本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も懲りずに仕事帰り釣行。



狙うはもちろんメバル。




ただ今夜は本番の北征の控えとっですけん、時間は90分と定めて釣行(十分デスか)。







ポイントは常夜灯の2本奢られた漁港。

前回、意外と良型の立て続けに上がったポイント。


ただ、今日は近場の施設に灯りの点いてヒト気のあって、何投かしても反応のなかったですけん、恐らく警戒して近付いてきとらんやったっちゃナカでしょうか?




仕方ないんで元々渋めな港内を攻めてみることに。




相変わらず、ワームのオシリば数匹がチェイスしてくるとは確認できるっですばってん、バイトしてくる気配が無い...。




と、どこからか細長いシルエットが数匹近付いてきては併走しよる。

何やろかと目ば凝らして見てみたら...。




「ヒイカ」バイ。

大規模閉鎖水域に生息する細長~い小型のイカですバイ。

ただ、ジグヘッドが常夜灯の灯りば拾って「キラっ」と光った瞬間に、クモの子を散らすように逃げて行ったっですバイ。

コレはエギングでもしてみるかとも一瞬思ったですばってん、所詮2.5号のエギと同じくらいの大きさですけん、やってみる価値も無いか...。





とりあえず超小型の豆バルが4~5匹釣れた(10cm以下とコマすぎですけん写真は割愛)ところで、前述の施設の灯りの消えたっですバイ。

コレは狙うしかナカバイ。



で、テクテクと歩いて行きよったら、案の定、ポチョンポチョンとライズしよるバイ。



ナニはともあれキャスト開始。




が、アタリはムチャクチャあるばってん全く乗らんっですバイ。

小型のフィッシュイーター独特の「金属的」なアタリばっかりですけん、恐らくサイズは先ほどと同じ程度。



で、やっぱり釣れるとは同じくらいの型。




と、2~3匹釣ったところで湾内のポイントにアングラーが1人登場。

ヒュンヒュンと軽快にキャストしよらすばってん...。


大変申し訳ナカですばってん、ソコはさっきワタクシめが散々叩きまくったばっかりですけん、釣果は望めんって思いますバイ。






...案の定、20分ほどで引き上げて行ってしもうたですバイ...。

もうちょっと粘るごたったらこの場所ば譲ったとにねぇ~...。







そんなワタクシめの場所もアタリの遠退いてタイムアップ。



15cm以下は写真に撮らん」と決めとっですけん(容量があっちゅう間に一杯になってしまいますけんね)、今回写真のナカっちゅうコトは15cmオーバーが1本も出らんやったっちゅうコトですバイ。

いつもの「ぽぽぽぽぽん」も、15cm以下っちゅうコトで封印。
(特に意味はナカですばってん)






結論として、やっぱり自宅近所の方が型は良さそうですバイ。

ソレが分かっただけでもイイか...。






<今日のタックル>

ROD:GRAPHITE-LEADER FINEZZA GOFS-792ULS
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:BARKLEY FIRELINE-CRYSTAL 4lb
LURE:FINA ジグヘッド「まっすぐ」 1.5g、1.25g
     OFT スクリューテールグラブ オレンジ
     SMITH メバーム パンプキングリーン、グロウ

スポンサーサイト
仕事帰りにいつもの釣行。




狙うはもちろんメバル。






いつもの港に行こうかとも思ったですばってん、前々から気になっとったとあるポイントへ。


前に昼間に見に行ったコトはあったっですばってん、シャローで岩場が点在する場所。

常夜灯の灯りも程よく海面に届きそうで、メバルが捕食するベイトが集まるには申し分なさそう。


何より、メバルが着くストラクチャーは、マンメイドよりも自然なモノが多いトコ。




実績はまったくナカ場所ですばってん、実績にコダワリよったら進化はナカっですバイ!!








で、早速釣り場に立ってみると、真横から強風が吹きつけるっちゅう難儀な感じ。


こりゃ苦戦するかもねぇ~...。



この時期、本格的な真冬に突入するまではドコに行っても常に北風に晒されてしまうワケで、宿命っちゅうか、風については諦めるしかナカっですバイ。

だからって止むのを待つのも得策じゃなし。

風の緩む瞬間に、低い弾道で撃つのが一番効果的ですバイ。



風の強さも計算して、少し沖合いの岩場を目掛けてキャスト。



と、着水と同時に


ぽぽぽぽぽん














くあっ!!














周辺に藻が生えてないコトば考えたら、生息しとるのは黒メバルか青メバル。


いずれにしても藻メバルとはパワーの違うっですバイ。

根から根に逃げ込もうとする魚体を強引にピックアップ!!











18cm青メバル


うん、やっぱり青メバルやったですバイ。

写真じゃ分かり辛かっですばってん、魚体が青みがかって、ナニしろパワーが同じ型の藻メバルより数段上ですバイ。

今回は18cmと20cmも超えんやったですばってん、藻メバルに置き換えたら25cm前後の引き。


より外洋に近い場所に住んどるっちゅうコトで、強靭なパワーば身につけたとかも知れんですばってん...?




写真撮ってリリース。


とりあえず釣れたコトがなによりウレシイ。




その後も...。












19cm青メバル



15cm青メバル



20cm青メバル



釣果はすべて青メバル。

特に抱卵モノの引きは圧巻やったですバイ...。

フィネッツアもバットから曲がったですもんね。

根掛りの感覚から一気に走り出して、水深30cm程度のシャローエリアーば水平走行&潜行の繰り返しで、かなりの抵抗ば見せたですバイ。

こりゃ青メバルの尺クラスになったら太刀打ちできんバイなぁ~...。



その後、一回同じようなアタリのあったですばってん、風ば意識しすぎてティップとラインが一直線になっとった時やったですけん、アワセがうまく決まらんやったっですバイ。




メバル釣りに限らず、スズキ釣りにしても、アタリば待つ時のラインとティップの理想的な角度は90度前後っちゅうとは今さら言うほどのコトでもナカっですバイ。

ロッドとラインの角度が水平に近ければ近いほど、フッキングの力がうまく伝わり難っかっですバイ...。

気をつけてはおったっですばってん...。





その後、アタリがパッタリと止まって、風も強くなったんで納竿。





一つポイントの見つかって、コレで自宅からクルマで10分以内っちゅう条件で14カ所目。

ただ、北風~北東風に耐える場所っちゅうとのナカナカ見つからんもんですけん、まだまだ開拓の余地はあるって思いますバイ。








<今日のタックル>

ROD:GRAPHITE-LEADER FINEZZA GOFS-792ULS
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:BARKLEY FIRELINE-CRYSTAL 4lb
LURE:FINA ジグヘッド「まっすぐ」 1.25g、1.5g
     OFT スクリューテールグラブ オレンジ


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。