本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨今すっかりハマってしもうたテヌ釣り。


とは言うても、実際はアタリ×2で40cm×1本っちゅう、とても誇れん釣果ですバイ...。


ワタクシめの自宅近所の大規模閉鎖水域も、春~夏場に架けてはテヌ釣りで賑わう場所の多かですけん、テヌが居らんコトはナカハズ。

実際、スズキ狙いでポッパーやスケーティングばしよる時にテヌの猛追ば受けたりしよったですけん、要は探り方次第って思うっですバイ...。







で、今日は自宅からクルマで5分の港へ。


昨日はカミナリに阻まれたですばってん、今日は北風の冷たかこと冷たかこと...。

昼間は比較的温かかったっですばってんねぇ~。



仕事帰りの軽装じゃチト堪える寒さやったですばってん、意を決して調査開始。


































70分経過。






ポイントは4ヶ所移動するもアタリすらナシ...。

おまけに3セット根掛りでロストするし。

なにせこの吹き付ける北風が、防寒着の隙間からお腹ば冷やすっですバイ...。



コレで完全に気持ちの折れたですもんねぇ~...。








しかし。

「ココなら居るハズ」ってヤマ張って挑んだっですばってん、見事に玉砕やったですバイ...。



テヌにも季節によって寄る場所、寄らん場所っちゅうとのあっとでしょうか?

もうちょっと気温の高い時期に来たら、確実にアタリくらいは拾えるって思うっですばってん...?






ま、こんな感じで当分は思い当たるポイントばシラミ潰しで廻って探るしかナカですバイ...。

効率は悪かですばってん、そのうち釣れるでしょ!!
















<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C S706L
REEL:SHIMANO ULTEGRA C3000改
LINE:DUEL X-WIRE 14lb
LURE:BARKLEY POWER-BULKY-HAWG 2in


スポンサーサイト
昨夜は幹部クラスの接待で帰って風呂入って速攻で就寝。

上司には違いナカですばってん、格が違いすぎて話が噛みあわんワケですよ。
気疲れっちゅう一番イヤな疲労感でいっぱいやったですバイ...。





で、今日は仕事帰りにまたテヌでも狙うかって思うたっですばってん、仕事途中から久しぶりの大雨。

雨だけなら何とかなるかなぁ~って思うたですばってん、ポイントに向かう途中に目の覚めるような稲妻...。

こりゃ完全にお手上げですバイ...。


結局、家に帰る以外方法のなかったワケですよねぇ~...。







ま、たまには雨でも降ってくれんと、日頃の生活で心配せんとイカンことの増えてくっですけん、恵みの雨とでも言うべきか...。


釣りの面で考えたら、ここ数日の異常に温かさで微妙に上がった水温が一気に冷却されるっちゅうコトで、オサカナの活性の気になるトコですばってん?


明日以降の釣行に影響の出るっですかね?









で、最近テヌば狙う時にワタクシめが使いよるリグのご紹介。

「Oリグ」


既にご存知の御仁方も多いと思いますばってん、コレ、ホント単純ですばってん良う考えられた仕掛けですバイ。


考案者の「オニさん」から許可ば得たですけん、堂々とご紹介できますバイ。


ホントはもうちょっと前からご紹介しようかって思うとったっですばってん、自分自身が釣果ば上げたワケでもナカし、ひょっとしたら地域限定的なメソッドかも知れんなぁ~って懐疑的なトコも正直あったですけん、まずは自分が試してみてからって思うとったワケですよ。


で、こないだ見事に釣果の上がったですし、オニさんからの許可も出たんで遅ればせながらのご紹介と相成ったワケですよ。


ソレまではマゾリグでロストの恐怖に怯えながらモゾモゾと探りよったわけですばってん、この「Oリグ」に出会ってからっちゅうもの、コストの低さからロストも恐れず果敢にハードボトムば探れるごとなったっですもんね。

正味1,000円弱で10セットほど作れるワケですけん、マゾリグ1個分より圧倒的に安いワケですよ。


そのうえ、テヌの居る場所でキャストしたらゴツゴツとアタリも取れるワケですし(今んとこアタリのあったとは2回だけで、うち1本ば獲っただけですばってん)、小難しいテクニックも必要ナカっちゅうコトで誰にでも取っ掛かり易いっちゅうとも好感持てるトコですバイ。




そんな「Oリグ」の詳しい造り方はコチラ



今後もこの「Oリグ」ば引っ提げて、気になる場所でテヌば狙って行こうって思いますバイ!!
(オニさん、ありがとうございました)


もうすっかり春ですバイ。


クルマでアチコチ周りよったら、温かいっちゅうより暑かったですもんねぇ~。

久しぶりに何となく汗かいたですバイ...。







で、帰りは先日テヌのアタリのあった港へ。


今日も懲りずにテヌば狙う...。




が、今日はやたらと船の往来の激しかっですバイ。

日も落ちたっちゅうとに、やたらと往き来する漁船軍団...。


投げても数m巻いたら次の船の近付いてきて、即回収の繰り返し。



コレじゃ釣りにならんバイ...。





っちゅうコトで、クルマで更に数分移動。

某河口部へ。





ココでテヌば見たり釣ったりしたコトは今まで無かったですばってん、テヌの回遊ルートとしてはある程度条件の揃ってそうな場所。

何にしてもキャストせんと始まらんとデスよ。






水面には無数のボラ。

アッチでポヨポヨ、コッチでポヨポヨ。



下げ止まりから上げ潮の動き出したタイミングですけん、底も丸見え。

灯りの挿すポイントはちょっと後回しにして、光量の少ない場所ば重点的に探ってみようって思うたっですバイ。















ゴトゴト。







ボトムば突付きながらワームが進む。







と、その時!!


























トコトコトコ

















コレは!!






前回はこのタイミングでアワセば入れたら、乗らんやった上にその後一切アタリの無くなったっですバイ。

ココは慌てず、そのままワームば進める。















ごごんっ


と、同時にティップが入る!!
























くあっ!!




















直後、ドラグば唸らせオサカナは沖へ走り出す。


ロッドば立てたら今度はボトムへ一直線。


今度はボトム付近でヘッドシェイク。




??? マゴチ ???




一瞬抵抗の収まった隙にゴリ巻き。

今度は水面でエラ洗い。



??? スズキ ???






その後も激しく抵抗するも、足元まで寄せたら比較的大人しくなったっですバイ。





ロッドば一直線にして、リーダー掴んで抜き上げ。
























テヌ・40cm。



ようやく釣れたですバイ。

40cmとメイタに毛の生えた程度ですばってん、狙って釣ったとは初めてですけん、ヒジョーに貴重な1匹ですバイ。




写真撮って早急にリリース。




その後は30分ほど粘るも反応無く納竿。









ボトム狙いで初めてテヌば掛けたワケですばってん、こりゃなかなかハマリますバイ。

シレッと買っとったAR-Cの「S706L」もようやく満足な仕事のできたですばってん、全くもって安心してヤリトリできたですバイ。
(っちゅうか、バラさんごと必死やったですばってん...)



コレで今後もより集中してテヌ狙いできそうですバイ。
















ちなみに明日は会社幹部の接待があっですけん、更新はオヤスミしますので悪しからず...。








<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C S706L
REEL:SHIMANO ULTEGRA C3000改
LINE:DUEL X-WIRE 14lb
LURE:BARKLAY POWER-BULKY-HAWG 2in


今日も暖かかったですねぇ~。


小春日和っちゅうかポカポカとした日やったですバイ。





で、仕事帰りに自宅近所の大規模閉鎖水域へ。




狙うはナカナカ結果の出らん「テヌ」。







時期が早い?


狙う場所が悪い?


やってる人間に問題がある?




...やっぱり問題あるんかね?







ナニはともあれリグを放り込んでみんとワカランワケでして。



根が荒い場所ですけん、マゾマゾリグじゃルアーが幾つあっても足りんですけん、ワームでモゾモゾ。


















反応ナシ。










やっぱり甘くはナカですよねぇ~。







アチコチ探るもバイトすらナシ。


そして時々根掛り。




お腹も空いてきた頃にまた根掛り。


ロッドば煽って回避。




...ん?  何か重かバイ?
















16カブ。



16cmアラカブ。


何となくホッとすっですねぇ~。

マルボウズば回避できたっちゅうコトでも感謝ですバイ。



キープ主義の御仁方には微妙なサイズですばってん、最近スーパーの鮮魚コーナーで見かけるアラカブ達は、15cmに満たないサイズの多かですよね?

アチコチで「アラカブの釣れん」っちゅうハナシば耳にしますばってん、15cm以下のサイズがスーパーに並ぶご時世。
プロの漁師さん方もこのくらいのサイズしか獲れんっちゅうコトでしょうか...?



とか何とか考えながらリリース。

たくさん子孫ば残してくれんね。









その後60分粘るもアタリもなく、空腹感もピークに至って納竿。



今日もテヌのアタリは取れんやったですばってん、コレについてはじっくり今後も探って行きますバイ。




そこまでテヌに拘らんでも? っても思いますばってん、一度乗りかけた舟ですけんねぇ~。

何とか今のヤリ方で出したかですバイ。





<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C S706L
REEL:SHIMANO ULTEGRA C3000改
LINE:DUEL X-WIRE 14lb
LURE:BARKLAY POWER-BULKY-HAWG 2in

今日は半日お買い物漬け。


毎週毎週、ナニをそんなに買う必要のあっとやろうか...?


日本人はお買い物好きっちゃ言いますばってん、アチコチとドコ行っても凄い数の買い物客。

天気の良かった事もあって、皆さん一斉にショッピングに出かけて来たっちゃろうねぇ~。






で、我が家のショッピングコースの一端に「ダイソー」の含まれとったですけん、前から気になっとったブツば買ってみるコトにしたっですバイ。


















大創餌木-1



数日前にも紹介した「ダイソーエギ」。

今回は2.5号と3号ば購入してみたですバイ。



カラーはピンクのみのようで、サイズは2.5号~3.5号までのご様子。
商品名も「ピンクエギ」ですけんねぇ~。
ちなみにベースカラー(地色)はマーブルのみ。






大創餌木-2



パッケージの裏面にはご丁寧に使用方法的なモンが書かれとったですバイ。
オオザッパじゃあっですばってん、実に基本的な内容。






大創餌木-3



で、コレが中身。
(写真は2.5号)

2.5号でも傘針は2本付いとっですバイ。
掛かりもヨカっでしょうかね?






大創餌木-4



オシリのアップ。

蛍光テープもちゃんと貼ってあっですばってん、何回か使ったら簡単に剥げそうな感じ...。
どうせならキレイに貼れよ...。







大創餌木-5



お顔のアップ。

ご丁寧にローリングスイベルの付いとっですバイ。
糸絡みの心配もナシ。

目も蛍光部品ば使用して、アイの部分にもオシリと同様、イイ加減な感じで蛍光テープの貼ってある(巻いてある?)っですバイ。






造り的にテキトーな感じの漂って来っですばってん、シンカーも丸型で根掛りし難い形状ばしとっですバイ。

意外と根の荒いポイントで活躍すっかも?





何にしろ、「それなり」な造りで105円やけんやっぱり安かですバイ。

初めて入るポイントやら根の荒うして根掛り連発するごたっポイントには「行ってコイ」的な使い方の出来てパイロット的役割ば果たしてくれそうな感じですバイ。






あとの問題はその性能ですばってんね...。
動力性能っちゅうか、エギの命でもある動きがどぎゃん感じなのか...?


コレで動きも満足行くごたっ仕上がりやったら、結構侮れん存在になるかも...?
シンカーや巻き布は釣具屋に売っとる自作用パーツでどぎゃんにでもアレンジでくっですけんねぇ~。



黒鱒用のルアーもメッキやセイゴ、もちろん黒鱒にも威力ば発揮して、予想外の釣果ば齎してくれるコトは周知の事実。


このコストパフォーマンスの高っか「大創疑似餌軍団」に満を持して(?)投入された「大創餌木」。

果たして名作なのか駄作なのか...?

おいおい使ってみて、そのうちレポートしようって思いますバイ。

ヨメの許可ば得て、早朝から某サーフへ。


3年前の丁度今の時期、ヒラメ釣りに通ったサーフ。

ただここ数年、この辺でヒラメのハナシはぱったりと聞かんごとなったっですばってん、この時期になったらどうしても気になってしまうっですバイ...。

釣れよった頃の釣れっぷりはカナリのモンやったですけんねぇ~。

サイズ的にはソゲクラスばっかりやったですばってん、1人2~3枚は釣れるし、外道でテヌも混じるっちゅうコトで、わざわざクルマで一時間かけて通う価値は十分にあったっですバイ。







で、今日は。








5時前にポイント到着。

空には煌々と満月の輝いとって、ヘッドライトナシでも磯場ば歩ける程の光量。

加えて大潮の上げの3分っちゅうコトでサーフの大半が干上がっとる感じ...。

こっから2時間ほどで一気に100cmほど潮位の上がるっちゅう潮周りなんで、とりあえずキャロライナリグで根魚でも狙ってみる事に。




















根掛り×5でアタリ無し。

割りに合わん...。








そうこうしよるうちにある程度潮位の上がって来たですけん、ミノーに切り替えてまずはスズキ探し。


ベイトの流入のあれば大爆発する可能性ば秘めとる場所でもあっですけん(人生初のスズキサイズはこのポイントやったですバイ)、淡い期待ば込めてキャストば繰り返すも無反応...。




岸に打ち寄せる波の音以外何も聞こえん静寂の海。




西の空に浮かぶ満月が雲間に隠れ出したとほぼ同時に、東の空がうっすらと明るくなってきたっですバイ。


ヒラメ狙うにはココからが大事。


特にこの場所の特徴として、沖合いよりも足元の磯周りに付いとるケースが多かっですバイ。

むしろロングキャストでバイトしてくるケースはテヌの方が多かったですもんね(過去の話)。



















60分経過。






すっかり明るくなってしもうたですばってん、目視できた海洋生物は

・ボラ
・アジ
・ナゾの極小ベイト
・ミズイカ
・ウミウシ


...こんな感じ。






特にミズイカについては500gサイズがルアーば猛追してきたり、真っ黒になった200gサイズが2~3匹足元までルアーば追い回したりと、妙に活性の高っかっですバイ...。




とりあえず周囲250mほどのサーフばランガンして、ヒラメやテヌのチェイスが皆無な事ば確認。

今日タマタマ居らんやったのか、もうこのポイントに寄って来る事がナカっちゅうコトなのかはさすがに今日一回だけの釣行じゃワカランですけん、今後も機会のあったら調査する価値はありそうですバイ。
ベイトは豊富なワケやし...。





で、ミズイカの魚影の濃さば考慮してエギングしてみる事に。






と、さっきまでハデにルアーば追い回しよったミズイカ達はエギば見るや否やクモの子ば散らすように忽然と姿ば消したっですバイ...。







「なんか呪われとっとやろうか...?」






そういう考えが自然と湧いてくるほど釣果に恵まれん時間が刻々と過ぎていって、そろそろタイムアップが近いかなぁ~っと思いだした頃にヨメから着信。




「どうせ釣れとらんとやろ? 早う帰って来んね。」




コレはヨメが仕組んだ謀略やろうか...?

何でアンタはそこまで見透かすかね?





で、最後の一投。




















ぐ~んぐ~ん
















くあっ!!
















なんせ最近のエギングは「カラマレッティ」の高感度に慣れきってしもうとったですけん、代用のAR-Cじゃいつ乗ったとかもワカランやったですバイ。
















泣きの200g。



もうこの際、サイズ云々はヨカっですバイ。

4時間半、歩き続け竿振り続け、今日唯一の魚信&ゲットで何とかボウズ逃れさせてくれただけでホントに感謝...。



写真撮って、優しく腹打ちリリース...。



で、門限が迫ってきたんで急いで納竿...。














今回は上げのタイミングで満潮潮止まりまでの釣行やったですばってん、そう言えば以前は下げ狙いで通いよった気のすっとですもんね...。


来週は丁度逆の潮周りですけん(朝マヅメに下げる)、気持ちの変わらんやったら行ってみようかなぁ~って思いますバイ。



ただ、潮動かなそうやなぁ~...。















<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C S706L
REEL:SHIMANO ULTEGRA C3000改
LINE:DUEL X-WIRE 14lb
LURE:BARKLAY POWER-BULKY-HAWG 2in
     ima sasuke-SF95
     HUMP gu:s 125F
     TACKLE-HOUSE TKLM 9/11
            TKLM 12/18
            CONTACT-FEED・SHALLOW
            SINKING-SHAD
     AIMS ARROW-HEAD 120F
     JINGO SQ-EASY-ROCKETEER 3.5号
     YAMARIA エギ王Q浅 3号

今日は寒かったですバイ...。
雪も降ったですしねぇ~。


他県じゃ積雪もあったデスか。
ご愁傷様です...。






降っては止みを繰り返しよった雪も夕方には雲ごと消え、風も何となく緩うなってきたっですバイ。



「コレは!!」と言うことでとある港に18時過ぎに到着。


今日は大規模閉鎖水域じゃのうして、外海に面した場所ですバイ。

前に足元ばユッタリとデカテヌの泳ぎよったとば数回見た記憶もあっですし、カニの巣穴も沢山あるとは知っとったですけん、前々からそのうち攻めてみんばねぇ~って思いよったトコロ。



今日の寒さからして日没後はかなりシンドくなるハズですけん、短期集中でマゾマゾ。

んで、数投目
















くいくいくい

























くあっ!!
(ひさびさ)





















コレがテヌの引き?

何か軽うない...?

















20カブ。



ナルホド...。

ま、久々の釣果やけんヨシとするか...。















その後も




















18カブ。



18カブ。







他に本命のアタリとオボワシキもんが1回(早合わせでバラシ)、マゴチっぽいアタリが1回あったですばってん、いずれも結果ば出せず納竿。







何となく久々に楽しめた釣果やったですバイ。

テヌには今日もお目にかかれんやったですばってん、楽しみは後に取っといた方がヨカですバイ。








<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C S706L
REEL:SHIMANO ULTEGRA C3000改
LINE:DUEL X-WIRE 14lb
LURE:TIEMCO ENIGMA
     BARKLAY POWER-BULKY-HAWG 2in

あっちゅう間に1月も終わって今日から2月。


先月は仕事も釣りも今ひとつやったですばってん...?


今月はしっかりせんとですね。






で、仕事帰り釣行でもしてみるかって思うたっですばってん、さすがに今日の寒風は仕事帰りの軽装じゃ凌げんやったですバイ...。

一応ポイントには立ってみたっですばってん、寒さと風の強さにさすがに断念したですバイ...。
また風邪ひいたらアホですけんねぇ~...。



仕事自体もそんなに早い時間に終わったワケじゃなかったですけん、今日はそのまま帰宅。

結婚してからっちゅうもの、さすがに釣りについてはスロースターターにならざるを得んですばってん、ココは我慢するしかナカですもんね。







週末はちょっと目先ば変えた釣りモノでもしてみるかって考えとっとこですバイ。

スズキもそろそろ帰って来る頃でしょうばってん、少し様子ば見ようかなと...。




例年なら「今年の目標」ば掲げる時期(遅かデスかね?)ですばってん、今年はあえて目標は立てずに行こうかって思いますバイ。

目標に囚われたら達成に向かって無茶な釣行とかしてしまうっですばってん、今年はその枠ば設けんで自由にやってみようかなぁ~っと...。





別に「ネガティブシンキング」じゃナカですバイ。

逆に「自由」ほど難しいモンはナカですけんねぇ~...。


「爆速ブロガー」としても責任ある釣果は上げんとイカンですし...。



ま、ボチボチやっていきますバイ。




それでもあえて目標立てるとしたら

「釣りを楽しむ」

ですかねぇ~?
「原点回帰」っちゅう意味で。


型や魚種に拘らず、一回一回の釣行ば楽しめればソレでヨカかなぁ~っと。








...っちゅうても、狙ったオサカナの釣れんやったらやっぱり「イラッ」とすっとでしょうばってん...?



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。