本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はライトタックルでのチョイ釣りやったですばってん、小さいながらもフィッシュイーターのオンパレードで、ナカナカ楽しめたですバイ。



かの拾八南部氏も、ライトタックルの釣りば週末は楽しまれた様子。



夏場はメタルジグの遠投で青物ば追っ掛けまわす豪快な釣りも魅力ですばってん、ライトタックルで小物の数釣りば楽しめる季節でもあっとですバイ。


基本的に回遊待ちっちゅとうとは青物と変わらんとですばってん、群れにハマれば短時間で驚異的な数釣りば楽しめるし、タックルやルアーも軽量ですけん、何せ長時間キャストしても疲れの少ないっちゅうとも魅力ですバイ。



最近じゃキスもメタルジグで釣れるっちゅうコトで、今度試してみようかなって思うとっですばってん、メタルジグやスプーンで釣れる魚種って意外と多かっですバイ。


メッキ、セイゴ、コトヒキ、アラカブ、カマス、マゴチ、ソゲ、アジ...。


亜米利加黒鱒ですら、スプーンやメタルジグの水面直下高速巻きで、仔黒鱒の驚異的な数釣りのできるっですバイ。





...こうして考えたら、ライトタックルでの釣りっちゅうとも、決してナイガシロにゃできんっですバイ。

青物の釣れんやったら近場の漁港に行けば、上記の魚種のどれかは大抵居って、スレの進むまでは際限なく遊んでくれるっですバイ。


「狙ったサカナが釣れんやったらイライラする」っちゅう御仁は仕方ナカですばってん、ワタクシめのごと「何か釣れればヨカ」っちゅうミーハーなアングラーには、まさにうってつけですバイ。



高速回遊魚の接岸の遅れとって、今後もいつ釣れるかワカランっちゅう不安定要素の特に今年は強かですばってん、ライトタックルで狙えるチビッコギャングたちは、回遊ルートも限られて遊泳力もそこまで強うなかですけん、比較的一箇所に留まってくれますけん、狙うポイントも絞りやすかっですバイ。



昨今の原油高でガソリン代が庶民のフトコロに大打撃ば与え続ける今やけんこそ、少ないポイント移動でソコソコ楽しめるライトタックルゲームば改めて見直して狙ってみるっちゅうとも一興かも知れんですバイ...。





スポンサーサイト



メバルも釣れるし、夏場ならメイタや赤メイタ、クロムツもつれますばい。
夏場のタックルは、青物用とライト用と2種類積んどかんばですばい。
【2006/08/03 00:30】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
拾八南部さん、
何と!!
赤メイタも釣るっデスか!!
クロムツは何度か釣ったコトあっですばってん...。

軽めのメタルジグも買い込んどかんばイカンですねぇ~...。
【2006/08/03 22:27】 URL | たっく #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。