本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は仕事で県北の離島の最南端までドライヴに出かけたっですばってん...。






泣きたくなるくらい遠かったデス。



堤防シイラばしに行く御仁方が泊りがけで行く意味ば改めて理解した一日やったですバイ...。








で、そんなロングドライヴの後にも拘わらず、仕事帰りにいつもの自宅近所の港へ。


旅の疲れはメバルに癒してもらわんばバイ。







で、早速一投。


















ぽぽぽぽぽん





















くあっ!!















一発目から出るっちゃ幸先ヨカバイ!!
















メバ1



結構な引きで楽しませてくれたとは、18cmのメバノレ。

潮もまだそぎゃん動いとらんとに、活性はボチボチ高っかごたっけん、こりゃ期待できるバイ!!





















30分経過。













近辺ばランガンするも、アタリはあっても弾くの繰り返し。




この、「Kookai-Light」っちゅうロッド。

ティップもしなやかに見えて、結構豆バルのアタリは弾いてしまう事の多かっですバイ。

ソリッドティップにも拘わらず、ワーム丸呑みに近い状態でなからんとバラシてしまう傾向にあるごたっ気のすっとですばってん?

向こうアワセな楽な釣りができるっちゅうともメバル釣りの醍醐味(?)の一つのごたっ気のすっとですばってん、コレじゃチューブラータイプのロッド同様、アワセば決めんば確実な釣果に結び付かん気のすっですバイ...。




ナニはともあれ、アタリも遠退いたごたっですけん、クルマで1分の大移動。



テトラ周りば攻められるポイントへ。



そして数投。

















ぽぽぽぽぽん






















くあっ!!



















プリプリと小気味ヨカ抵抗の末...









メバ2


15cmクラス。

コレも写真で見てお分かりの通り、ワーム丸呑み。

違和感無く喰わせられとる」っちゅうプラスな思考もできはすっとでしょうばってん?







その更に数投後。


















すびびびびん

















くあっ!!



















メバノレに比べてシャープなアタリと俊敏な動き!!

コレはまさに...。
















アジ1



アジっ子ですバイ。

ただこのアジっ子くん、釣り上げた後も必要以上に暴れるもんですけん、ただでさえ弱いクチ周りに引っ掛かっとるジグヘッドの針で傷口ば自ら広げて、ついにはクチの破れてしもうたっですバイ...。


可哀想に。

このままリリースしてもエサばうまく獲りきれんで、飢えて死んでしまうに違いナカバイ...。

だけんっちゅうてこの15cm前後のアジっ子ばキープしたところで処理に困るだけやし、こぎゃん時に限って近場のニャンコ先生方の姿も見えんし...。


で、結局リリース。


生き永らえるにしろ死に絶えるにしろ、海に帰してやるとが一番ですバイ。

外道やけんってフグやらゴンズイやらば道端に投げ捨てるエサ釣りの御仁方のその行動はどうしても真似る事はできんとですバイ。






んで、その後も...














アジ2



メバ3



共に15cm前後のアジっ子とメバノレば追加。



メバノレの「ガツンっ」っちゅうアタリに比べたら、アジっ子は「コツン」って感じですバイ。

レンジもポイントも似たごたっ場所でヒットしてくっですけん、釣り別けは難しかですバイ...。






で、その数投後。




足元のシェードば引いてきて、いよいよ足元まで来てピックアップに移ろうとした瞬間...。











もんぞ
(拾八南部氏風)







ん?

ゴミでも引っ掛けたか?




が、そう思った直後に、グイグイと水中にロッドの引っ張られるっですバイ。




ぐげげ。

何か掛かっとるバイ!!
























ナゾのワタリガネ



ワタリガネバイ!!

しかも写真でお分かりの通り、しっかりと足の節の部分にフッキングしとっとですバイ!!


狙ったのか偶然なのか...?


撮影&針ハズシの為に地面に置いたら、シャカシャカと歩き回るっですばってん、ラインテンションば掛けたら、ピタっと止まったっですバイ。

なかなか聞き分けのヨカごたっバイ...。




写真撮ってリリース。







その後、またアタリの止まったですけん、クルマで3分の大移動。





最近ボチボチ調子のヨカポイントへ。





いつもに比べたら大潮っちゅうコトもあって、潮位の高っかバイ。




で、いつものシャローからキャスト。
















反応ナシ。
















数投後、係留船付近のシェード部分ばトレース。
















ぐぐん



















くあっ!!

















引きの感覚的に、この時期にしちゃ珍しか25cmクラスの引き。

魚信からして間違いなくメバルばってん、一気に足元の根&藻に走りこんで行くっですバイ!!





しかもこの「Kookai-Light」っちゅうロッド、ティップはしなやかっぽく見えて小さなバイトば弾く割に、バットは意外とベナンベナンですバイ!!

このクラスの走りば押さえ込みきれず、サカナは根へ一直線。



結局、見事に潜られたっですバイ...。



テンションば張った状態で待つこと1分。


根負けして動き出したメバルにトドメば刺そうって抜き上げにかかったら、また潜られて...。




しまいにゃジグヘッドが藻ダルマになって帰ってきたですバイ...。





むぅ。

このロッド、ひょっとしたら使えんっちゃナカやろうか...?


あと一月もしてメバルのピーク時期ば迎えたら、アベレージ20オーバーのポイントば攻める事もあっですばってん、そん時にこぎゃんテータラクやったらどぎゃんしようもナカバイ...。



こら困った。




で、そうこうしよるうちに小雨のパラついてきて納竿。




イロイロ釣れて楽しかった反面、ロッドに疑念ば抱いた釣行になったですバイ。






ま、タダやけん仕方ナカって言えばソレまでですばってん?








<今日のタックル>

ROD:WANDO Kookai-Light KLS692FS・2-1/2
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:SANYO-NYLON GT-R PINK-SELECTION・3lb
LURE:FINA ジグヘッド「まっすぐ」 1.2g
     YAMARIA  ビークヘッド 1.5g
     がまかつ ロックヘッド31 2g
     OFT スクリューテールグラブ蓄光2倍 オレンジ・白
     
     SHIMANO OCEA-MINNOW LIPLESS・35
     LUCKY-CRAFT WANDER45



スポンサーサイト



こいつはイシガニ。
ハサミのパワーが半端でないんで、危険海産物のひとつです。
味噌汁でGoodですばい。
【2006/11/23 20:18】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
拾八南部さん、
なるほど。
確かに陸揚げ直後にそのハサミば見たら、良く見るワタリガネのソレと比べて、いかにも破壊力のありそうな雰囲気ば醸し出しとったですけん、挟まれんごと気ばつけながら海洋投棄したですバイ...。

しかし、相変わらずの博識。
恐れ入りますバイ...。
【2006/11/24 01:41】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。