本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今夜も仕事帰り釣行はお預け。





仕事がチョッと忙しかったですけんね。



仕事が忙しい

   ↓

時間が遅くなる

   ↓

お腹が空く

   ↓

モチベーションが下がる

   ↓

釣りに集中できなくなる




...とまぁ、「腹が空いてはイイクソできん」っちゅうコトですバイ。





で、大人しく家に帰ったら、机の上にポンと小包が。

ハテ何ぞやと封を開けると、2週間前にナチュラムに注文しといた商品が...。


そうか。

「納期2週間」ってなっとったもんな。





で、その中身とは。














リトルジャック(LITTLE JACK) RAULIS (ラウリス) 限定カラー
リトルジャック(LITTLE JACK) RAULIS (ラウリス) 限定カラー





リトルジャック(LITTLE JACK) RAULIS (ラウリス) 限定カラー
リトルジャック(LITTLE JACK) RAULIS (ラウリス) 限定カラー






ラウリスの「2005年秋:限定カラー」の「サビアユ」と「グロウピンク」。


ルアーのカラーについては諸説ありますばってん、恐らく「光の反射率」はどの色もビミョーに違うハズ...。

タマタマなのかそうじゃナイのか...?


ワタクシめの過去の記事ば読んで頂ければ分かって頂けるって思いますばってん、例えば「マイワシブルー」で無反応やったところに「マイワシオレンジベリー」にチェンジして通したら立て続けに釣果の上がったり、「マイワシオレンジベリー」で反応無くなった時に「コノボラ」に替えたら途端に喰ってきたりと、恐らく何らかの「違い」ばスズキは認識しとるって思うっですバイ。


ワタクシめのようにバカのいっちょ覚えで「ラウリス」っちゅうルアー自体は固定で、カラーのローテーションば試したところで反応の違うっちゅう実体ば突きつけられてしもうたら、一概に「色なんて釣り師の気分次第バイ」とも言うて居れんとですバイ...。

きっと何らかの違いば感じて(むしろ完全に「色の差」だけで判断しよるかも知れんですし)、スズキは反応しよるって思うっですバイ。


実際はスズキに聞かんとワカランとですばってんねぇ~...。





で、その可能性ば信じて新色追加。




特に「限定」っちゅう購買意欲ば掻き立てるヒトコトが効くっですバイ(主にアングラーに)。



限定どうこうば除いても、「サビアユ」は絶妙なカラーリングですバイ。


ベリーが朱色に塗られとるトコも個人的にポイント高っかですバイ。


きっとイイ仕事ばしてくれるかと...。



ただ、「限定200本」ってなっとる割には、発売後1年以上経過してもフツーにインターネットショップで買えてしまうっちゅうとは...。





で、昨日買い込んどったフックば早速セッティング。


ラウリスセット?


俗に言う「ラウリスセット」。

スプリットリングはちっと大き過ぎたかなって思うたですばってん、「破断強度:83lb」っちゅう謳い文句と価格の安さでとりあえず使ってみる事に。

大きかったら後で替えればヨカだけのハナシ。




セット完了



ま、こんな感じですバイ。

フックは勿論「自分でバーブレス」のST-46。



何となく、2番目のフックとテールのフックが絡みやすい感じのすっとですばってん、フィールドでテストしてみて調整しますバイ。





ま、コレでとりあえずは準備完了。

明日の夜の北征で早速実戦投入ですバイ。




ただ、天候が気になるトコロ...。

北風が吹き荒れて荒れ模様になるとかならんとか...。



頼みますけん、せめて潮の止まるまで大崩れせんで持って欲しかですバイ...。


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。