本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ご注意:今回長文につき、ケータイでご覧の御仁方は全文読めん可能性のあっですバイ。 悪しからずご了承下さいマセ。






今日はヨメも実家にお泊りっちゅうコトで、実に久しぶりに夜に自由に動き回れるっですバイ。


で、コレまた久しぶりに2日連続の北征。

今年のスズキ釣りの幕引きを占う釣行になりそうですバイ。




ただ昨今の運動不足が祟ってか、昨夜の北征の疲れが完全に抜け切れとらんせいもあって、肩&首に張りのあっとですバイ。

どうせキタの流れが始まるまではまだまだ時間のあるけん、こんなノビノビと釣りのできる貴重な日に完全ボウズ喰らうのもイヤなんで、近場でメバルを釣る事に。


で、自宅からクルマで5分のポイントへ。

タイドグラフで見たところ、時間的には下げが効きだしてもヨカはずばってん、鏡のような海面。

それでも常夜灯の下には数匹のメバルの影が見え隠れするんでキャスト開始。


が、超小型のアタリのタマにある程度で、ナカナカ針掛りせんっちゅう状況。



う~ん、メバルもこの調子じゃコノ先どぎゃんなっとやろうか?

って思いよったところ、ナゾのクルマがワタクシめのクルマのすぐ横に停まったかと思うと、降りてきてワタクシめの10mほど横で無言のキャスト。

...普通、先行者の居ったら「どぎゃんですか?」とか一声掛けてからキャストば始めるとが大人のアングラーの礼儀。

しかも10mっちゅうたら、ルアーマンにとっちゃ十分に射程圏内に入るエリアですバイ。

ポイントもそんなに狭い場所じゃナカとに、ナゼそこで投げるかね?


10分後、無礼なアングラーは荷物ばまとめて撤収。
あなたがヒトの親でない事ば祈りますバイ。


で、そのアングラーのキャストしよった場所に移動してキャスト開始。

と、ほどなく10cm前後の仔メバルがポロポロと2~3匹...。

ダンナ、この喰い渋り時の微細なアタリはナイロンじゃ取れんですぜ。



で、何か虚しくなってきたんでこないだ見つけた青メバルポイントへ。



途中、普段ワタクシめが仕事帰りにキャストしよるポイントに2人ほどのアングラー。

みんなの狙いもメバルにシフトしだしたってコトバイね。




3分後到着。
ココまでは普通、誰も入って来んですバイ。
まさに貸切。

早速キャスト開始。


ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅ



くあっ!!



さすが青メバル。

引きは藻メバルとレベルの違うバイ!!


青メバ22cm


青メバ17cm


青メバ24cm


青メバ21cm



24cmを筆頭に写真サイズ(15cm)以下まで合わせて11本。

貸切状態でパラリラヒャッホ~。


と、下げが一気に効きだしたようで流れが強くなってきたんで、本題のキタへ向かうコトに。




しかし、深夜にも拘わらず国道にはラブホテルの空室ば求めて彷徨うカプールカーの多いこと多いこと。

今日は「聖なる夜」の前夜祭っちゅうとに、若いカプールにはさしずめ「精なる夜」ってなコトですかね?


で、40分後キタに到着。

相変わらずヘッドライトに反応するベイトの姿は見えん状態。

そして一面の霧。


せっせとタックルセットして、灯りのあるお気に入りポイントへ。

昨夜の一件もあって、暗がりはちょっと恐ろしかっですバイ...。


海況はもうドコ投げても普通ならアタリのあるっちゃナカやろうかってくらいのイキオイで潮の流れよっとですバイ。

ポンポンと目に付くヨレにラウリスば通しても、相変わらず反応ナシ。

足元では昨日に続いてメバルがポコンポコンとライズするばかり...。


















そして3時間経過。

辺りは2~300m先が見えんくらいの濃霧。
オマケに自分の吐く息で目の前すら見えんごとなる状況。

アタリは当然のように一回もナシ。

空がほんのりと明るくなってきたのを見計らって、意を決して拾八南部氏御用達ポイントへ。


ホントはもっと早うに行きたかったっですばってん、やっぱり超常現象ば24時間前に経験したばっかりですけん、ナカナカ足の向かんやったっですバイ。


で、トコトコと早足+うつむき加減で歩いてポイント到着。


そりゃ、ある意味この世の景色じゃなかったですバイ。

雲海のような濃霧と海面から立ち上る水蒸気で100m先も見えん感じ。

空はビミョーに明るくなって来よっですばってん、かえってこの濃霧が薄明かりに際立って、更なる恐怖感ば掻き立てるっですバイ。


しかし。 来た以上は投げずに居れんですバイ。


水蒸気でほぼ見えない海面に向かってラウリスをキャスト。

潮の流れる方向を掴む為に、ラインとガイドから伝わる振動とラインのテンションを頼りにラウリスの動きをサポート。



...と、何事も無く帰って来るラウリス。



またキャスト。


...と、何事も無く帰って来るラウリス。



またキャスト...




そうこうしよるうちにいよいよ常用薄明の時間帯。
世に言う「朝焼け」の時間。

段々と周りの景色の輪郭がハッキリしてきて、海面も確認できるレベルになってきた。

しかし潮は相変わらずのイキオイで下げ続けよっですけん、とりあえずキャスト続行。

過去にもある程度日が昇ってから釣果の出たコトのあっですけん、今年の締め括りになるだろう今日の北征ばそう簡単に諦める気になれんやったっですバイ。







が、その後も無情にもスズキからのコンタクトはナシ...。

時計を見ると7時10分。

潮のイキオイもみるみる衰えていって、徐々に鏡のような海面になりつつある...。

















終~了~。














普段はスズキが着きそうな流れば選んでキャストする分、理想的なヨレのできるまでは一切キャストせんワタクシめも、今日は可能性ば見出す為にほぼ間断なくキャストば繰り返したっですばってん、考えられるポイント全てでスズキからのコンタクトの無かったっちゅうコトは、とどのつまり


今年のキタのスズキは終わった


っちゅうコトですバイ。


バイヴや何かでレンジコントロールしながら丹念に探れば幾つかアタリくらいは拾えたのかも知れんですばってん、昨日も書いたとおり、今年のキタはラウリス1本で通すと決めたワタクシめにはカンケーの無い選択肢やったワケですバイ。


クルマまで歩いて帰る道中、朝日の昇るトコの写真ば撮りにきたっちゅう翁二人組やらテヌ狙いに来たっちゅう御仁としばし談笑。


何はともあれ、今年の北征はコレでとりあえず幕引きですバイ。




結果、今年のキタでのスズキの釣果は(使用ルアーは全てラウリス)



総本数:33本

平均叉長:67.3cm

最高叉長:95cm(2月25日)

最小叉長:47cm(12月23日)

最大重量:7400g(12月9日)



...てな結果やったですバイ。


まだまだ鍛錬が必要な面もあるものの、結果的にコレだけのサイズが釣れたっちゅうコト自体にはソコソコ満足。



年明けいつ頃から調査に入るかはまだ決めとらんですばってん、今年(1月29日)よりは若干早めに動き出そうかなと...。









<今日のタックル>

~VSメバル~

ROD:GRAPHITE-LEADER FINEZZA GOFS-792ULS
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:BARKLEY FIRELINE-CRYSTAL 4lb
LURE:FINA ジグヘッド「まっすぐ」 1.25g、1.5g
     OFT スクリューテールグラブ オレンジ
     SMITH メバームchibi パンプキングリーン、グロウ
     MEGABASS SPOON-X 3g




~VSスズキ~

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIOMASTER 4000
LINE:DUEL X-WIRE 27lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS

スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。