「つばめ」で鹿児島中央駅まで。

所要時間:40分。





過去に新幹線は数台乗ったですばってん、どうしても構造上「古さ」のあって、速いだけで「かもめ」より乗り心地の悪いってケースもあったっですばってん(「こだま」は除く)、この「つばめ」は設計自体が新しかとか、まったくもって快適やったですバイ。


ただ、景色はあくまで「山林+農耕地+トンネル」。

用地の問題のあっとでしょうばってん、「見事な眺め」とは程遠い感じやったですバイ...。

ただ、最高速度260km/hは魅力ですバイ。

「かもめ」の約2倍の速度ですけんねぇ~。




で、アジトば出発して4時間40分後、ようやく鹿児島の地に足ば踏み入れたっですバイ...。

ヒコーキなら35分やっとに...。




1年ぶりの鹿児島ですばってん、やっぱり日差しが別モンですバイ。

暑いっちゅうより「痛い」って感じですバイ。


鹿児島の先輩(薩摩隼人)がクルマで迎えに来てくれたっですばってん、エアコンが効かんくらい暑いワケですバイ。


ソレでも鹿児島の先輩(薩摩隼人)は涼しい顔して流暢な鹿児島弁で語りかけてくっとですバイ。

未だにようワカラン言葉の多かっですばってん...。





昼食後、2時間ほどのミーティングのあって解散。




んで、また鹿児島の先輩(薩摩隼人)に駅まで送ってもらって、一路アジトへ...。







つばめ1


またコレに乗って帰るワケですばってん、最近の新幹線の特徴で「鼻先が長い」っちゅうとのあっとですばってん、コノ中には一体何の入っとっとでしょうねぇ~...。


つばめ2


つばめ3



別に鉄道マニアじゃナカっですばってん、ヒマやったけんついつい撮ってしもうたですバイ。



つばめ4


つばめ5



室内も足元も広々で、造りもオシャレやったですバイ。

コレなら「九州新幹線長崎ルート」にも賛成してヨカですバイ。




んで、こっから往路の折り返し。


ただ、「つばめ」→「リレーつばめ」→「かもめ」と、乗り継ぐに従って車速の落ちていくっちゅうとは苦痛ですバイ...。

帰りの「かもめ」は「SONIC(L特急)」ですけん、ソレでも通常の「かもめ」よりは速かっですばってん...。



問題はその帰りの「かもめ」に乗った時。



途中の駅から隣りに乗ってきた熟女からキョーレツな「ニンニク臭」のしよったっですバイ。



「移動距離×移動速度=蓄積疲労の度合」

っちゅうとが疲れ方の目安らしかっですばってん、ソレから言えばワタクシめの疲労もまさにピークやったっですばってん、そこに追い討ちばかけたとが、その熟女の発する「ニンニク臭」。


往路の「かもめ」はドーナツやったですけん、その場でOLが平らげたお陰でその後は快適やったっですばってん、「ニンニク臭」っちゅうとは本人に自覚症状のほとんどナカっちゅうとがイカンともし難いトコですバイ...。

何かこう、胸の奥から熱いモンの込み上げてくる感覚ば覚えたっですバイ(いわゆる「吐き気」ってヤツですね)。


何とか頬杖ついて「自分の手の臭いば嗅ぐ」って最終手段で乗り切りよったっですばってん、気ば緩めたらまた強烈なニオイの襲い掛かってくっですけん、油断も隙もなかったっですバイ...。

こぎゃん時は寝てしまうとが一番手っ取り早い回避方法ですばってん、直前に乗った「リレーつばめ」と「つばめ」の車中で思う存分寝てしもうたですけん、眠気も全くナカっですバイ...。




何とかワタクシめの降りる一駅前で降りてくれたけん、その後は腹一杯深呼吸して吐き気は回避したですばってん、未だに頭の中のグラグラくっですバイ...。





かくして、朝アジトば出発して14時間30分、無事にアジトに帰り着いたっですバイ...。



14時間30分のうち、鹿児島に滞在しとった時間は、実質4時間ちょっと。


他は完全な移動時間やったっですバイ...。




次は何が何でもヒコーキば取らんば...。







ま、でも「つばめ」は快適やったですバイ。

CMで黒木瞳の言いよった事もマンザラじゃナカっバイねぇ~って思うた一日でした...。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。