本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は県北で仕事終了。


かねてから友人Dから調査依頼もあっとったですし、ワタクシめ自身も気になっとったポイントへ。


ソコは目立たん河口域ですばってん、去年の秋口、脅威のランカーラッシュば叩き出した北部屈指のポイントですバイ。

ワタクシめが人生初の90オーバーば上げたともソコやったですバイ...。


あれからもう1年か...。

時の経つのも早いもんバイ...。







相変わらず強めの北風の吹きつけてメンドクサかですばってん、ベイトはギッシリ入っとって雰囲気は◎。


スズキ用タックルのバイオの#4000がどうも調子の悪うして、流れの緩い場所ばミノーで引くみたいな、ラインにテンションの掛からん状態のリーリング時に「シャリシャリ」っちゅう音のメインシャフト辺りからするっですバイ。

音だけならまだしも、音に合わせて微細な振動がハンドル越しに伝わってくるっですバイ。

コレはひょっとしたらラインば通してルアーにまで伝わりよるかも知れん...。

ただでさえナーバスなスズキ相手にコレは致命的な症状ですバイ。




で、とりあえず現場で空巻きしても同様の症状の出たですけん、試しに青物用のツインパでTKLM9/11ばキャストしてみるも...。


折からの強風と2.5号っちゅう、おおよそ対スズキ用には不似合いな極太PEも相まって、飛距離は通常の半分程度...。






...コレはコレで使えん。





で、結局エギング用のアルテ改ばセット。

アルテに巻いとる1.2号のAR-Cは、元々はスズキ用に購入したライン。


TKLMもストレス無く本来の飛距離で飛んでいくっですバイ。


うん。 コレでなくちゃ。


















が、肝心なスズキからの音信のまったくナカっですバイ。

去年はTKLMのみでゲームの成り立つっちゅうか、TKLM以外に反応のナカっちゅう状況やったですけん、とりあえずコレで通してみるしかナカバイ。







で、2ndキャストの時...






















ぼそぼそっ















むむ。 コノ音は...。
















慌ててライン回収したら、案の定、スプールから5m地点辺りで派手なバックラッシュ!!


過去にスズキ釣りで使いよった時も、追い風や向かい風の中でエギングで使った時も、バックラッシュしたコトなかったとに...。




15分くらいかけてバックラッシュば修正。





そしてキャスト。






















バスッ


















はうっ!!

















なんと!!


バックラッシュば修正した辺りでラインが真っ二つ...。


TKLMははるか彼方で着水。

最悪なことに流れは岸から沖合いへ...。


もう助からんバイ...。





しかし、バックラッシュしとったトコがキンク(ラインが折れ曲がって傷が入る、みたいなコト)しとったとやろうか...。


AR-Cの強力なコーティングば過信しとったバイ...。






ま、泣き言言っても始まらんし、ラインシステム組み直して再びキャスト。




















1時間経過。






反応は相変わらず無し。


時々ベイトの騒ぐ気配もあるばってん、自分たちで勝手に騒ぎよるだけのごたっですバイ。




ライズも無ければボイルも無し。






チョコチョコと立ち位置変えたり、ポイントずらしたりして投げるも反応ナシ。
















っちゅうか、実は2時間の釣行やったっですばってん、実際キャストに費やせた時間はその半分くらいで、残りはバックラッシュの処理に追われよったっですバイ...。


不思議なもんで、キャスト後に一度ルアーの重みば感じてから(ラインにテンションば付けて)巻いてきても、キャストする際には見事なまでの糸玉になっとるっですバイ。

テンションかけて巻き上げた直後のスプールば見たら、密巻がうまくいっとらん様子...。



こないだベアリング増設しようって分解した時に、ギアの組み方のまずかったかな...。



とりあえず、コレ以上やるとラインが何mあっても足りんくなってしまうんで納竿。


しかし、クロスギア、マスターギア、ピニオンギアって全てに確かに手は付けたですばってん、その後のエギングには全く支障のなかったっちゅうとば考えたら、ギアの噛み合わせの問題じゃなさそうやし...。



多分、風に煽られて糸フケの思った以上に出とって、3号エギより軽いルアーばテンションの掛かりにっか棒引きで回収するワケですけん、やっぱり想像よりもテンションの掛かっとらんやったっでしょうね...。




しかし、TKLMロストは痛すぎたですバイ...。


一刻も早くバイオば復帰させんばイカンですバイ。

最悪メーカーメンテか...。

となると2~3週間はお蔵入り。

ソレもキビシかなぁ~...。





<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO '02・TWINPOWER 4000PG
         '03・ULTEGRA C3000改
LINE:SHIMANO DURA・AR-C 1.2号
LURE:TACKLE-HOUSE TKLM 9/11
     ima sasuke SF95
     FABULOUS BOA 120


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。