本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焦って家ば飛び出して、イソイソとポイントに到着したワタクシめの眼前には、まだ上げ潮の流れよる海面の広がるだけやったっですバイ。






















しもうた。 時間ば読み間違えた...。














仕方なしにエギングば試みるも反応ゼロ。





メバノレば狙うも、フグにワームば噛み切られて釣りにならん状態。






仮眠とったら寝過ごしそうやし、どぎゃんすぅかねぇ~...。




















って途方に暮れとったら、背後にクルマのエンジン音が...。










おお。 このアーバンな四駆は誰あろう「拾八南部」氏!!





で、潮が動き出すまで小一時間、拾八南部氏との時事放談。








そんなこんなで下げが流れ出したんで、ライトタックルを振るう拾八南部氏に別れを告げて、独りいつものポイントへ。






さすがに大潮。
流れも強烈で、逆にポイントの絞り辛い状態。





















で、ライズはタマにあるものの、アタリが妙に小さかっですもんね...。



いつもの「ドゥン」とか「ごごん」とか明確なモンじゃのうして、「こっ」とか「とんっ」とか、アワセる間もナカほどの超ショートバイトの連発。






そんな中、足元で50クラスのライズ!!







長満野郎Aチーム氏に習って、チョイ先キャストでデッドスロー。




白い魚体が水中から「ゆら~」っと現れて、ラウリスを真下から食い上げる瞬間が丸見え。




が、コレも乗らず...。


その後反応も無くなって、本流からもアタリの消える...。


コレはマズイ状況バイ...。





まぁ、コレまでの北征があまりにも好釣果の続きよったですけん、確かにそろそろコケてもおかしゅう無い頃。


いつもは2箇所のポイントば行ったり来たりするだけですばってん、さすがにたまらず考えられるポイントすべてでキャスト。





実に最初の一投から3時間が経過しとった...。



翌日には法事もあって、いつものごと朝マヅメまでチャレンジできんし、実質タイムアップ寸前...。




ふと駐車場に目ばやったらヘッドライトのウロウロしよる。

拾八南部氏があの辺りでウロウロしよる時は大抵獲物ばセシメタ時。

さすが、キッチリ結果ば残す御仁バイ...。




で、友人Dがよくキャストしよるポイントからキャスト。

ヨレがイイ感じに入ってきよるけん、逆にコレで出らんやったらもうムリってな状況。

時間的にも完全にロスタイム。
ヨメから言われた門限まであと15分って、このまま荷物まとめて帰っても、到底間に合わん。


コレで出らんやったら諦めよう...。



































ごごんっ


























くあっ!!































今日、ようやくマトモにヒットしたサカナバイ!!

逃げられるワケにゃイカン!!


本流に逃げ込むところばバットパワーで強引に引き寄せて、足元で勝負。




ん~。 60チョイってところやろうか...。





























65cm。



65cm。


思ったよりもほんのチョッと大きかったし、この状況で上がったとは、自分の中で価値の高い1本ですバイ!!


ブツ持ち。


久々のブツ持ち写真。
撮影は拾八南部氏。
自分の釣りの手ば休めて、わざわざ撮影してくれたですバイ...。
ありがとやんした。






で、蘇生に10分くらい掛けてリリース。






それから電光石火で帰り支度して、拾八南部氏と別れば告げて帰宅。























ここんとこ、回を追うごとにサイズの小そうなりよっですばってん、とりあえず何とか確実に1本は上がりよっですバイ...。


いつまで釣れ続くかワカランですばってん、当分はラウリスで貫き通しますバイ...。









<今日のタックル>


ロッド:SHIMANO GAME AR-C 906
リール:SHIMANO '05 BIO-MASTER 4000
ライン:Barkley ファイアーライン 30lb グリーン
リーダー:お買い得シーガー フロロカーボン 5号
ルアー:
 LITTLE-JACK  RAULIS
           <レッドゴールドサンバースト>
           <コノボラ>
           <マイワシオレンジベリー>
スポンサーサイト



おお!
写真無事届いたゴタっで一安心ですばい。
秘蔵のエロ画像間違えて送らんごとハラハラしてましたばい。
【2006/04/29 22:01】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
 某有名釣具屋諌早店の品揃えが、大変よくなってました。
長崎店よっかよくなっとるかもしれんです。
そんな中に、ヤフオクでもお目見えすることの無かったラウリスを見つけました。
そいばってん、やけにデカイ気がして、購入せんかったです。(性格に言うと財布に1,000円しか入ってなかった。)
かなりデカイ気がしたんですが、たっくさんのラウリスのサイズはいかほどなんでしょうか?
【2006/04/29 22:34】 URL | まつしん #-[ 編集]
毎年の事ながら、徐々に状況は厳しゅうなってきよるごたっですねえ…。

しかし、そがん中でも確実に釣果ば出すとは流石の一言ですバイ!

毎年、6月以降は拾八さんや父が戦線離脱するため、オイドン一人で調査しよる状況やったですけど、今年はたっくさんもおらすけん
新たな発見のあるとじゃなかかて期待しとりますばい♪
【2006/04/29 23:13】 URL | 長満野郎Aチーム #JalddpaA[ 編集]
拾八南部さん、
正直、「秘蔵のエロ画像」の方ば欲しかったですバイ...。
今度機会のあったら是非...。
【2006/04/30 00:26】 URL | たっく #-[ 編集]
まつしんさん、
ラウリスは限定色こそあれど、色が違うだけで大きさ・重さは一種類しかナカっですバイ。
133mm、28g」っていうたらフツーのシーバスロッドで背負えるウエイトの限界点ですもんね。
ワタクシめの愛用しよる「AR-C」やったら、7~42gまで背負えるけん楽勝で投げれる分、あんまり気にならんとですよ...。

フツーのシーバスロッドで言うたら、パワークラスで「M」以上になっでしょうね。

ラウリスば投げるために、今使いよるタックルに負担ば掛けるワケにもイカンですけん、慎重にご検討アソバセ。
【2006/04/30 00:31】 URL | たっく #-[ 編集]
長満野郎Aチームさん、
昨日も拾八さんと語りよったっですばってん、ワタクシめ的には梅雨明けまでは行けるだけ行ってみようって思うとっですバイ。

何せ、梅雨の明けたら待ちに待った青物シーズンになっけんですね...。

青物との両立は正直キビシかかなぁ~って思いますばってん...。
【2006/04/30 00:35】 URL | たっく #-[ 編集]
秘蔵物件ならば麿の秘宝館に・・・おっとっと(笑)

梅雨明けまでには北の地へ一度ご挨拶に伺わせていただきたいと思ってますばってん。。。

ps:リンク感激ですばい!相互さしてもらいましたですm(__)m
【2006/04/30 10:10】 URL | 魚々麿 #-[ 編集]
マッツンも昨日行ったとですけどダメでした。

メール送ったので宜しくです!
【2006/04/30 19:30】 URL | マッツン #-[ 編集]
魚々麿さん、
秘宝館デスか...
是非、迷い込んでみたかですバイ...。

梅雨明けくらいまでは何となく釣れるっちゃナカかな~って思うっですばってん、こないだの状況ば見よったら、疑問符の残るトコですバイ。

来らるっとやったら早めがヨカかもですバイ。
【2006/04/30 23:19】 URL | たっく #-[ 編集]
マッツンさん、
こちらもメールお返ししたですバイ。
よろしくお願いしますバイ!!

【2006/04/30 23:21】 URL | たっく #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



【LureLife様より】 堤防には明らかに最近着いたと思われる勝利の印!!墨跡... LureFishingNews【2006/04/30 10:12】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。