本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の更新でも書いたとおり、スズキ本格始動にナカナカスイッチの入らんワタクシめ。

ヨメの「ミズイカ釣ってコイ」要求に素直に従って、南の島に向かってミッドナイトドライヴに出掛けたっですバイ。








んで今日10月28日は、ワタクシめらアホ夫婦が敬愛するアーティスト、倉木麻衣さんの誕生日でもあっとですバイ。
夫婦共々デヴュー当時からの信者でして、去年まではライヴなんかも行ったりしとったっですバイ。
今後ますますのご活躍をアホ夫婦2人でお祈りいたします。
(メーワクデスか)











ちとハナシの逸れたですばってん、約1時間後目的地に到着。






いつものポイントばチラリと覗くと、ソコにはアングラー2名が陣取っとったっですバイ。



ぐがが。

何となくアソコば取られとったら釣れる気のせんですバイ...。



とりあえず車内でコーヒーパン1本喰らって、缶コーヒー1本ばガブ呑み。

若干腹も膨れたトコでタックルセット開始。




と、バイオに付いとるリーダーば見てみたら、15cm程度しか残っとらんやったっですバイ。


この状況でスナップば取り付ける為にまた結束ば行なったら、5cm程度はカットせんばイカンごとなっですけん、そうなるとリーダーの長さは10cm...。

もはやリーダーの意味合いば無くしそうな感じやったですけん、ラインシステムの組み直しに着手。



最近ようやくマスターした「ノーネームノット」の結束開始。

が、風の吹き付けたり、メインラインの余りば短くしすぎたコトもあって悪戦苦闘。

結局、30分以上時間ば掛けてしもうたっですバイ...。




が、ケガの巧妙っちゅうか、その30分の間にワタクシめのラッキーポイントで釣行しよったアングラーが2名とも場所移動したっですバイ。



今がチャンス!!


間髪入れずポイント奪取。




で、ココでのサーチエギ、「エギ王Q光宮・白」から詮索開始。
















が、反応ナシ。




前のアングラーに叩かれたかな...?



少し場を休める意味で、ポイントに陣取りながら休憩。

20分後、キャスト開始。

















が、反応ナシ。




ココでエギ交代。

前回、見事にキロオーバーば連れて来た「エギ王Q光宮・オレンジ」にチェンジ。


















と、中層からやや下のレンジで魚信に似たアタリの連発。


イカパンチとは違うごたっ感じですばってん?


アワセても反応ナシ。


ベイトにでも当りよるとかね?




で、また違う方向にキャスト。





先週調子の良かった長時間フォールで詮索。


































ぐ~んぐ~ん
























くあっ!!















結構な沖合いでヒットした上に、重~いジェット噴射で必死に抵抗。




ぐあ~。 疲れるばってん快感バイ...。
















700g。


上がったとは700gちょっとのナイスサイズ。

ご覧の通り、ボリボリと音ば立てながらエギば齧りよったっですバイ...。

よっぽどお腹空いとったかね...?





写真撮って、絞めて、クーラーに収納。

まずはお土産確保で一安心。

事前に買っとった「小岩井ミルクとコーヒー」で一服。



直後のキャストでボトムば取った後に不自然な重量感。


ゴミでも引っ掛けたか...?























トラフナマコ。



ぐげげ。

ナマコ氏バイ。

びゅぅ」と腸管のごたっとば吐き出したバイ。
キラキラ光ってキレーやねぇ~。

ただ、何ナマコか良うワカランですけん、夜明けと共に拾八南部氏に問い合わせてみるか。
(後に拾八さんから「トラフナマコ」と教えて頂きました。 こんなマイナーな種類の海洋生物まで熟知されとる氏に勝てるハズも無い。)


とりあえず海洋投棄。

喰えるナマコやったにしろ、我が家じゃ持て余すだけバイ。
(後に拾八さんから「喰えん」っちゅうコトも教えて頂きました。 サカナくんより見識の深い氏に勝てるハズも無い。)








気を取り直してキャストするも、イカパンチ&ラインダッシュが2回ほどあるも上手く乗らず...。





ココは目線ば変えてみるかってコトで、今年まだ一杯も釣果の上がっとらんピンクばチョイス。

エギは「ブリーデン・エギマル4号フリーフォール」。




で、アタリの頻発しよったポイントにキャストしてロングフォール。





















ぐ~んぐ~ん


















くあっ!!














さっきよりも軽めの抵抗。




で、サクッと抜き上げ。
















400g級。


400gくらいですかねぇ~。

コヤツが絞める時に墨ば暴発させたお陰で、ヒットエギのエギマルとアホイヌお散歩用のスニーカーに墨が...。

被害が最小やったけん良かったですばってん...。























その後も...














700g-2。







300g。






さっきの400gに墨ば掛けられたエギマルで、700gば更に一杯追加。
コイツが陸揚げ後に墨ば大量吐出して、エギマルは更に真っ黒に...。


んで、完全に真っ黒になったエギマルから、なかなか今まで釣果に恵まれんやった「エギ王Q・DK」にチェンジして、日が昇って小魚ば追い回しよったとの見えた300gばサイトで追加。



と、ココで「イカお持ち帰り用の袋(byダイソー)」が底ばついたっですバイ。

もうちょっと粘ったらまだ数釣りできたかも知れんやったですばってん...。




お土産も十分確保できたですけん納竿。


またダイソーでイカ袋ば買い込まんばイカンバイ。








で、予定より随分早かったですけん、とあるサワラポイントばチラ見。


が、静穏な海面。


ココで休憩がてら、さっきの気になるナマコの件で拾八氏にメールしたところ、何と対岸でサワラ狙いしよるっちゅうコトやったですけん、ご挨拶がてら立ち寄ってみるコトに。











既に納竿されとったですばってん、クーラーの中にはヒョロっとしたプリティなタチウオが2本。


海面に目ばやると、サワラやらメッキやらのライズは沖合いでボチボチあるものの、ワタクシめがいつも狙う時に比べたら随分と散発的。

確かにこの状況ならムリに竿出しする必要もナカですバイ。




何でもココに来る前にキタで玉砕して来られたとか...。

睡眠時間1時間とか...。



で、ワタクシめの今日の釣果のうち、アホイヌ用のスニーカーに墨ば吹き付けたヤツば拾八氏にプレゼント。

我が家の取り分は3杯程度で十分ですけんね。



とソレに対して拾八氏が、一部サイトで有名なあの「SALTYジグ」ば気前良く1本下さったっですバイ!!

おお!!
ワラシベ長者な気分ですバイ!!

大事に使わせてもらいますバイ!!


小一時間ほど談笑したあと、ワタクシめも門限の迫ってきたですけん納竿。








しかし、何となくイカの釣れるごとなってきたですばってん、釣れる場所はいつも一定。

ソレ以外の場所じゃ仔イカしか釣りきれんですけん、まだまだ鍛錬の必要ですバイ...。




で、この更新記事ば書きながらも、朝方摂り過ぎたカフェインの影響か、ナゾの腹痛に悩まされよっとですバイ。



コーヒーパン+缶コーヒー+小岩井ミルクとコーヒー=腹痛



ま、当たり前か。

これも人生。






<今日のタックル>

ROD:GRAPHITE-LEADER CALAMARETTI GOCS-832MH
REEL:SHIMANO '05・BIOMASTER 2500S
LINE:SHIMANO DURA・AR-C EGINGER 1号
LURE:YAMASHITA エギ王Q光宮 3.5号  4.0号
           エギ王QDK 3.5号
     BREADEN EGIMARU 4.0号FREE-FALL


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。