本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらくお休み頂いて、ようやっと落ち着いたですバイ。

今年の仕事の全部終わったごたっ気のしたですバイ...。

また、迷惑かでしょうばってん、今日から更新ば続けていきますけん、覚悟しとって下さい。







日夜仕事の猛追ば受けながら忙殺されんとしかかりよったワタクシめですばってん、
土曜日の日中に隙ば伺って、ワタクシめの釣りの歴史の発祥の地でもある「龍池」に、
亜米利加黒鱒
ば退治しに出掛けたっですバイ。

去年の夏に青物狙う傍ら、「メタルジグの早巻き」でチッチャイ亜米利加黒鱒ば苛めて以来の亜米利加黒鱒退治。

ホントはイカでも釣りに行こうかってお思いよったっですばってん、
雨+冷気でヤル気ゼロ。
連日の仕事疲れば考えたら、シャクリ続けるとも肉体的疲労で堪えるし、釣れんやったら精神的疲労も更に増すリスクのあっですもんね。

ココは無難に確実性ば取ったワケですばってん、何せ寒か!!

もともと熱帯性のサカナ相手やけん、寒いっちゅうとは致命的な気のすっとですばってん、時間もナカし、とにかくヤルしかナカバイ...。




覗いてみるばってん、亜米利加黒鱒の姿は見えんバイ...。

やっぱい寒かけんかね~?

で、そんな状況下で無謀にもトップから。





コンバットポッパーのポップ音が無常に響きよるバイ...。

が、たま~にライズのあっとですもんね。

サミーば使うたり、DOG-Ⅹば使うたりしても反応ナシ。



「何で跳ねよっとにTOPに出らんとかね?」



で、ワンダーに変えてもチェイスもナシ。


何かナカかなって思いつつ、メバノレ用に買って未だに釣果の上がらん

「Daiwa Dr.minnow」

にチェンジ。



と、コレが好結果。


亜米利加黒鱒1。


亜米利加黒鱒2。


亜米利加黒鱒3。


亜米利加黒鱒4。


亜米利加黒鱒5。



シバスにしたらセイゴの一斉検挙に等しい「弱いものイジメ」ですばってん、釣れるモンは仕方ナイ...。


その他、同じくらいの大きさんとが5本。

雨も降り続くし、寒うなってきたけん納竿。





しかし、同じ日に3人のバサーに出くわしたですばってん、みんな無口っつーか、ヒトの後ろば通るとに挨拶もナシかい!!って状況ですバイ。

マナーとかそんな以前の問題で、人間同士のコミュニケーションもこんヒト達には通じんとバイねって悲しゅうもなったですバイ...。




嗚呼、ニポーンも終わりバイ...。





<今回のタックル>
ロッド:SHIMANO BASS-RISE XT 25512
リール:Abu-Garcia 301M
ライン:Daiwa Hydro-Fine 0.6号
ルアー:
    EVER-GREEN  COMBAT-POPPER
    MEGABASS  DOG-X
    LUCKY-CRAFT WANDER80
           SAMMY
    Daiwa    Dr. Minnow
スポンサーサイト



たっくさん。
あなた様は、ひそかに長満野朗Aチーム君のバス記録ば塗り替えようとしてますね(笑)
ランカーは海だけにしとかんですか。

おいどんのシバス本気狙い釣行は前半戦は今週末がたぶん最後になります。
5月から7月いっぱいは、当ても無くあちこち、さまよおうかなあなんて考えてますばい。
深い意味はなかとですけどね。
【2006/04/17 23:56】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
拾八南部さん、
長満野郎Aチームさんは黒鱒が最も恐れる人型生物やし、神と崇められるに近い存在ですけん、とてもその領域にゃ踏み込めんですバイ。
太かとも釣りたかねぇってタマに思いますばってん、スピニングで本格的に狙うにゃAR-Cば持ち込まんばイカンですもんね。
でも、今度試してみようかな~って思いよりますばってん...。

しかし、5~7月はあちこち彷徨うとやったらムクロば拾ってやられんですバイ...。
今度会った時にGPSば渡しときますけん。
【2006/04/18 00:10】 URL | たっく #-[ 編集]
フフフ…。

ライズしよっても釣れんとはですねえ、そいがバスじゃなかけんですばい。

今の時期はヘラブナの産卵時期 (バスもですけど) で、のタマゴば狙いよる (と思われる) コイがバッチャンバッチャン格闘しよらすとですバイ。

ちなみに昔、オイドンと一緒にボート釣りしよった弟が4インチワームの常吉リグで
40cmくらいのヘラば釣り上げた事もありますばい。

あと、オイドンのランカー記録塗り替えは、普通に釣りしよる分には難しかかもしれんですばってん
ビッグベイト + スピニングの飛距離やったら十二分に可能性ありますばい。

オイドンは本当にウンザリするほど子バスば釣ってきて、子バスの数釣りの先に太かとはおらんて結論に至っとりますばってん
今の時期は普通に釣りしよっても結構50UP混ざったりしますけん期待大かもですばい。
【2006/04/19 20:04】 URL | 長満野郎Aチーム #JalddpaA[ 編集]
長満野郎Aチームさん、
なにー!!
跳ねるとは亜米利加黒鱒だけじゃナカっちゅうコトデスか!?
ちなみに当日、ライントラブルのちょっと面倒めなヤツのできたけん、カットして結び直しよったら、すぐ背後で結構大きめのライズ音のしたっですもんね。
その後物陰に身ば潜めてサミーば投げたですばってん、ナシのつぶてやったですバイ。

箆鮒も居るとやったですね...。
忘れとったバイ...。
【2006/04/19 23:33】 URL | たっく #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。