本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は仕事帰りにいつもんごと釣行するかねぇ~って思いよったですばってん、あまりに風の強かったっですバイ。




風裏ポイントも覗いてみたっですばってん、風が巻いて入って来て最早風裏でも何でもナカっちゅう状態...。





「こりゃアカン。」





で、諦めてまっすぐオウチに帰ったっですバイ。



タマには早う帰るともヨカモンですバイ。
(必ずしも毎日釣りばする必要もナカですばってん...)









で、いつものように話題が無い。


話題のナカとやったら更新せんやったらヨカっですばってん、ソレも何か癪に障る(「しゃくにさわる」って読みます)し...。





こぎゃん日にはいつもんごと「ベンリグッズ」ば紹介するとが一番ですバイ。






で、今日紹介するのが...
















リバレイ RBB RBBタイタニュウムグローブ
リバレイ RBB RBBタイタニュウムグローブ



RBBタイタニュウムグロウブ。




「炊いた乳無」って何やろう?

Titanium = チタン

なるほど。




一般的な綿入りのグローブやった場合、フィット感が今ひとつやったり細々した作業ばする時は一旦外さんばやったり...。

あと他のグローブが良う採用しとる「マジックテープ固定」のリスト(手首)部分。
長時間使用しよったら、締め付け部分の痛くなったりしよったっですバイ...。


その点、このタイタニュウムグローブはヨカですね。
手首部分も長かですけん、締め付ける必要もなく上着の袖の中に入れてOKですけん、長時間使用も問題ナシ。

左右とも3本、指の露出すっですけん作業時に外す必要もナシ。
指先の無くてもよっぽどじゃナカらん限り、ソコまで寒さは感じらんですバイ。

その他、プレーンゴム独特のニオイも外した後に楽しめますバイ...。


ちと高めですばってん、磯で釣りする御仁方にはグローブは必携でしょうし、そうじゃなくても冬場は手袋の欲しいモンですバイ。




コレ、ホントにオススメですヨ。






ダイワ(Daiwa) アウトブレイズ ショルダー(A)
ダイワ(Daiwa) アウトブレイズ ショルダー(A)



アウトブレイズ・ショルダー。



バークレイの「リップグリップスケール」ば真横に収納できつつ、ラウリスの入ったタックルボックスば2ケース収納できる、大容量なバッグば欲しかったっですバイ。

造りはしっかりしとるし、デザインも悪くないし、値段もそんなに高くなかですし、やっぱり選んだ一番の理由やったですけど改めて容量が大きい。

背負い易かし、見た目もソコソコオシャレ(?)やし、コレも気に入ったですバイ。

「エチケットポケット」っちゅう所謂「ゴミ袋」も付いとっトコもヨカですね。



ま、使う道具っちゅうとは、個人個人好みと求める性能っちゅうモンに違いのあっですけん、ワタクシめが使い易いっちゅうとが必ず万人に同じコトが言えるとも限らんですばってん、あくまで個人的見解でワタクシめが「コレはヨカバイ」って思ったモンは今後も紹介していくつもりですバイ。



話題のナカ時は助かりますけんねぇ~...。

スポンサーサイト
今日は「特別ゲスト」ば地元にご招待しての釣行。




そのゲストとは、誰あろう根魚教教祖であり大司祭でもあらせられる、根魚大王:魚々麿氏。



ホームにお招きするっちゅうコトで、数日前からアチコチ釣り歩いてポイントのチェックだけはしとったっですばってん、連日書きよるとおり少しばかり渋い状況になってきよったトコですバイ。



果たして魚々麿氏ば満足させられる程の釣果の出るやろうか...?





で、待ち合わせ時間より5分遅れて(!?)待ち合わせ場所到着。


既に麿様は海原へ果敢にキャストば繰り出されよるトコやったですバイ。




で、しばし談笑。



最近の南部の状況とか、経済の情勢、世界中に広がる潜在的な危険や何かの類いも、「根魚教」の門下に下れば問題ナカっすね的なオハナシ(ウソ)ばしたりで過ごした後、貢物の「ストレスフリーEG80」ば献上。


ワタクシめ、ご存知の通りメインのエギングロッドは「カラマレッティ」に代替したですけん、「無用の長物」となっとったトコロ。

引き取って頂いただけでもアリガタかとに、ワタクシめもヨメも大好きな「甘いモン」ば御代として頂戴したっですバイ。

さすが紳士との呼び声高い麿氏。

教徒へ対してのお慈悲も忘れんっちゅう神にも迫る慈悲深さですバイ...。




で、先行者の消えた堤防で2人でキャスト開始。




が、麿氏が1本上げたのみで釣果は伸びず...(ワタクシめはボウズやったですバイ)。

チェイスは多かったですばってん、スレの進行が深刻なのか、さっきまで居った連中が叩いた直後やけんか知らんですばってん、ココ最近で最悪の釣果。

ま、潮も動いとらんやったですばってんねぇ...。






で、たまらず「青メバルポイント」へ移動。





潮の動きは感じられんですばってん、明らかに潮位は下がる中、麿氏がゲット。

青じゃなくて藻メバルやったですばってん、各ポイント毎に釣果ば上げられる腕前はさすが。


ワタクシめもキャストするも反応が渋い...。





しばらく粘って...


















070121_18cm


070121_16cm


070121_17cm




小一時間で何とか3匹...。

青メバルは混じらんやったですけん、今日は回遊はなかったか...。



その後、麿氏も明け方からサーフで釣行するっちゅうコトで解散。


「イカ祭り」、是非とも実施せんばですバイ。
(ワタクシめのカラマレッティの戻ってきてからにして下さいマセ)


















でワタクシめはと言うと、そのまま帰る手立てもあったっですばってん、数日前からどうしても気になっとった「キタ」へ向かうコトに...。



時間的にはちょっと絶好な時間ば過ぎた感もあっとですばってん、40分後にはポイント到着。


豪快に潮は流れ続けよっとですばってん、ベイトの数も少なさそう...。

































で、2時間40分後アタリも無く納竿...。

やっぱりちょっと早かったか、それともキタでキャストば始めた時間が遅すぎたか...。


遙か沖合いでライズ音は2回確認できたですけん、活性の高い個体も居るとは間違いなさそうですばってん...。

ワタクシめには釣りきらんやったですバイ...。





帰り際にエサ釣り師の御仁に捕まって、30分くらい自慢話ば拝聴するハメになったですバイ...。



で、睡魔に襲われながら帰宅...。







来週も潮周りの悪かですけん、キタば狙うにはちょっと条件的に良くナカですバイ。


っちゅうコトは今年の初スズキは次月持ち越しっちゅうコトになりそうですバイ(他の場所じゃ釣りきれんですけん...)...。







<今日のタックル>

~メバル用~

ROD:GRAPHITE-LEADER FINEZZA GOFS-792ULS
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:DAIWA 月下美人「月ノ響」 4lb
LURE:FINA 「ストロングまっすぐ」 1.5g
     OFT スクリューテールグラブ オレンジ
     SMITH メバームchibi パンプキングリーン、グロウ



~スズキ用~

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIOMASTER 4000
LINE:DUEL X-WIRE 27lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS
     DICE TRICK-STAR
     HALCYON-SYSTEM PENNY-SUCK



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。