本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は自宅から半径1kmくらいのトコで仕事の終わったっですバイ。


が、まだ日もあってまっすぐ帰るにゃ惜しい時間帯。


しかし、渋滞の中ばエギングポイントのある港まで行くとも時間のムダな気のすっとですバイ...。











そういえば、近所の大規模閉鎖水域で最近スズキの出よるってハナシば小耳に挟んだとば思い出して、晩秋~厳冬期まで続くスズキ狙いのリハビリも兼ねて、チラッと行ってみようかってコトになったっですバイ。







最近はエギングやら青物やらで、「気が付いたらヒットしとる」って感じの釣りしかしとらんですけん、スズキの一瞬のアタリば見逃さん為にも、やっぱり本番前にリハビリっちゅうか、トレーニングも必要かなって思うたっですバイ。















で、ものの5分でポイント到着。


















が、



























「風強っ!!」













仕事中は特に感じらんやったっですばってん、海沿いに着いた途端に強烈な北風の吹き荒れよっとですバイ。


例えで言うと車のドアが開かんくらい。




んで、普段は物凄く波穏やかで、多少荒れても表面がザワザワ波立つくらいやった場所が、なんとサラシの出よる...。




しかも、下げの7分くらいのタイミングのはずやっとに、やたらと潮位の高っかっですバイ。

今日の潮周りから言うたら満潮の時間帯の潮位と変わらんくらい...。







んが、こんな中でもサカナ達は採餌の為にこの海域ばウロウロしよるに違いナカはずバイ。







手始めにブル公でキャスト。
















フルキャストで10mほど飛んで着水。








やっぱり向かい風に真正面に投げても飛ばんバイ。








しかし、マトモに北風の当るポイントですけん、風裏っちゅうモンのナカっですバイ。




あっちこっちとキャストするも、最大で普段の3分の2くらいしか飛ばん上に、ラインが波にさらわれたり水面のゴミば拾うたりと釣りにならんワケですバイ。


時折、少し高めの場所の立ち位置のすぐ真下まで波の上がってきたり...。





完全に日の沈んだ後に、少しばかりの恐怖感ば覚えて、ソソクサと納竿。


リハビリとか何とか、そんなレベルのハナシじゃなかったですバイ...。





ちなみに今日は、県北の某タッ○ル○リーで久々に中古ルアーば買ったですバイ。

・X-80:568円
・コンタクトフィード・シャロー:568円
・ブルースコード・115V:398円



「安っ!!」


程度も悪うなかったですし、久々にヨカ買いモンしたって感じやったですバイ。

X-80は愛着のあるルアーですし、コンタクトフィード・シャローは夏前に無謀にヒラば狙って、沖合いの瀬に引っ掛けてロストしとったし、ブル公はキタで活躍するはずですバイ。

やっぱりタマには覗いてみるもんですねぇ~...。









<今日のタックル>

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO '05・BIOMASTER 4000
LINE:DUEL X-WIRE 25lb
LURE:YAMARIA BLUES-CODE・90C
     ima sasuke・SF95


スポンサーサイト



 たっくさんこんばんわ。
いつも、見てはいますが、お久しぶりでございます。
釣果らしい釣果がないので、特にコメントも寄せられませんでした。
 ところで、先日青物竿を購入し早速試してみたのですが、ジグが28グラムということもあったのか、底についてから高速で巻くとすぐに水面まで上がってきてしまいます。
そのまま、水面を引いてきてよいのやら、また底まで落とせばいいのかよくわからず、青物は釣れず、エソ様が3匹釣れただけでした。
ちなみに40グラムまで投げれる竿(超安いやつです)なんですが、青物釣ったことがないので、どんな感じで釣ればいいのでしょうか?
【2006/09/28 22:50】 URL | まつしん #0ecWsDRU[ 編集]
まつしんさん、
お久しぶりです。
お返事遅うなってスンマセンでした。

28gでも青物ゲームは十分成り立ちますバイ。
ワタクシめも最初の頃は、シーバスロッドに1oz以下のメタルジグでネリやヤズと渡り合いよったですバイ。
ボトムまで落として高速巻きして、水面割りながら早巻きで当時はボコボコ釣れよったですバイ。
今年は絶対数の少なかですけん、なかなかそうもイカンごたっですばってん...。

今年のパターン的には、ボトム付近のアタリの多かごたっですけん、ボトムまで落として少し巻き上げたらまた落とすの繰り返しがヨカごたっですね。

まつしんさんがドコでショアジギングしよらすかワカランですばってん、ソコの水深と潮の速さば考えてメタルジグの重さも考えた方がヨカですバイ。
水深が20m~30mあるとやったら40g以上、ソレ以下なら1ozクラスでヨカでしょうし、潮の速か場所なら同じく50g以上、そうでもナカならこれまた1oz以下でヨカって思いますバイ。

できればロッドは2ozくらいまで背負えるヤツがヨカですバイ。
本命ロッドはソレば基準に探したらどぎゃんでしょうか?

長文になったですばってん、参考になったでしょうか?
【2006/09/30 02:23】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]
 このコメントを見る前に、早朝から青物狙いに行ってみました。
残念ながら、60センチ級のエソが2本とそれ以下のが4本くらい釣れただけでした。
たぶんですが、きっと青物は寄ってなかったのではないかと思います。
腕がなかっただけかもしれませんが・・・
釣れたのは40グラムのジグでした。
浮き上がるのが遅いので、28グラムよりかは釣りやすかったですが、なんせ1匹釣ってみんことにはいまいちよくわかりませんね。
河口なんかにも寄ってくるもんなんでしょうか?青物は?
【2006/09/30 11:15】 URL | まつしん #-[ 編集]
まつしんさん、
要はサカナにジグば発見してもらわんとイカンワケでして、そのためにはサカナの居るレンジば見つけ出して、そっからジグば追わせんコトには始まらんワケですバイ。

手っ取り早かとが「底取り」からの巻上げですばってん、今年はフォール中のバイトも多々ありますバイ。
フォールの時間ば稼いだり、ジャークした時のスライド幅ば大目に取るには軽めのジグが有利ですし、飛距離&メリハリのある動きば出すにゃ重めが有利ですバイ。
一長一短あっですけん、どっちがヨカっても言いにっかですね。

ソレにしても今年は今年からショアジギングば始める御仁方には試練の年ですバイ。
あまりにも接岸する個体の少な過ぎですけん...。

ちなみに河口域でも回遊さえあれば釣れるハズですバイ。
ワタクシめも去年、河口域じゃなくて川でハマチば目撃したことあっですバイ。
ただ、外海に面した場所が圧倒的に有利なコトは間違いないって思いますけん、少しでも確率ば上げるなら、外海に面した場所+潮通しの良い場所で探ってみるべきって思いますバイ。
【2006/10/01 00:20】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。