本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグベイトの釣りに急に目覚めて2週間。

急速にその数の増えていきよっですバイ。






そして今日届いた新入り。
























「KUDZIRA M-TYPE」














最初に手にしたクジラが「S-TYPE」で実質5.5~6インチ。

それに対して今度の「M-TYPE」は7インチ。

1インチ≒2.6cm。

2.6cmっちゅうたら普段の生活じゃそう大差のないような大きさに思えますばってん、ルアーのサイズとなると全然変わってくるっですバイ。




クジラ兄弟。


ちょっとボヤけとっですばってん、差は歴然。

この差がそのままアピールの差になるっですバイ。


かの長満野郎Aチーム氏が愛用して数々のランカーば引き連れて来よるとも今回購入した「M-TYPE」。

同じルアーば使ったところで同じような釣果ば出せるとは考えにっかですばってん、扱いやすさはピカイチやけん、きっと活躍してくれるに違いナカですバイ。



で、気がついたらビッグベイトと呼ばれるルアーが結構な数に増殖したっですバイ。


①クジラ:Mタイプ
②クジラ:Sタイプ
③ニトロベイト
④ジェネリックトラウト3D(長満氏からの授かりモノ)
⑤ナゾのブルーギル型スイムベイト(長満氏からの授かりモノ)
⑥トリプルインパクト 130
⑦トリプルインパクト ジョイント 120
⑧トリプルインパクト リップレス 140
⑨ウオデス 乙型 小


今後もスイムベイトの代表格「タロン」が加入予定。



いつまでこの過熱的な「ビッグベイト病」が続くかワカランですばってん、ジワジワと増え続けて保管場所に悩むことになるって思いますバイ...。


スズキにも使えるハズやけんね。
大事に使わんば...。
スポンサーサイト



拙者も在庫ルアーの中から、幸運クラフトのリアルベイト、シマノのダブルインパクト、恐竜の夜丸ミノーば発見したんでヒマな時、淡水で試してみるでござる。
【2006/05/22 20:36】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
拾八南部さん、
タマには淡水もヨカですバイ。
タックルはシーバス用ば転用できるし、塩ヌキにもなっですバイ!!

ただ、出会う釣り師は皆寡黙やけんオトロシカですばってんね...。
【2006/05/22 22:03】 URL | たっく #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。