本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        ※お詫び※

今日は長い長い文章ですバイ。

ケータイで閲覧の皆さんには全文読めん可能性もあっですバイ。

ごめんアソバセ。




今日の釣行はかの拾八南部氏とのサシ釣行。


昨日も書いたですばってん、拾八南部氏と言えばゴマフアザラシくらいなら左手一本で捻り潰すほどの怪力の持ち主。

それでいてサカナと対話できる神秘的な能力も兼ね備えた御仁ですバイ。



集合に遅れる事も許されんですばってん、他の釣り師に場所ば取られる事も万死に値すっですバイ。

責任持って場所ば抑えんば...。







んで、朝5時前に現地到着。


まだ辺りは真っ暗で人影もナシ。


とりあえず寝坊も、場所ば取られる事もなかったバイ...。



んで、ケータイでエロサイト見ながら時間潰し。


5時を回ったんで、準備開始してポイントへ。




荷物下ろしてタックル組んで、空がだんだん明るくなって来た。

ただ、風が向かい風でやや強めに吹きよるお陰で暑くはナカバイ。


さて、一投目は何投げるかね...




って思いよったら、偏光グラスばクルマに忘れて来たバイ。


最近、よう忘れるっですもんね...。



取りに行かんばねぇ~って腰ば上げたところで拾八氏登場。


ふぅ。

もう20分到着の遅れとったら、丸太のごたっウデで締め上げられてムクロになるトコやったバイ...。



と、挨拶後クルマに戻りよったら、磯場の水溜りに左足ば突っ込んだっですバイ。

もうちょっと明るかったらこぎゃんヘマは起こさんとに...。











今思えばコレが序章やったとかも知れんですバイ...。













クルマから戻って、早速キャスト開始。


徐々に日が昇って何となく辺りも見えるごとなってきたですバイ。




と、2投目にボトムから巻き上げたところでヒット。



この鈍重ながらも力強く根に潜ろうとする動きは間違いなくハタ類の魚信そのもの。


しかも結構パワフル。



コリャ幸先ヨカバイ!!




徐々に寄せて来て岸まであと5m程度のトコで見えた魚体は35cmは下らんオオモンハタ。


コレでボウズはナカバイ。




と、次の瞬間、寄せ波に乗ったオオモンハタは運良くフックの外れて、大海原の彼方へ消えていったっですバイ...。




ぐげげ...。




と、振り返ったら拾八氏が早速1本目のネリば上げとらす...。




さすがサカナと対話する男...。








その後も短時間にポコポコとネリば上げるサマはまさに鬼神そのもの。





むむ。

虎ば野に放したごたっ状況になってきたバイ...。


ココでワタクシめの脳裏に先週の極南地区の惨劇の鮮明に蘇ったっですバイ。


このままでは1人負けバイ...。




と、ココで「鬼手仏心(by Yuki Ito)」がモットーの拾八氏がポイントば譲ってくれたっですバイ...。



あぁ。 何とココロ広き人よ...。



ヒットパターンも聞き、上げた以外にアタリが多発したっちゅう場所に立ってキャスト開始。


コレで釣れんばオカシカバイ。

















が、さっきまでワタクシめがキャストしよった場所で、またもや拾八氏にヒット!!



何かこう、タタリっちゅうか、呪いっちゅうか、怨念めいたモンば感じずには居れんやったですバイ...。



魚々麿氏もおみ足が完治して、不漁呪縛から解放されたハズやっとにこのアリサマ。





コレは朝鮮の陰謀か...。




と、ココで背後から話し声。



見ると拾八氏が温和な御仁と楽しげに会話しよる。

さすが鬼の手と仏の心を持ち合わせるお方。

人望も厚く、人心ば捉えるオーラば持つお人バイ。



と感心しよったら、なんとそのお方、南部根魚仕事人:魚々麿氏やったっですバイ!!

いつもの場所がエサ釣り師に占拠されとったとの事で...。


スンマセン、この聖地も2人が有効に釣りできるキャパなんですバイ。


軽く挨拶して魚々麿氏は軽快に別の磯場へ。



そしてモクモクとキャスト再開。




が、ヒットはいずれも拾八氏ばかり...。

ワタクシめには夜明け直後に20cmクラスのオキエソが1本掛かったのみ。


イヤ。 釣果とはまさに水物。

一発逆転の機会だってあるハズバイ...。


そう信じてキャストしよったら、今度はツインパワーのベールアーム付近から異音発生!!


とりあえずキャストしたジグば何もサカナの掛からんごとゆっくり巻いてきて回収。


ベール付近ば見てみたら、ベールアームの固定の利かんごとなっとるバイ!!


前回メンテした時に、フタば途中までしか開けんでグリス注入したとがイカンやったか...?


とりあえず一旦クルマに戻って、ドライバーと予備の為にバイオマスターば持ってまた磯場へ。


途中まで分解するも、どうしても最後の1個のネジが手持ちのドライバーじゃ外せんとですバイ...。


見た感じ、ベールアーム内のアームバネガイドの外れとるごたっ感じバイ...。


現地での修理不可能と判断して、予備のバイオマスターにリールチェンジ。



久々に使うバイオマスターは、ボディの軽さと安定した糸の放出はストレス無かっですばってん、何せハンドルが短くてハンドルノブの小さかけん、巻き上げに力の要るっですバイ...。


何はともあれコレでまた釣りば続行できるバイ...。












んで、日も昇って気がついたら10時過ぎ。

4時間半の激闘の末、拾八氏がトドメのイトヒキアジば釣り上げて万事休す...。



拾八氏:ネリ×5、イトヒキアジ×1
ワタクシめ:20クラスのオキエソ×1...。



歴然とした釣果の差が...。


実力以外にも、サカナに語りかける能力の差も如実に現れたっちゅうトコでしょうか...。




拾八氏は高タンパクな食材ば豊富にゲットして、まさにクーラー満タン状態で引き上げて行ったっですバイ...。






んで、取り残されたボンクラ1人。




諦めきれずにジグば放り投げるも、掛かってきたのは相変わらずのオキエソ。




嗚呼。

哀しいかな我が人生...。




と、ココである事ば思い出したっですバイ。




いつも日曜日に釣行しよるワタクシめが、土曜日に釣行に出かけるっちゅうコトで、ヨメから

「ミズイカば釣って来て」

と言われとったっですバイ。



当初、向かい風の強くてエギングには不向きやったっですばってん、丁度追い風に変わったっですバイ。



エギングタックルも持ち込んどった事やし、ココは一念発起してエギングでもするか...。




今の時期、親イカば探すとはムリのある話やし、釣れてもコロッケサイズがヨカところバイ。


そう思いつつもエギばキャスト。



エギの届く範囲内は根の多いボトムですけん、着底前にシャクリに入らんば根掛り連発してしまうっですバイ。




んで、シャクリ。





















ぐーん、ぐーん



















くあっ!!























ミニイカ 330g


ミニイカ 360g


ミニイカ 650g


ミニイカ 500g






神はワタクシめにエギングば勧めたもうたごたっですバイ。


この他にもリリースサイズが2杯(勿論リリース)。





最後の一時間でイカに癒してもらって、何とか生きて家路に就く事のできたっですバイ...。


ヨメからも喜んでもろうたし...。


晩御飯はイカのテンプラやらイカソーメンやらとイカづくしやったですばってん...。




何かこう、納得いったような、スッキリせんような、ようワカラン一日やったですバイ...。




教訓として、今後聖地に出向く際にはエギングタックルば準備して行きますバイ...。












<今日のタックル>


~SHORE-JIGING~

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO '02・TWINPOWER 4000PG
          '05・BIOMASTER 4000
LINE:DUEL X-WIRE 34lb
        X-WIRE 25lb
LURE:YAMARIA SEA-FLOWER 35g、45g
          VIVA-PARADE 21g、42g
          MUCHO-LUCHIR 35g、45g
     C'ultiva 激投JIG 40g
          激投JIG-エアロ 40g
     ?????   METAL-ANGEL 42g
     ?????   隊長JIG 30g
     TIEMCO  ABIS 40g
     TACKLE-HOUSE TKR130
     SKAGIT-DESIGN SLIDE-BAIT・HEAVY-ONE 28g
     PUBLIC-LURES AREA・ESCAPE 90



~EGING~

ROD:ZENITH STRESS-FREE EG80
REEL:SHIMANO '03・ULTEGRA C3000
LINE:SHIMANO DURA・AR-C 1.2号
LURE:DUEL FLUSH-DANCER 3.75号


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。