本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほぼ予定通りの時間にヨメの鋭い視線を受けつつ出発。

唯一の趣味やけんね。 見逃してくれんね。





そして予定通りの時間にキタに到着。


数日前に既に今年のスズキ狩りを終了された南部の虎狼拾八南部氏の報告によれば、かなり渋めな様子...。

タイドグラフで見る限りはかなり潮の動く様子ですけん、通常ならかなり期待の持てる状況ですばってん、荒食いも終盤となるとカナリキビシイ状況も覚悟せにゃならんっちゅうコトですバイ。




で、ほぼ定刻通りに潮が動き出す。




モコモコと海面から湯気の出るとば眺めつつ、イイ感じにできつつあるヨレに目掛けてキャスト。























反応ナシ。



ま、一発で答えの出るほど甘くはナカバイ。



ただ、一つ気がかりなコトが。





いつも駐車場まで走っていく際に、ヘッドライトで数回海面ば照らす機会のあっとですばってん、先週まで活発にライトに反応して跳ね廻りよったベイトが今日は見当たらんやったっですバイ...。


スズキの活性云々の前に、ベイトが消えてしもうたってコトはナカやろうか...?






イロイロと雑念ば抱えながらもキャスト継続。































































そんなこんなで早や4時間が経過。



アタリらしい反応は一切ナシ。


常夜灯の差し込む辺りでライズするのはメバルばかり。


沖合いや遠方からもスズキのライズ音は一切聞こえんっちゅう状況...。






コレは想像以上にキビシかバイ...。







ラウリスに拘って釣行しよるせいもあるかも知れんですばってん、今年一年、キタでの釣行はラウリスだけに絞ってやる事に決めとっですけん、そのポリシーば変える気は一切ナシ。

例えバイトば得られんにしても、ソレはソレでスズキの捕食レンジの変化ば探る意味で、一定の成果にも繋がるっちゅうコトですバイ。






ま、キレイごとはそのくらいにして。






何にしろ、釣りに来たワケですけん釣れてくれんとアングラーとしてもフラストレーションの溜まる一方っちゅうコトですバイ。

かれこれ4時間、潮は緩むことなく動き続けよっですけん、同じく休むことなくポイントば多少ずらしながらキャストの連続。

意に反して全く反応を示さんスズキ...。






で、潮止まりまで残り30分程度っちゅうトコで(遅まきながら)移動ば決意。




拾八南部氏御用達ポイント。




漆黒の闇に加えヒト気も全くないし、心霊だとかそんなモンにめっぽう弱い腰抜けなワタクシめにとっては、かなり気合の要るポイント。




恐怖心を抑えつつ潮の流れを読んでキャスト。



3投して結果の出らんやったら戻ろう...。

























とんっ






















くあっ!!



















試行錯誤4時間30分。

アタリは軽かばってん、貴重な本日一発目のヒット、逃すワケにはイカンバイ!!






...しかし軽い...。



























最小47cm



ラウリスの最小記録ば更に更新...。

遂にはセイゴクラスまで落ちたか...。



47cm。



フックは口角のジゴクエリアと頭のてっぺんに完璧にフッキング。

キミのパワーじゃ逃げられんバイ。




で、いつものように重量計測しようとバークレーのリップグリップスケールの計測ボタンば押してみたら...。





















40g?





そんなバカな!!

フツーに考えてもその10倍以上はあるはず。

何度計測し直しても答えは同じ...。




コレが怪奇現象か...。




と同時にアタマの中に超科学的現象ですとか、魑魅魍魎の類いですとか、幼い頃から「怖いモノ」として刷り込まれてきた記憶がモコモコと湧き出してきたっですバイ...。








あなオソロシや...。







で、リリースしようかと思ったら、ショアから2mほど先までさっきまであったハズの水か無くなってしもうとっとですバイ...。

確実に下げ続けよるってコトでしょうばってん、とりあえずサカナば遠投(!?)して着水ば見届けて、コソコソと移動の身支度。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏」と繰り返しながら、いつもの灯りのある場所まで逃げるように早歩き。



で、試しに明るいトコで呑みかけのお茶のペットボトルの重さばリップグリップスケールで量ってみたら...。



「120g」



んまぁ、正常に機能しよるっですバイ...。





むむぅ。

イロイロ考えるとはヤメよう...。



しかし、あんな場所で独りで数時間キャストば繰り返せる拾八南部氏や長満野郎Aチーム氏の度胸ば少しだけでも分けて欲しいくらいのヘタレぶりですバイ...。



で、海面を見ると既にこの辺りの流れは終息直前。

夜明け前で一層冷え込みもキツくなってきたし、さっきは違う意味で心身共に冷え込んだし...。


ヨタヨタとその場に一旦崩れ落ちたあと納竿...。






コレで今年のキタは完全に終わったと判断すべきなのか、拾八南部氏御用達ポイントには残留部隊の残っとるごたっですけん、そのオコボレがワタクシめのお気に入りポイントまで小旅行してくるとば迎撃するか...。


ベイトが日によって行動ば大きく変えるごとなったのか...。


密かに今夜も懲りずに出かけるつもり(ヨメが実家にご一泊なんで!!)ですけん、ソレで答えの出るって思いますバイ...。




































あ~。 しかし怖かった...。








<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIOMASTER 4000
LINE:DULE X-WIRE 27lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。