本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ナゾの切り裂き魔の検挙に成功したっですばってん、その後もアチコチで悪さばして回りよる様子。




1匹検挙したけんっちゅうて、大勢に影響のナカっちゅうコトバイねぇ~...。





で、仕事帰りにまたもや切り裂き魔の検挙に。















今年の特徴?かはワカランですばってん、湾内に溜まっとるベイトのカタクチの大きさが、5~9cm程度しかナカっですバイ。


去年の今頃は、ベイトのサイズも今の倍くらいの大きさで、「群れを群れが追う」っちゅう状況で狙いも絞りやすかったっですばってん、今年はどちらかって言うたら、まだ遊泳力の弱いジャコの群れにサワラが単独で突っ込んで、好き勝手暴れとるっちゅう感じですバイ。




コレが実に厄介で、通常投げるメタルジグのサイズじゃ大き過ぎる感のあっとですバイ。



例年のサワラの狙い方っちゅうたら、ボトムまで落として早巻きやら、中層ばキープする為のロングジャークやら、表層の早巻き、トゥイッチなどなど、「シルエットば長く見せる」ような感じやったっですばってん、今年はソレらが全く通用せんとですバイ...。





手を変え品を変え、ようやく一定のパターンでアタリが一回。




が、ナカナカ乗らん...。









むぅ。 困った。









とりあえず基本に忠実にボトム取る為にジグばフリーフォール。


















ん? いつまでも落ちて行くね?














ベールば戻す。





















ぐぐんっ


























くあっ!!




















と、同時にラインが一気に走って、ドラグがジリジリ逆回転。








そういえばドラグ調整しとらんやったねぇ~...。























切り裂き魔 52cm。


意外と強烈なファイトば見せた52cm。



湾内の表層でベイトば追い回しよっとは、大きく見積もって40cmソコソコ。

デカイヤツはボトム~中層付近のベイトば追い回しよるっちゅうコトかね?





写真撮ってリリース。





表層では相変わらず海面を跳ね回るサワラのアチコチで見られるっですバイ。

真上に飛び上がって真下に落下する者、ボラのように長距離ジャンプする者、背ビレ部分だけ出してすぐ引っ込む者、スズキのように体ば水面に出さずに捕食する者...。


実に多種多様な捕食行動ば取りよっとですバイ。



しかも捕食場所が一定じゃナカし、サワラ自体の群れが湾内全域に広がっとるもんですけん、狙いば定めるっちゅうワケにもイカンとですバイ...。


去年までのごと群れで動きよったら予測のつくっですばってんねぇ~...。








そうこうしよるうちにドンドン日が暮れて、辺りが薄暗くなってきたですバイ。





ボイルも益々散発的になって、サカナの数自体が湾内から減ったっちゅう感じ。





あと10分くらいが勝負バイ...。

















ボトムまでフリーフォール。











そしてゆっくりと巻き上げ。

























がつんっ






















くあっ!!


















やっぱりどうもボトム付近でなからんとアタリば取れんバイ。















切り裂き魔 48cm。


切り裂き魔 48cm。

若干サイズの落ちたばってん、ソレでも表層ば飛び回りよる連中よりは一回り大きかですバイ。



が、ジグのフックがエラに入って大量出血。



コレは助からんバイ...。








で、近くでワタクシめの後に入って来てジグばキャストしよった御仁にプレゼント。



多分メーワクやったって思います。




だって、我が家に持って帰ってもヨメから喜んでもらえんとやモン。

「生臭かけん好かん」

あぁ、そうデスか。






で、日が完全に暮れて納竿。






今年のサワラはボトム狙い+スローリトリーブに分のあるごたっですバイ。
(場所とベイトによるっでしょうばってん)

















で、帰宅寸前に某釣具量販店から入電。


先日O/Hに出したバイオについて。

どうやら部品交換が必要で、ソレによって高額になる為、その確認の為の電話とのコト。


ナニを代えるのか聞いてみたら

①ローラークラッチ

②マスターギア

③ピニオンギア

④クロスギア

⑤クロスギア軸


...???


って、ギアっちゅうギア全部交換じゃナカですか!!


結局、ゴロつきの原因はギアにあるっちゅうコトやったっでしょうばってん(ワタクシめはローラークラッチって思うとったですばってん)、全てのギアにダメージのあったってコト?




ナニが原因やったとやろうか?



やっぱり、ショアジギングには不向きっちゅうコトですかね?

ギアに負担のかかる釣りモノっちゅうたらショアジギングくらいやったですばってん(スズキ釣りでは根掛り外しの時くらい?)、実際、ショアジギングに使ってから調子の悪うなったですもんねぇ~...。



ハンドルのカタチと言い、ギアの耐久性と言い、意外と華奢な造りやったっちゅうコトですかねぇ~...。



ナニはともあれ、部品交換くらいやったら自分でもできますばってん、部品注文したらまたオソロシク納期に時間ば要するに決まっとっですけん、大人しくお願いしましたバイ...。



費用はO/H込みで5800円ちょっと...。



ま、ショウガナイか...。






<今日のタックル>

ROD:DAIKO PREMIER-BROS. 962MH
REEL:SHIMANO '02・TWINPOWER 4000PG
LINE:DUEL X-WIRE 27lb
LURE:MEGABASS SPIRAL-FALL 50g
     JACKSON GALLOP 40g
     PUBLIC-LURES AREA・FLAT-SARDINE 40g

スポンサーサイト
今日はイロイロとしよったら、仕事帰り釣行に行き損ねたですバイ...。



プロでもナカとに毎日釣りしてもね...。





で、家に帰り着いたら、マイデスクの上にコレ見よがしに小包の山の積んであったっですバイ。





秋のスズキシーズンに向け、タックルの補充に及んだワケですバイ。




タックルハウス(TACKLE HOUCE) Tuned K-TEN TKLM9/11
タックルハウス(TACKLE HOUCE) Tuned K-TEN TKLM9/11



まずは「TKLM9/11」ば2本補充。





ラウリスメインで行くとは変わりナカですばってん、よりオールラウンドで活躍してくれるTKLMの働きも見逃せんトコですバイ。


12cm以上のルアーは去年から特にロストも無いし、現状で補充の必要ナシと判断。

ラインナップは

コモモ SF125
コモモ・スリム SF130
グース SF125
コンタクト・フィード シャロー
M 168
TKLM・12/18
アローヘッド 120S

と、まぁこんな感じ。


シンキングペンシル依存症で、ミノーば投げるコトが案外少なめなワタクシめですばってん、一応色んなケースに対応できるごと、オプションとして用意しとっとですバイ。





んで、お次はライン。


前回の大規模閉鎖水域探索の後半で、アルテ改に巻いてあった「DURA・AR-C」の1.2号ばライントラブルが原因で30mカットするハメになったっですばってん、その影響で巻量の極端に少なくなったアルテ改が使えんごとなっとったっですバイ。



ソコで巻替え準備。




ついでに、今年大型青物用にとツインパ投入と同時に巻いた「X-WIRE」の2.5号ですばってん、大型どころか青物自体釣りきらん上に、試しにスズキ狙いで使ってみたら、ラインの太さが抵抗になってルアーの飛距離の格段に落ちたっちゅうコトもあって、この際ツインパも併せて巻替え。









デュエル(DUEL) X-ワイヤー 200m
デュエル(DUEL) X-ワイヤー 200m



今回チョイスしたのも、やはり「X-WIRE」。


「DURA・AR-C」のタフさには脱帽したですばってん、やっぱりナイトゲームメインとなるスズキ狙いに於いて、その視認性の低さがアダとなるっですバイ。

常夜灯周りやったら何となく見えるっですばってん、影や闇の中ではラインば探すとに一苦労すっとですバイ。


「X-WIRE」のブライトイエローは、バッチリ見えるワケじゃナカですばってん、ボンヤリと「コノ辺かな?」っちゅうとが分かりますけん、それだけ釣りに集中できるっですバイ。



トータルバランスじゃ個人的には「DURA・AR-C」の方が上って思いますばってん、視認性の低さがやっぱり命取り。

その次に信頼しとる「X-WIRE」にしたっちゅうコトですバイ。




アルテ改に0.8号、ツインパに2.0号。




元々はスズキ用は'05バイオのポジションですばってん、先日オハナシしたとおり、現在メーカーメンテにてO/H中。


復帰は恐らく来月初頭...。


ソレまではアルテ改とツインパに頑張ってもらおうっちゅうコトですバイ。






しかし、「X-WIRE」ば巻きよって思うたっですばってん、表記は「0.8号」ってなっとるっですばってん、「DURA・AR-C」の1.2号に比べても同じ位か、むしろ太い!!



ま、あくまで「参考号数」とメーカー側も表記しとっですけん、あんまりアテにならんトコですばってん、ワタクシめは細さよりも「強さ」ば重視しとっですけん、強度さえ十二分に発揮してくれればソレでヨカっですばってんねぇ...。
(この「太さ」ば見た時に、X-WIREに1.0号の設定のナカ理由の何となく分かった気のしたですバイ)













...てなワケでとりあえずは週末の準備は整ったですバイ。



日曜は朝からヨメから予定ば入れられとっですけん、明日の夜から明後日の朝にかけての釣行になりますバイ(ヨメ公認)。


潮周りも理想的。


さて、ドコに行きますかねぇ~...。
(コレだけ引っ張って平気でエギングに行ったりする人間ですけんねぇ~)



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。