本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は夕方から急激に体調の悪うなったっですバイ。



仕事終わりの某所から、半泣き状態で運転して家に帰ってきたっですバイ。





で、寝巻きに着替えてエサも食べずに布団の中へ。















は、と気付くともう22時。




少しお腹も空いたですけん、うどんさんなど流し込んで、トロトロと入浴。


そして今に至るワケですバイ。





「寒か日に釣りに行くけん風邪ひくっさ」


的な事ばヨメに言われたっですばってん、イヤイヤ風邪じゃナカハズバイ。





風邪ひいたら釣りに行けんごとなってしまいますけんね...。






強引に気合で捻じ伏せますバイ。



ソレでも今宵はやっぱり調子が悪かですけん、もう寝ますバ~イ。





昨日の更新の分に頂いたコメントには明日お返事しますけん。


おやすみなさい。
スポンサーサイト
昨夜はヨメの実家から直接キタに行ったもんですけん、PCに触れる機会の無くて更新できんやったですバイ...。


せめて今月は毎日更新しようと思うとったっですばってん...。



ま、ソレはソレとして。







予定通りの時刻に到着。


気にしとった天候は、昼間から発令されとったカミナリ注意報も現場到着と同時に解除、夕方まで降り続けた雨も、道中にあがる...といった感じで、一つ一つ障害がクリアされていった感じ。




クルマから降りて海況を眺めると、徐々に潮が流れ出してる感じ。




タイドグラフと比べたら、流れ出しがやや早い気もすっですばってん?



サッサと準備を整えていつものポイントへ。












が、キャストするには流速がまだまだ足りん感じ。

この流れじゃスズキの活性が上がりきらんで、ムダにルアーば見切られそうな感じ。


ジッと時の来るのを待つ。













で、到着から一時間。






ようやくキャストしても大丈夫な感じの流速になってきたんで、満を持して一投。

ルアーはラウリスのサビアユ。




















が、反応ナシ。









その後、立ち位置やポイントを移動しながらランガンするも反応の無い時間が延々と続く...。






オカシカね?







ルアーもラウリスでサビアユ→マイワシオレンジベリー→サンバーストレッドゴールドとローテーションするも、全く反応ナシ。





気がつけば既に開始から2時間経過。





思った以上に流れも強うならん状態が続いて、キャストの回数も同じ2時間でも通常時の三分の一程度。


むやみやたらに投げるのは、場をスレさせる可能性を高めるんで流れば選んで投げるごとしよっとですばってん、ナカナカその好ましい流れにならんっちゅうストレスの溜まる状態。


そう言えばこの2時間の間にライズも一度も無い。


おまけに上空は星の出てきたですばってん、代わりに背中を思いっきり押される強風が吹き出したっですバイ。


ポイントによっては左側からモロで吹き付けられて、必要以上にラインスラッグが出て、ルアーの挙動が全く掴めんっちゅうアリサマ。


さらに水面に風波が立って、潮の流れる方向がワカラン...。











「コレはマズイなぁ...」









で、まだ流れのあるうちにちょっと逃げ腰になって、確実に1本は出るポイントでキャスト。


ココは型はそう良うナカですばってん、スズキが居れば高確率で何らかの反応の得られるポイント。


ルアーはラウリスのグロウピンク。



向かい風に向かってキャスト。




本流を抜けた先のヨレにラウリスがゆっくりと入って行って...




















ここんっ






















くあっ!!















ん~。 ファイトが軽い!!

走っても潜っても、ワタクシめが堪えんでもAR-Cがしっかりとスズキの動きば制御して、簡単に足元に寄って来たですバイ。

「思い切って抜き上げるか?」

とも思ったですばってん、念のためタモに入れて上げる事に。

スンナリとアタマからタモに収まったですバイ...。










50cm1220g




ん~。
コマかばってん、今日の状況から考えたらコレはコレで価値のある1本ですバイ。

50cm、1220g

ラウリスで釣れたスズキの最小記録更新...。



ナニはともあれ釣れてくれたコトに感謝。



写真撮ってサッサとリリース。








その後も渋い状況が延々と続く。

キャストはせいぜい10分に2~3投程度。

釣りに来たのか海を眺めに来たのか...?




と、海をボケーっと眺めるワタクシめの傍に、ナゾの軽自動車が停まって、ある一人の御仁がコッチに向かって歩いてきたっですバイ。



何でも昼間にこの辺に釣りに来たばってん、釣り方がワカランとか何とか仰るナゾのルアーマン。



で、アソコで釣れてる、ココで釣れてると幾つかの情報を惜しげもなく頂いたりしながら小一時間談笑。


昼間は営業職っちゅう仕事柄、造り笑顔で県内を馳せ回るワタクシめですばってん、夜間の釣行中は無愛想な人見知り小僧に変身すっとですばってん、フレンドリーに話し掛けられたら、それなり対応するのが大人のマナー。





で一時間後、カレは帰って行ったっですバイ。




その後も粘ってキャストを続けるも、徐々に流れは緩くなるし、ナゾのルアーマンと談笑していた間も神経は尖らせて、ライズ音がしないか集中しとったですばってん、ソレも無し...。





どうせなら完全に潮が止まるまで(と言ってもせいぜい30分程度やったでしょうばってん)粘ってみるかと思った瞬間、俄かに上空がフラッシュしたんで、ソレを機に納竿。







結局1本限りっちゅう釣果やったですばってん...。




ま、何と言っても相手は自然。



毎回満足の行く結果が出るほど自然は甘くナカっちゅうコトですバイ。


ソレやけんオモシロかっでしょうけどねぇ~...。
(軽く負け惜しみ)






<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIOMASTER 4000
LINE:DUEL X-WIRE 27lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。