本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そう言えば、ついこないだまで「岸からの青物釣り」とか言いよったとに、最近じゃマスコミも騒ぎ立てて「ショアジギング」って言葉の生まれたとは多分去年辺りのコトですバイ。



メーカーやらマスコミの動き出したら、次々とソレに纏わる商品の出てきてベンリにはなるっですばってん、それに比例してその釣りばする人口も増加するっですバイ。



3~4年前は岸からメタルジグ投げよる御仁なんてあんまり見掛けんやったですばってん、最近はドコ行っても日のある時間帯はジグばキャストしよる御仁ば見掛けるっですバイ。




悪いコトじゃナカっですばってんね。

その分、サカナの学習能力の上がったらどうしようって勝手に心配してしまうっですバイ...。






ところで。

今年は例年になく青物の釣果のシブかって思うとっとは、どうもワタクシめだけじゃナカごたって安心しとっとですばってん、青物がヒットしだして1ヶ月近く経って、一つ見えてきたモンのあっとですバイ。











ヒットカラー。








今まで青物に対してはヒットカラーなんて考えたこと無かったですばってん、今年ほどシブイ年はポイントについてもですばってんカラーについてもソレなりにアタマば使う必要のあるごたっとですバイ。





去年までのワタクシめは、基本的に「自分に見易い色」ば選びよって、ソレなりに釣果の上がりよったっですバイ。

見易いカラーの代表格は何と言っても「ピンク」。


エギングのエギと同じでアピールカラーですバイ。
ターゲットにアピールして存在ば意識させるコトと同時に、アングラーからも視認性の高っかですけん、自分のルアーが今どの辺にあるとかが目視できるっちゅうメリットのあっとですバイ。


去年はピンクとブルーピンクの2本だけで釣ったごたっ感じやったですけん、正直この2本さえあれば大丈夫って思いよったっですバイ。








ソレが今年に入ってからは...。



ピンクやブルーピンクなどのアピールカラーでは釣果の上がっとらんとですバイ(ネリ+ヤズ限定。 ハガツオはピンクで釣ったですバイ。 エソもピンクには激反応)。





んじゃ何色? って?




















「ブルー系」ですバイ。





いわゆる「ナチュラル系」で、水色に馴染むカラーですバイ。

特にイワシカラー~濃紺色にアタリの集中しとる気のすっとですバイ。


全国的にイワシの不漁っちゅうとは去年から言われ続けよっですばってん、ことフィッシュイーターについても、やっぱりイワシがヨカってコトやろうか?


隣で釣行しよる友人D、ブログでアップしとる拾八南部氏のジグのヒットカラーはいずれも「シーフラワーのイワシカラー」ですバイ。


イワシカラーが効いとるとか、ヘッド部分のゴールドが効いとるとか...?

サカナに聞かんばワカランですばってん...?

ゴールド系はボトム付近で有効っちゅうハナシは聞いた事あっとですばってん、それぞれのヒットレンジがドコやったとか、本人達に聞いてみらんとワカランですバイ。



ただ、ワタクシめが今年ポツポツと釣ったネリ達は、すべてブルー系に反応してきたっですバイ。


ワタクシめの場合体力のナカですけん、基本的に投げたらボトムまで落として、ノーアクションの早巻きっちゅうワンパターンで攻めよるっですばってん、ヒットレンジは大体中層~表層。

要は光の十分に届いとるレンジっちゅうコトですバイ。


そのレンジなら、ワタクシめ個人的には今年はアピール系よりもナチュラル系の方に分のあるっですバイ。





皆さんはどぎゃんでしょうか?

今一度今年の今までの釣果ば振り返ってみたら、何なりか見えてくるかも知れんですバイ...。



ソレもあって、最近また買い込みよるジグはブルー系の増えたですバイ...。

思い込みの激しかですけんねぇ~...。



スポンサーサイト



色ですね~。
拙者、アロマ戦線ネリゴ4本中3本が海の花「イワシカラー」45g。
で1本がP-BOYジグ「青」45g。
P-BOYジグは色のついた部分は少しですばってん、おっしゃる通り青系ですばい。
ピンク系は、薄暗か時間帯とか、深いポイントば探る時によかとですばってん、今在庫ゼロで今年は投げてないんでなんとも言えんとですが。
ハガツオは過去の経験(沖磯)では、オレンジ系で良く釣れますた(当時一人勝ち)。
今年はズバリですばい。たぶん。
【2006/08/29 23:25】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
麿も「シーフラワー 鰯」でばっかりですばい!
お陰様で手元に海の花"鰯"が3本になってしもうとりますばい(笑)
他のルアーではアタリすら激減しとるのが実情ですもんね・・・
【2006/08/29 23:44】 URL | 魚々麿 #-[ 編集]
拾八南部さん、
魚々麿さん、

むむ。
さすがに両氏ともお気づきでしたか...。
「ブルー以外(ブルー×ピンクも含む)で釣果の上がらんなぁ~」って今年はず~っと気になっとったっですバイ。

こぎゃん書いとったら、明日には店頭からシーフラワーのイワシカラーの消えとっかも知れんですバイ...。
【2006/08/29 23:59】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]
お邪魔します。
勝手ながら僕の意見を言わせて貰うです。
青物 特にネリは見切りが早いんで、
活性により、上層より底層のうちに
食わせる事が大事になってくると思うです。
よってナチュラルよりアピール系が強いと思うです。
水深の違いが関係するとは思いますが。
【2006/08/30 00:02】 URL | リーバス #-[ 編集]
リーバスさん、
なるほど。
言われてみると、こないだの極南地区での釣果はシーフラワーのパープル。
黒やら紫やらのソリッドカラーは、シルエットのハッキリする分、アピール度の増しますけん、コレもいわゆるアピールカラーですもんね。

それ以外、聖地でする時はシャローエリアですけん、イワシカラーとかのナチュラル系に分のあるってコトですかね?

釣り場によってカラーば変えんばってコトですたいね。
【2006/08/30 00:09】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]
なるほどエギングやら鱸では
カラーの違いはよく言われてますよね。
ジグだってもちろんあるんでしょうな。

しかし当たりカラーを探れるのは
何より釣りに行ってる証拠。
いかにもこの間シイラ行きましたが
なんせ年1回の釣行ですからね…
シイラはあまり色には関係ないような感じしかしてません。。。
【2006/08/30 00:12】 URL | ひで@KINGFISHING! #-[ 編集]
ひで@KINGFISHING! さん、
人間も、食の世界じゃ色っちゅうとは重要視されとっですもんね。
お皿や店内のカラーにブルー系が使われにくいのも、料理ばおいしそうに見せる人間心理ば利用したモンですし、ランチョンマットや和食器の中が朱色なのも食欲ば刺激する為らしかですバイ。
他にも、蛍光灯の下でメシ喰うより、ボンヤリとした間接照明とか裸電球の下で喰った方が美味しく感じるっですバイ。

ソレと一緒で(?)サカナにも取っ付き易い色ってあっとでしょうね。

シイラには???あんまりカンケーなかっですかね?
マジシイラ釣ったコトなかですけんようワカランですばってん...。
【2006/08/30 00:27】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]
オイドンは今まで
「ルアーカラーは釣果に関係なか」 て信じて疑わんで生きてきたとですばってん

こないだ明るか時間帯に鱸釣りばしたとき、アピール系のカラーにエライ反応の悪か気のしたとです。

まあたった一回の釣行での事ですけん
こんだけで 「日中はナチュラルカラー」
とは言い切れんでしょうけど…。

どうも、ルアーの 「色」 は釣果に関係なか事もなかとかもしれんて気のしてきたような気のせんでもなかですばい。

【2006/08/31 07:04】 URL | 長満野郎Aチーム #JalddpaA[ 編集]
長満野郎Aチームさん、
釣果の振るわん時こそ「釣れるor釣れない」のハッキリすっですけん、少なからずとも「」っちゅうモンもカンケーあっとかも知れんですバイ。

っちゅうても、ワタクシめもこないだまでは特に気に掛けてもおらんやったっですばってんねぇ~...。
【2006/08/31 23:28】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。