本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もいつもの仕事帰り釣行。



アレコレ考えて狙うはメバル。



ただ今日は北西風がマトモに吹き付けて、ナカナカ釣り辛そうな感じ。




メバル釣りっちゅうたら極細ラインで軽量リグば飛ばすワケですけん、風は大敵な釣りっちゅうとは言うまでも無いコト。


んが、今からの季節、北風はつきものですバイ。

北風の吹く度に風裏に逃げ込むのも一手ですばってん、そんな場所は他のアングラーも集中して、スレの進行してしまうっですバイ。

で、あえてその北風に立ち向かうコトで事態を打開できんやろうか...。


ワタクシめの通う大規模閉鎖水域の沿岸部は北~北西に開けとっですけん、今日のごたっ風はまさにメバル釣り師殺しの風。

実際、今日ほどの風の吹きよる時は、定番とも言える常夜灯周りでも1時間に10バイト取るとが精一杯な状況が多かっですバイ。


つまり、いつもと同じ場所じゃ結果は出らんっちゅうコトですバイ。



で、夏場にセイゴイジメばした小磯へ。

まともに北風ば受ける場所ですばってん、沈み根やら海藻など天然のストラクチャーが豊富で、潮通しも抜群な場所ですバイ。

沖合いが狙えんなら足元の岩周りば攻めれば何とかなるっちゃナカやろうか...っちゅう考え。















ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅ

























くあっ!!
















ココに入る前に探ったいつもの常夜灯周りじゃ何の反応もなかった事ば考えたら、コレはコレで成果バイ!!















青メバル15cm


コマかばってん、ソレはソレでヨカっですバイ。

「風の強かけん諦めるか...」で今まで終わりよったところ。
目先ば変えれば結果も変わるっちゅうコトですたいねぇ~。


その後も


青メバル17cm


青メバル15cm-2


青メバル18cm



20オーバーこそ出らんやったものの、写真サイズ(15cm)以下7匹含めて90分で11匹の釣果はナカナカ満足できるモンやったですバイ。






で、戻りがてらにテトラ絡みの駆け上がりの部分ば通してきたら、またもやポロポロと写真サイズ以下の猛攻。

4匹追加。


で、最後に1匹釣って納竿するかって強風に向かってフルキャスト。

10m先に着水(だいたい強風下の飛距離はこんなモン)。


駆け上がりに差し掛かったところで
















すぽぽぽん



















くあっ!!






















ぐぐぐと突っ込むオサカナ。

お、こりゃ25オーバーぐらいあるっちゃナカかな?



根に潜られる前にエイっと抜きアゲ。




ん~? えらい長細かねぇ~...?






















リモコンセイゴ28cm



ぐはっ

セイゴですバイ。

しかもヒョロヒョロのセイゴ...。


まるで我が家のヴィデオ用のリモコンのごたっですけん、「リモコンセイゴ」とでも名づけておきますバイ。


せめてあと3~4倍の大きさになって戻って来てくれと願いを込めてリリース。





ま、ソコソコ満足して納竿。



しかし、常に北風の吹き続けてホント寒かったですバイ。

昼間は温かかったっですけどね。



明日からはまた寒うなるって言いよっですばってん...。

一応、明日で仕事納めですばってん、明日の仕事帰り釣行は天気次第でどうなるかワカランですバイ...。








<今日のタックル>

ROD:GRAPHITE-LEADER FINEZZA GOFS-792ULS
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:UNITIKA NIGHT-GAME THE・メバル 5lb
LURE:FINA ジグヘッド「まっすぐ」 1.25g、1.5g、2g
        じゃこまろ グローバール
     OFT スクリューテールグラブ オレンジ
     SMITH メバームchibi グロウ


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。