本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく待ちに待った週末バイ!!


コレだけば楽しみに頑張ってきたもんね。




ヨメの珍しい(?)計らいでマヅメにはキタに着いとったっですバイ。

気合十分。 鼻息猛薫。

そう言えば夕マヅメにこのポイントに入るとは初めてバイ。

ただ、まだ明る過ぎる気のするけん、とりあえず準備だけして車中待機。




ようやっと薄暗くなりだしたトコでキャスト開始。

流れは弱いながらも止め処ない。

ふぅむ。 釣れる気のしてきたバイ!!


















...一時間経過。






アタリすらナシ。

おかしかね?

で、かの拾八南部氏がいつもバイヴでチェックするポイントをラウリスでトレース。



















ごごんっ



















くあっ!!






















アタった感覚からしてそう大きゅうナカごたっバイ。

なかなか浮いてこんなぁ~。

コレはもしかして...















55cm。


思ったとおり、ドテっ腹にフッキングしとったバイ...。


ま、コレで新玉網にも魂の入ったバイ。
思ったより持ち重りもせんで扱い易かバイ!!


さっさとリリース。




が、その後が続かんバイ...。






拾八南部氏の特等席ポイントにコッソリ入ったら、チヌ釣り師の姿が...。

ほのかに輝く電気ウキば見よったら、気の遠くなってきたバイ...。





で、結局いつもの場所に移動。



が、今度はナゾのエサ釣り師の居るバイ...。




少し離れたトコでキャスト。
















アタリのナカバイ...。





ランカー記録は4回連続続きよるけん、途絶えさせとうナカし...。


ばってん、潮止まりの時間も迫って来よるしなぁ...。





確かに、流れ自体がかなり弱くなってきて、ヨレやタルミのできんごとなってきたバイ...。


イカンイカン。
ココで弱気になったら「こんオトコは独りじゃ釣りきらんとバイ。 やっぱい冷えジゴやったバイ」
(和訳:このオトコは独りじゃ釣りきれないんだ。 やっぱり根性ナシだったゼ!!)


って思われてしまう...。



うんにゃ。

ワタクシめは独りでも頑張るバイ!!















本流しか流れよらんばってん、1ヶ所だけ流れのぶつかるポイントのできよる...。





おお、アソコば狙わんでドコば撃とうか!!





























ドゥン























くあっ!!


















狙い通りにスマッシュヒット!!

こんな感じの流れの時に喰ってくる個体はデカかケースの多かとやもんね!!



本流に逃げ込もうが、真下に突っ込もうが、お構いなしにゴリ寄せ。




タモを持ち替えて強引に尻からタモ入れ(深さの60cmあるけんこそ成し得るワザバイ)。
















75cm



75cm-2




ん~。

ランカーに微妙に足りん...。




ばってん、贅沢は言えんバイ。



2枚目の写真で分るごと(ピンボケばってん)ラウリス丸呑みバイ。

エラから大量出血!!

何とバイオレンスなシチュエーション...。


サカナの血液は空気中じゃ固まらんで、水中に戻せば固まるらしかバイ。

幸い、フックは簡単に外れた。


腹ばいになって蘇生。


5分後、マウスクリッパーば振りほどくようにヘッドシェイキング。

もう大丈夫バイ。


大量出血やったばってん、比較的元気に大海原に帰って行ったバイ。






















が、ココで潮止まり。















何か物足りんで...。























27cm


拾八南部氏に習って、メバルタックルのカブラジグでオマケ追加。






もうヨカ。 納竿。

















<今日のタックル>


ロッド:SHIMANO GAME AR-C 906
リール:SHIMANO '05 BIO-MASTER 4000
ライン:Barkley ファイアーライン 30lb グリーン
リーダー:お買い得シーガー フロロカーボン 5号
ルアー:
 LITTLE-JACK  RAULIS
           <レッドゴールドサンバースト>
           <コノボラ>

ロッド:SHIMANO BASS-RISE XT 25512
リール:Abu-Garcia 301M
ライン:Daiwa Hydro-Fine 0.6号
ルアー:がまかつ カブラジグ 2g
スポンサーサイト



昨日は、帰りが遅くなり家で寝てましたばい。
ところで、3匹目の魚・・・
ヒラセイゴに見えるとけど、どがんでしたかな?
体高・尾の付け根の太さ・胸鰭の短さ・色等ヒラの遺伝子ば感じるとですけどね。
30センチ未満のセイゴって普通めちゃくちゃ貧弱なんで明らかに違うゴタ気のするとですけど気のせいかなあ?
目はクリクリ眼(マナコ)でしたかいな?
【2006/04/22 08:16】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
拾八南部さん、
3匹目は写真じゃヒラっぽかですばってん、実物はまるまるのマルやったですバイ。
目つきがマルやったですもんね。
体つきがガッシリ系やったけん、「もしや」って思うたですばってん、お生憎様やったですバイ。
暴れ方は尋常じゃなかったですばってんねぇ~...。

もしかしてハイブリッド?
【2006/04/22 15:53】 URL | たっく #-[ 編集]
たしかに3匹目はヒラっぽく見えますねえ、色といい、尻尾の具合といい…。

昨夜は拾八さんもヒラセイゴば釣ったらしかですし、謎ですねー。
【2006/04/23 07:17】 URL | 長満野郎Aチーム #JalddpaA[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



管理人の承認後に表示されます【2006/04/23 08:49】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。