本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月末のバタバタもとりあえずクリアして、いつもより少し遅い時間からいつもの自宅から3分の港へ。




マトモな向かい風で、海面は一面のゴミ...。



ウネリもあってちょっと釣り辛いかなぁ~っと思いながらも、テトラ際をトレース。





















ぽぽぽぽぽん




























くあっ!!




















一瞬テトラに掛かったかって思ったですばってん、確実に生命感のある引き。



ウネリ波に乗ってテトラに逃げ込まれたら、このベロンベロン竿じゃ引っ張り出せんので、巻き上げと同時に強引に抜き上げ。
















19cm


ギリギリ20cmに届かん19cm。


写真撮ってリリース。




その後、アタリがチョコチョコ(多分アジ)あったですばってん、風も強かし、お腹も冷えてきたんで、風裏のポイントへ逃げるように移動。

完全釣行スタイルならものともせん程度の風ですばってん、仕事帰り釣行スタイルにはちょっとキツかったですバイ...。





で、クルマで1分の風裏ポイント。


が、ここんとこココの調子の悪かっですもんねぇ~...。
釣れて1匹。




何はともあれキャスト開始。



















15分経過。



反応ナシ。






意を決して、1隻だけ係留されとるクルーザーの周囲をチェック。


ムダにたくさんのロープで繋がれとって狙いにっかっですばってん、この付近で足元の石積み以外、唯一のストラクチャーですバイ。





で、クルーザーの船体ば抜けて足元の石積みに差し掛かった時。























ぽぽぽぽぽん























くあっ!!

















さっきのヤツより明らかにトルクが上。

こりゃ20アップは確実バイ。
















22cm


22cm。

今年2匹目の抱卵メバルですバイ。




しかし、何度か書いたですばってん、このベロンベロンなロッド...。

20オーバーになると、相手のトルクに押されっ放しになっですバイ。


「遊ぶとに楽しか竿」

っちゅうコトバもあっですばってん、ソレは足元に深さのあって、メバルの逃げ場まで距離のある場合のハナシ。

ワタクシめの行く場所は水深もないし、テトラやらシャロー(水深10cm程度の石積み)域が多くて、とても遊ぶっちゅう余裕のナカっですバイ。

もうちょっと張りのなからんとキビシかですバイ...。



早くも退役か...。







<今日のタックル>

ROD:WANDO Kookai-Light KLS692FS・2-1/2
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:SHIMANO POTENSSIVE AR-C・3lb
LURE:がまかつ ロックヘッド31 2g
     FINA ジグヘッド「まっすぐ」 2g
     OFT スクリューテールグラブ蓄光2倍 オレンジ
     ECOGEAR メバル職人 ストローテール ゴールド




Prev | HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。