本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も仕事帰りに当たり前のように釣行。



狙うはメバル。



が、ちょっと別の場所でも狙ってみようかなぁ~って思ってみたっですバイ。

アングラーたるもの、ポイントの引き出しは多いに越したコトはナカっですバイ。






んで、隣町のとある漁港へ。


ココは結構規模のデカイ漁港。

藻場、シャロー、石垣、係留船、石積み堤防と、ストラクチャーには事欠かん場所ですバイ。

水銀灯も白色灯とオレンジ灯の二本立て。


釣れる気マンマンですバイ。























一時間経過。







灯りの真下、境目、各ストラクチャー、駆け上がりと考えられるポイント、水深、すべて探るも、反応してくるとは石鹸くらいの大きさの豆バルばかり...。



水銀灯のお陰で、推定水深5~6mの水底まで見える場所ですばってん、チェイスして来たりアタックしてくるとは、全て同じサイズ...。





ソコは巨大なメバルの保育園やったっですバイ...。






ワームのシッポば咥えるとが精一杯な連中ばっかりですけん、針掛りする可能性はかなり低いし...。





諦めて移動。





クルマで10分ほどの小規模な河口。




ココも藻場、石積み堤防、駆け上がりとストラクチャーは多数。

水銀灯もあって、集魚効果は抜群。



























が、結果はさっきの漁港とおんなじ。




水質はさっきの漁港より劣るようで、魚影こそ水面直下までチェイスして来んと分からんですばってん、アタリの感覚からサイズは大体想像できる。

ココも石鹸サイズばっかりバイ...。





















んで、結局。

















アラカブ13cm


アラカブ?7cm




石垣から飛び出してきたアラカブで何とかボウズのがれ...。

特に2匹目のアラカブ(?)は7cm弱。

フッキングしとったとが不思議なサイズやったですバイ...。






で、見も心も冷え切って納竿...。








結論として、ワタクシめの家の近辺がサイズ的にも安定しとるっちゅうコトば再確認できたっですバイ...。


メバルは成長に応じて棲み処ば替えるっては聞きますばってん、ソレからかんがえたら、ワタクシめの近所はメバル釣りにはかなり恵まれた条件の揃うとるっちゅうコトですたいねぇ~...。



あぁ。 エガッタエガッタ。






<今日のタックル>

ROD:GRAPHITE-LEADER FINEZZA GOFS-792UL-S
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:UNITIKA NIGHT-GAME THEメバル 5lb
LURE:FINA ジグヘッド「まっすぐ」 1.5g 2g
     OFT スクリューテールグラブ オレンジ
     TIGA めばるワーム パンプキングリーン
     ECOGEAR メバル職人 ゴールド

スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。