本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はザンザン降りの雨模様やったですバイ。

体調も7割方回復して、徐々に本調子に戻りつつあっですばってん、この雨の中でムリしたら元も子もナカですバイ。




で、今日の仕事帰り釣行は中止。





釣行せんやったら話題に詰まるトコですばってん...。




困った時はタックルのハナシに逃げるとが最早常套手段と化しとる感のあっとですばってん...。






で、今現在使用中のメバルタックルの振り返り。




まずはロッド。



グラファイトリーダ・フィネッツァ 792ULS。


未だに品薄のごたっですね。

オリムピックの販売方針もメ○バスと同じ感じっちゅうコトですかね?

ミズイカ用の「カラマレッティ」が感度・パワー共に申し分なかったっですばってん、フィネッツァも感度については申し分ナシ。
低活性時のショートバイトも的確にグリップに伝えてくれるっですバイ。

パワーに関しては、残念ながらまだ検証対象のオサカナに巡り会えとらんですけん、まだ未知数。
ただ、先日「リモコンセイゴ」ば抜き上げた時も不安はなかったですけん、ソレなりのポテンシャルは秘めとるって思いますバイ。

とりあえず20cmオーバーの引きにも全く動じんですけん(当たり前?)、パワーに関しては評価はちょっとお預け。

レングスについてはもうちょっと短くても良かったかなぁ~って思うトコもあるとがホンネですばってん...。






次にリール。

シマノ(SHIMANO) 05’バイオマスター 2500S AR-B
シマノ(SHIMANO) 05’バイオマスター 2500S AR-B




シマノ・バイオマスター2500S。(スプールは2000S)


ま、コストパフォーマンスの高いっちゅうコトは今更ワタクシめが言うほどのコトでもナカですバイ。

メンテもし易かですし、トラブルもナシ。
コレでこの値段で買えるっちゅうとが不思議なほど高性能なリールって思うっですばってん、やっぱり一番の欠点はハンドル。
02モデルのバイオ、アルテ、センシライトのマシンカットハンドルが無加工で装着可能なのは周知の事実ですばってん、ホント、何度も言いますばってんあと2000円くらい高くてもヨカですけん、標準装備にして欲しかトコですバイ...。

シマノ(SHIMANO) 02’バイオマスター 2500 A-RB パーツ:ハンドル組(部品NO91)
シマノ(SHIMANO) 02’バイオマスター 2500 A-RB パーツ:ハンドル組(部品NO91)




05バイオユーザーの御仁はコレを買うべし。







次にジグヘッド。


フィナ(FINA) メバル専用ジグヘッドまっすぐ FS200
フィナ(FINA) メバル専用ジグヘッドまっすぐ FS200




FINA・「まっすぐ」。


メバルゲームに於いてワームばいかに美しく真っ直ぐセットするかっちゅうとは結構重要なファクターですバイ。
イビツにセットされたリグば使えば、あっさり喰いの落ちますバイ。

で、稀代の不器用な人間なワタクシめ、フツーのジグヘッドに真っ直ぐセットするとは結構大変かっですバイ...。

そんな不器用人間なワタクシめでも真っ直ぐワームばセットできる「まっすぐ」は、単純な発想ですばってんすごくエライヤツって思うっですバイ。

が、欠点もありまして...。

・フックが弱い。
メインラインでPEば使うごとなって根掛りが極端に減ったっですばってん、根掛り回避した後のフックばプライヤーで戻して(この辺がケチ)使ったらバラシが増加。
この辺りはヤマリアの「ビークヘッド」の方が復元能力は高く感じますバイ。

・品揃えが悪い。
ま、コレは某釣具量販店だけのハナシでしょうばってん...。
営業力の差なんですかね?
がまかつやらヤマリア、エコギアやオーナーばりの商品はトコロ狭しと並んどるっですばってんねぇ~...。
今日改めて追加購入したら、ソレで品切れやったですバイ...。
次からどぎゃんすればヨカっちゃろうか...。
是非新しく仕入れて欲しかですバイ...。



今度はワーム。


オフト(OFT) スーパーグロースクリューテールグラブ 1.5インチ
オフト(OFT) スーパーグロースクリューテールグラブ 1.5インチ




OFT スクリューテールグラブ。


このオレンジばパイロットとして使いよっとですばってん、最近のワームの特徴として「非常に持ちのヨカ」っちゅうコトですねぇ~。
何匹釣っても千切れるっちゅうコトがナカですね。
非常に経済的で好きです。

特にこのスクリューテールグラブのオレンジはバイト率の高っかごと感じます。

コレとスミスの「メバームチビ」との組み合わせだけでゲームば成り立たせらるっですけん、他にメバル用にワームは要らん感じですバイ。

が、コレもジグヘッド「まっすぐ」と同じで、近場で品薄なのがスゴく辛いトコ...。
早急に補充ば頼みます...。



最後にライン。

バークレー ファイヤーライン クリスタル 100m
バークレー ファイヤーライン クリスタル 100m




バークレー ファイヤーライン・クリスタル 4lb。


「クリスタル」と銘打ってはあっですばってん、完全に「白」ですバイ。
PEっちゅうよりも厳密に言えばコーティングラインになっとですばってん、そのコーティングのせいか飛距離に難のあっですバイ。

この手のラインの売りっちゅうたら感度の向上と飛距離アップが上げられるでしょうばってん、このラインに関しては飛距離は望めんですバイ...。
ある程度巻きグセのついたナイロンの方がまだ飛びますね...。

強度については良くも悪くもフツー。
当たり前ですばってん、磯場で根に触れたらあっさりラインブレイクすっですけんね。

ただ、不思議と今のところ強風下で使ってもトラブルはナカですバイ。
メバリングみたいなフィネスゲームでトラブルレスっちゅうとはかなりアリガタかコトですバイ。
飛距離犠牲にしてもうちょっと使います...。










と、まぁいつものように好き勝手書いたですばってん、あくまで個人的見解ですけん。

参考にするもしないもアナタ次第っちゅうコトで...。


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。