本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数日吹き荒れた風もようやっと落ち着いてきたですバイ。


ただ、今日は海沿いには近付いとらんですけん、海の方はどぎゃんかワカランとですばってん...?





昨日届いたバイオの2500Sですばってん、糸ば巻かんと使えんっちゅうとは小学生でも分かるハナシですバイ。


んで、その肝心なラインば何にするか...。





今までエギング用のラインっちゅうとば幾つか巻いてきたですばってん、ファイアーラインから始まったワタクシめの「コーティングライン依存症」のせいか、根ズレのかなり多めなエギングっちゅうゲームの割りにラインチェックば怠って、相当な数のエギば海洋投棄してきたっですバイ...。


よつあみ:Geso-X・Slim PE」ですとか、「サンライン:PE-EGI ハイビジブル」ですとか、恐らくホントはヨカラインって思うっですバイ。

ただ、コーティングされとらんナチュラルPEっちゅうコトで、ワタクシめのごたっモノグサな人間には向いとらんやったっでしょうねぇ~...。





ソコでイロイロ考えて...。




























シマノ(SHIMANO) PL-210D DURA AR-C EGINGER
シマノ(SHIMANO) PL-210D DURA AR-C EGINGER



SHIMANO:DURA・AR-C・エギンガー。


アルテ改に巻いとった「DURA・AR-C」も結構ワタクシめの好みに合ったラインやったっですバイ。

しかも、強度重視の1号ば選んだっですバイ。

んで、バイオ2500Sのスプール容量が「PE1号・110m」っちゅう、いかにもこのラインの為のごたっ巻量やったですけん、ほとんど迷わず決定。


視認性は...

夜にはちょっと難のありそうな感じですバイ...。


このラインに限らんコトですばってん、エギング用のラインって、ナイトゲームで使うケースもデイゲームと比べたら半々っちゅうレベルやっとに、圧倒的にデイエギングに偏ったラインナップばっかりですよね?

何ででしょうか?


バリバスの「アバニエギング・ミルキー」ですとか、GOSENの「PE・アオリイカ」ですとか、東レの「ソラローム・スーパーエギングPE」ですとか、いわゆる「ホワイトベースのライン」っちゅうとが少な過ぎのごたっ気のすっとですバイ。



ま、ナニはともあれ。

実は明日はかのイカ王ことマッツン氏と「第2回 イカ祭り」のあっとですバイ。

あまりにヨメからの「ミズイカ釣ってコイ」のアピールの強すぎて、青物調査ホッパラかしてエギングに専念するコトにしたっですバイ。


「イカ祭り」っちゅうコトで、誰が1位とかそんなんじゃのうして、ただ純粋にエギングば楽しむっちゅう中身ですバイ。



前回、GW時期の「第1回 イカ祭り」の時は、記念すべき人生初のキロオーバーば釣ったですけん、今回もキロオーバーは難しかけん、せめて500gクラスば釣りたかですねぇ~...。





とりあえずタックルはイイ感じで揃ったし、明日の好釣ば祈願するのみですバイ...。



んじゃ、明日も早か(3時起き)ですけん、もう寝ます。


スポンサーサイト
風が強烈ですバイ!!


仕事帰りに海の様子ば見に行ったら、マトモにクルマに波しぶきば喰ろうたっですバイ...。


週間天気じゃこの先1週間、雨の予定もナカごたったですけん、近所のGSで洗車。

塩水浴びてそのまま放置するコトは、クルマにもタックルにも致命的なダメージば与えかねんですけんね...。














ところで。

実はヤフオクにタックルやルアーば幾つか出品しとったっですばってん、ソレが思った以上の高額で落札されたっですバイ!!

「こんくらいで売れればイイかな」って思っとった金額の3倍!!

オークションって何の起きるかワカランですバイ...。



ソコで思わず衝動買い。
















’05バイオ・2500S


'05・バイオの2500Sですバイ。

対ミズイカ&小物用ちゅう位置づけですバイ。




シマノ(SHIMANO) 05’バイオマスター 2500S AR-B




シマノ(SHIMANO) 05’バイオマスター 2500S AR-B





ナチュラムで買ったですばってん、¥11,000-ですバイ。

安っ!!

定価から6,500円引きっちゅうとはどう言うコトでしょうか?






何はともあれ、小物用リールばヤフオクで処分してしもうたですけん、丁度ヨカサイズではあっですバイ。

ホントは「2000S」にしたかったっですばってん、在庫切れやったですけんねぇ~...。

ま、そう大差も無いし構わんですばってんね。









んで、見て頂きたかとがこの写真。















間違い探し。



何の違うかって?

ようっと見てみてくれんデスか。








































'03アルテ・C3000のマシンカットハンドルが直付けできたっですバイ。

バイオのハンドル固定ボルトもそのまま使用OK。

もちろん防水キャップも使えますバイ。

ハンドルもキチンと廻る。







ただ若干の問題が。















クリアランスなし。


隙間ゼロですバイ...。

防水性ば考えたらコレでもヨカとかも知れんですばってん、回転時に若干の重さのあっですけん、多少なりとクリアランスのあった方がヨカって思いますバイ。

実際、純正ハンドルもボディと隙間の開いとっですけんね。


コレの解決方法も閃いたっですばってん、とりあえずは純正のまんまで使ってみますバイ。











あ、ラインのナカとやった...。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。