本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日2回目の更新。



最近のキタの状況っちゅうたら...。

①潮の流れる時間は1時間前後

②スズキの活性の上がるのは30分前後

③雨が多い

④カタクチイワシの大量接岸

って感じですバイ。


③については気象的なモンやけん仕方なかっですばってん...。

潮の止まるのも昼潮に変わった証拠。

しかし、日中に下見したらスズキの姿は確認できるっですけん、要はコイツらがクチば使ってくれれば釣れるのは間違いナカはず...。



ただ、④のベイトが敷き詰めたごと入っとる状態で、ルアーば見つけて食いつくっちゅうとも、宝くじに当るようなモンかも知れんとですばってんね...。



いろいろ考えながらポイントに車ば走らせよったら、見慣れたアーバンな四駆が。

南部の虎狼、拾八南部氏。

聞くと、アタリすらまだナイとの事。

確かに。 流れも全くナカ状態バイ...。


さっさと準備済ませていつものポイントへ。



と、急に強烈な流れが...。


「むむ。 このチャンスば逃したら今日は終わりかも知れん...」




で、急ぎ足でお気に入りのポイントに到着。


ジャレあいよる2匹の仲良しニャンコば足蹴にして追い払って、状況確認。
(ワタクシめはニャンコアレルギーやけん、ニャンコは好かんとですバイ)



流れがイイ感じで入ってきよるバイ。


で、キャスト開始。

まずは足元から。

オシャレの基本もスズキの基本も足元からバイ。



ラウリスをピックアップ寸前、








どぼんっ











おお!!












一瞬だけサカナの重みの乗ったばってん、あっさり抜ける。


居るバイ。



足元は諦めて、沖合いのヨレの部分にキャスト。


























ごんっ























くあっ!!






















と、アワセば入れたと同時にスッポ抜け。







うむ、活性は高っかバイ。

しかし、何で乗せきらんとやろうか...。









今日も時合いは短いと拾八南部氏と踏んどったコトもあって、ラウリスに拘るとば止めて、喰らい付いてきた同じ個体ば別のアクションで狙う作戦に変更。




イタズラにルアーサイズば落としてしもうたら、このベイトの嵐の海況じゃ目立たんと思って、ルアー選択。


選んだとは黒鱒用の「アクセルジャーク・フューラ」


4連結のジョイントルアーはこの海峡のスズキは未体験なハズバイ。





ヌラヌラと流れの中ば漂わせよったら...



























ごんっ



























くあっ!!






















今度は確実にフッキングしとるバイ。




エラ洗い一発。




コレも交わした。




4~5秒経過。
久々に5秒近くスズキと格闘しよるバイ。

潜る、ソレも交わす。


手に伝わるパワーからして50~60cm台。

コレば逃したら今日はもうナカかも知れん...。


で、エラ洗い2発目。



























すぽんっ





























son of a bitch!!

















それから2分後、流れが止まる...。






ノソノソと歩いて駐車場の方へ向かうと、拾八南部氏の姿が。


拾八南部氏も1バラシやったとの事。







その後、相談して死魔へ渡ることに。


最初のポイントについて、車から降りて状況ば観てみたら...




ナゾの電気ウキが2つと釣り師の姿が2つ。








...諦めて対岸へ。



ココは無人。

潮流が想像以上に早うして、なかなかイイ感じ。



こりゃ釣れるかも知れんバイ...。
























60分経過。




ワタクシめにショートバイトが2回あったのみ。

が、ライズは沖合いで結構あってる様子。



と、拾八南部氏の目の前でライズ。


その場所を通すように拾八南部氏がキャスト。



その数投目。























どぼんっ
















予想に反する激しいエラ洗い。

拾八南部氏の高級ロッドもキレイに曲がっとるバイ。


助太刀の為、タモを手に拾八南部氏の元へ駆け寄ったら...


















痛恨のフックアウト...。









その後、2人ともアタリも無く、空も白み始めて納竿。










































...っちゅう、すごくリアルな夢ば見て、目の覚めたとは午前11時やったっですバイ。



夢? 現実?





夢さねぇ。







...夢であってほしかですバイ...。














<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIO-MASTER 4000
LINE:Barkley FIRE-LINE 30lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS
     FABULOUS ADLIB・135
     YAMARIA BLUES-CODE 90C
     KANJI-INTERNATIONAL
        ACCEL-JERK FYRA

スポンサーサイト



夢と思いますばってん、デジカメに何故かフグの写真が・・・

朝10時目覚めたら、ハンドベアー漁港に居りました。

最近、二度と魚が釣れんような気がしてきましたばい。
【2006/06/10 20:12】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
拾八南部さん、
ワタクシめは何とか無事に帰りついたですバイ。

ワタクシめも何だかスズキの釣れんごとなっちゃなかやろうかって思うごとなってきたですバイ...。
【2006/06/10 20:28】 URL | たっく #-[ 編集]
オイドンも長い事北には行っとらんですばってんシブかごたっですねえ…。

あところで、たっくさんもフューラ持っとるですか!?
しかもスズキの喰ってきたとは!

オイドンもリップ付きのヤツば持っとるですけどまあだ一回も試した事なかったですけん試してみますばい♪
【2006/06/11 03:59】 URL | 長満野郎Aチーム #JalddpaA[ 編集]
長満野郎Aチームさん、
キタも極端に短い時合いで、いかにスズキにクチば使わせるかってコトで考えたらゲーム性は高っかっですばってん、ストレスは尋常じゃなく溜まりますバイ。

フューラはワタクシめが持っとるとはリップレスですばってん、完全に大場所向きですね。
湖じゃあっさり藻ダルマになって帰って来っですバイ。
リップ付きの方が潜らんでヨカかもです。
【2006/06/11 23:40】 URL | たっく #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。