本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は風の強かったデスねぇ~。



ヨメの実家で過ごしたっですばってん、強風に乗って「スギ花粉」が大量に家屋内に舞い込んで来やがったワケですよ。


今年は珍しくウイルステロにヤラレとらんやったワタクシめ。

例年花粉症なんて縁の無かったヨメが花粉にヤラレとるトコば見ながら、「花粉症ってツラかやろ~」と、いつもの年の逆の立場を楽しんどったっですばってん、今日の猛攻でついにワタクシめの中で眠っとった「Ige抗体」が目ば覚ましたごたっとですバイ...。



目のかすんで、鼻水→くしゃみ→涙→鼻水...


この魔のスパイラルに突入してしもうたっですバイ...。



ヨメの実家がとある山の頂上付近っちゅうコトで、辺りば見渡せばスギの山ばかり...。

国有林なんてほとんどスギですもんね。


こりゃ一種の「公害」じゃナカっでしょうか...?


んで、家に帰って来たらくしゃみも鼻水もキレイに止まってしもうたっですバイ...。

我が家の回りにもスギはあるっですばってん、ヨメの実家に比べたら密度はそんなに高うナカですけん、コレも影響しとっとかなぁ~...?





今日から明日にかけて風の強うなって海もオオシケのごたっですばってん、こぎゃん日はヒラ釣り師の御仁方が我先にと得意な磯場の先端に集結しよっとでしょうかね?



ワタクシめもブログばオヤスミしとる間、実はセコセコとヒラ釣り用の道具の再編成ば行いよったっですバイ。



ダイワ(Daiwa) NB-3502 ネオブーツ
ダイワ(Daiwa) NB-3502 ネオブーツ


ダイワ・ネオブーツ。

某釣具量販店の激安スパイクブーツなら持っとったっですばってん、磯場ば行き来するならやっぱり長靴が一番ヨカっですバイ。
チョッとの水溜りでもジャブジャブ行けるし、波被るのも当たり前でしょうけん、なるべく濡れるのを最小限に防ぐなら長靴に勝るモンはナシ(ウェットスーツやウェーダー以外で)。

スパイクだけじゃ不安やし、ましてフェルトでコケの生えた場所ば歩けば自殺行為ですけん、両方付いたヤツが一番安心できますバイ。

ま、コレがあるけんっちゅうて100%安全ってワケじゃ勿論ナカっですばってんね。

ヒラ狙い以外でも使い道は長靴の方が多か気のすっですバイ。





東レフィッシング(TORAY) ソラローム シーバスレイジングウォーター 150m
東レフィッシング(TORAY) ソラローム シーバスレイジングウォーター 150m



東レのナイロンライン。

基本的にヒラ狙いの時って風と波と闘うイメージのあっとですばってん、風の強い時に障害物の多い磯場でPEラインば使うとはワタクシめのごたっ初心者に毛の生えた程度の人間にはムリなハナシ。
キャストする時間より、風の為にできた糸フケで起こるライントラブルの処理に追われる事請け合いですバイ。

そんな時はやっぱり、原点回帰でナイロンが一番トラブルレスで使い易かって思うっですよね。

んで、どうせなら視認性の高いに越したことはナカワケでして。


号数は一般的に3号前後が最近の主流と言われる中で「弱気」とも思われがちな4号(16lb)。
ま、確実に獲れんと意味ナカワケでして。
元々、細糸のゲームに疑念ば持つワタクシめとしましては、太糸でのパワーゲームで確実に獲りたかワケですよ。


んで、コレをツインパワー4000PGに巻いて完成。

が、スプールに「ナイロン4号:150m」って書いてあるにも拘わらず、130m程度しか巻けんやったっですばってん?

ラインが少し太めなんかね?
ま、元々メーカーの公称サイズって結構曖昧なトコの多かですけんねぇ~...。







リバレイ RBB RBB ショートライフベストBV-03
リバレイ RBB RBB ショートライフベストBV-03



リバレイRBB ショートライフベスト。

コレのグレーを購入。


ライフジャケットって「亜米利加黒鱒用」のヤツは前に購入しとったっですばってん、収納がゼロに近かったっですもんね。

で、ヒラ狙いっちゅうたら磯場ば闊歩する釣りですけん、なるべく手荷物は少なめにして両手ば自由に使えた方がより安全に決まっとるワケでして...。

でもプライヤーやリーダー、ハサミやルアーなんかは当然無いと釣りが成り立たんっちゅうコトで、収納が多く、なおかつ信頼性の高いメーカーのヤツがヨカねぇ~って事で購入。

色は何でグレーにしたかっちゅうたら、やっぱり「目立つ為」。

ブラックやブルーは暗がりじゃ目立たんでしょうし、だけんっちゅうてレッドはさすがに気が退ける...。

で、暗がりでも目に付き易い「グレー」にしたワケですよ。

ま、落水してしもうたら何色着てようがあんまりカンケーナカとかも知れんですばってん...。











とまぁ、準備だけはしてはおったっですばってん、ドコに行ってイイやらも分からんですし、単独で荒れ磯に降り立つのは自殺行為ですけん行くに行けんし、これだけの装備ば持ちながらもまさに「宝の持ち腐れ」状態にあるワケですバイ...。



ヒラも釣ってはみたいものの、危険と隣り合わせっちゅうコトではそんなにお気楽な釣りでは決してナカですけん、今までのごとヒョイヒョイとヒマ見つけて独りでってワケにはいかんですもんねぇ~...。




いつか使う日が来るっちゃろうか...?







でも、どんだけ装備ば整えたけんっちゅうて、決して自然ば侮るような事ばしちゃイカンですバイ。

この程度な装備でも、荒波に浚われたら「ハイおしまい」ですけんねぇ~...。



もっと簡単なトコに目ば移しても、磯靴で磯場ば歩きよっても滑る事もあるワケですし...。


みなさんもくれぐれも道具ば過信せんごとしとって下さいね。
スポンサーサイト
え~。
一ヶ月ほど、何の前触れも無く完全放置プレイしとったワケですばってん...。


「ヤツは単独釣行中にムクロになったらしかバイ」
とか
「家で孤独死したらしかゾ」
とか
「チカン行為でお縄になっとるらしかバイ」
とか...。

実に様々な憶測の飛び交いよったごたっですばってん(?)、取り敢えずはシツコク生き延びとったですバイ。




イロイロと忙しゅうしてですねぇ~...。

半ばライフワーク化しとったブログもホッタラカシにせざるを得ん状態やったワケでして...。

何はともあれ、全く更新のされんブログば毎日200名前後の方々がご訪問頂いとったっちゅうとは有難くもあり、申し訳なくもあるワケですよ...。

とにかく申し訳ありませんでした。




先に言い逃れだけさせてもらえば、今後もしばらくは毎日の更新はちょっとムリっぽかっですもんねぇ~...。

不定期更新になってしまうっですばってん、ブログの更新自体ば放棄する事はナカですけん、次の更新ば気長に待ってくれんデスか...。














で、本題。










仕事帰り釣行もママならん日々が続きよった昨今、週末の金曜夜だけは今のトコ何とか釣行できるっですバイ。

で、大潮の下げ狙いでキタへ。


2週間前にも行った記憶の微かにあっとですばってん、何の収穫も無く家路に就いたっちゅうテイタラクで、コレが夢なのか現実なのか、未だに思い出せんとですバイ...。






ソレはともかく。






現場に到着すると、既にそこにはあのアーバンな四駆が。

誰あろう南部の虎狼・拾八南部氏、その人のクルマに違いナカっですバイ。



さすがにこういう好条件は外さんお方バイ。

早速迷惑メールば送りつけて現状の確認。



50cm1本。



ゲゲ。

目の前の海域はまだ流れのナカばってん、拾八氏御用達ポイントでは既に潮が動いとるっちゅうコトで、なおかつ実に久々にスズキの釣れる可能性のあるっちゅうコトバイ!!




こうはしとられん。




早速準備してお気に入りポイントへ。



しかし、この日は月輝面:96.8%の「ほぼ満月」。

移動中に足元の水面ば覗いたら、キレイに水底まで見えてしまう始末。

っちゅうコトは、裏を返せば「海水も澄んどる」っちゅうコトでして、スズキ狙うにゃ悪条件が揃いまくりっちゅうコトですバイ...。



しかし、投げる前から釣れるの釣れんの考えても同じ事ですバイ。


投げんと始まらん。





で、程よくヨレてきた流れにラウリスが差し掛かったところで...。

















こんっ


















くあっ!!

















もうどのくらい前に味わったかも忘れてしもうたスズキのアタリ&引き。


姿はまだ見えんばってん、サイズ的には恐らく40~50くらい。

ファイトは軽かばってん、本流に逃げ込んだときのトルクはさすがこの海域のスズキ。



で、足元まで寄せてフッキングが確実なことば確認。



ん~。

こりゃコマかバイ。



タモ使うまでも無く、AR-Cのバットパワーに任せて一気に抜き上げ。

5kg近かこの海域のランカーの走りば抑えるパワーば持っとるAR-Cだからこそできる芸当でしょうねぇ~。


で、難なくランディング。
















070303_43cm





43cm...。

サイズ的にはかなり不満の残るトコですばってん、キタでの今年初のスズキである事には違いナカですバイ。

ソレにホント久々の釣果ですけんねぇ~。


口角のジゴクに複雑に2本フッキングしとるフックばノロノロと外してリリース。

サカナが若い分、ダメージは少なめやったですバイ。







ココで流れが若干緩んだんで小休止。






5分ほど休んだトコで再び流れの出だしたとば見計らってキャスト再開。

狙うはランカーポイント。



流れは申し分ナカし、水量もまだそこまで下げきっとらんっちゅうコトで、全盛期なら間違いなく「居れば喰う」っちゅうシチュエーション。



狙ったポイントに着水後、慣れたコースばトレース。




ゆっくりとラウリスがポイントに吸い込まれて行く途中に
























こんっ



















くあっ!!



















が乗らず。














居るごたっばってんなぁ~...。









とりあえずバラシたんで、このポイントに見切りばつけてアチコチ叩いて廻って、別の場所でも1バラシ...。



どうも喰いの浅いっちゅうか、通常のアフター期のごたっ「ごんっ」って重いアタリじゃナカっですもんねぇ~...。








で、40分ほど経ってからさっきのランカーポイントへ。







水位はかなり下がって、狙うならもうあと数分しかチャンスのナカっちゅう感じ。



絶好のヨレのできるまで我慢して、潮目がポイントに当るとば見計らってキャスト。




狙いの場所に着水。



ゆっくりとラウリスがポイントに吸い込まれて行く途中に
























こんっ



















くあっ!!



















今度は間違いなく乗った!!


















...ばってん、ヤケに軽かバイ...。






抵抗しよっばってん、難なく浮いて軽々と寄って来る。

オサカナとしては屈辱の(?)水面滑水でゴリ寄せ。


こりゃひょっとしたら良型のメバノレか?


さっきのヤツ同様、AR-Cで抜き上げ。















070303_32cm



ぐぅ。

ラウリスの最小記録ばまたもや更新...。


屈辱の32cm...。



メバノレやったらヒーローやっとに...。




ま、何にしても今までの暗黒の時期から考えたら、釣れるだけでもアリガタイ...。



サクサクとリリース。







が、その後アタリも無く、その1時間後には潮の流れも早々に止まってしもうたっですバイ...。







お腹も空いてきたけん引き上げるかって思いよったトコに、同じく引き上げてきた拾八氏と鉢合わせ。



タップリと膨らんだドンゴロスの中には6本のスズキ。


10ヒットで6ゲットっちゅう、さすがな釣果。



しかし、拾八さんの御用達ポイントでもサイズが伸びんやったっちゅうコトで、この日はセイゴ~フッコクラスの2~4年魚がこの広い海域ば占有しとったっちゅうコトやったとバイねぇ~...。




2匹目の釣れた後、正直ラウリスからブル公に替えようかっても思うたっですばってん、この海域ではボトムトレース時のバイヴ以外はラウリスで通すっちゅう信念は今年も頑固に貫いてみようって思うとっですけん、替えきれんやったですバイ...。


替えとけばもうちょっと釣果の伸びたかな?



いや、変わらんやったろうなぁ~...。







しかし、去年の今頃はランカーラッシュやったはずばってん?


コレも過度な暖冬の影響やろうか...?





で、小一時間談笑して納竿&帰宅。



予定よりも1時間早く帰宅したもんですけん、ゆっくりと寝れてある意味良かったですバイ。

多分、あの後粘っても疲労ば増幅させるだけやったでしょうけんねぇ~...。









ま、ナニはともあれ3月に入ってようやく今年初のスズキば上げれたですバイ。

激しいスロースターターですばってん、今年は釣行回数自体が例年に比べて減るとが目に見えとっですけん、釣れてくれる一匹一匹に感謝ば忘れんごとせんばですバイ...。







<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIOMASTER 4000改
LINE:DUEL X-WIRE 27lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS サビアユ
               マイワシオレンジベリー
               ブラックイワシ
               チャートパール

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。