本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜から風強かったデスね。


雨+風じゃ釣りにならんですし、何より長旅の疲れでグッタリとしとったですけん、今日は一歩も外に出らんやったですバイ。






















...とまぁ、コレじゃ更新にならんですバイ。






ソコで話題造り。



エギングからメバノレ釣りまで活躍してくれよる、バイオの2500Sですばってん、皆さんもご存知の通り、コストパフォーマンスのヒジョーに高い一台である事は周知の事実ですバイ。

実際ホント、買って良かったなぁ~って思えるリールです。

が、そんなバイオにもコレまた皆さん同感と思える欠点が。



















「折り畳み式なハンドル」





メーカーサイドとしては、アングラーが持ち運びし易いようにっちゅう配慮でしょうばってん(コスト考えたらマシンカットにできんだけやったっちゅうのが実情かな?)、まぁ、百歩譲って確かにコンパクトに収まって持ち運びにはヨカですバイ。


が、不意の大物の掛かった時に、その構造のモロさば露呈してしまうっですバイ。



先月、ワタクシめがキロオーバーのミズイカば釣った際も、ファイト中に何度も折り畳み部分から勝手にハンドルの畳まれてしもうて、イラッとした瞬間が2~3度あったっですバイ。




あ~。 マシンカットハンドルやったらなぁ~...。



って、何回考えた事やら...。





で、試しにアルテ改(02M・C3000)のハンドルば付けてみたら...。




















イヤン。 ベストマッチ。










ハンドル軸の太さも、固定用ボルトのサイズもピッタリマッチ。


が、アルテ用の固定ボルトば使ったら、ハンドル回すと同時にボルトが緩んでしまうっですバイ。

ボルトカバーも一緒にクルクル廻るし...。





コレは美しくないっちゅうコトで、バイオの純正ボルトとカバーば付けてみたら、完璧に問題解決。



ただ、アルテはアルテとしてキチンと「港湾スズキ用」っちゅう仕事のあるワケで、バイオに部品提供する余裕はナカっですバイ。



ソコで、バイオのハンドルのみ取り寄せる事に...。














センシライト用:ハンドル組


他に頼む商品もあったんで、ナチュラムで取り寄せ。
(ナニを頼んだかは後日アップします)


で、02Mのバイオ用が無かったんで、同年式のセンシライト用を注文。

モノは一緒なんで問題はナカですバイ。





結果、納期に一ヶ月かかりましたが...。








で、届いたブツを早速比較。


バイオハンドル1


左が05Mのバイオハンドル。
右が03Mのセンシライトハンドル。

ご覧の通り、各部のサイズは全く同じ。





で、早速取り付けてみたら...












バイオハンドル2





...隙間が無い。

ボデーとハンドルの間に隙間が全くナカっちゅう結果に...。

結果、ミョーな摩擦が生じて、行く行くは何かトラブルが起きそうな感じ。


ソレはソレで困る...。




で、改めて2つのハンドルを見比べてみたら...。







バイオハンドル3


05バイオの方には、スペーサーのごたっ部品の入っとるっですバイ。


ナルホド。

コレで高さば稼いどるっちゅうコトやねぇ~。




で、このスペーサーば外してみる。





 バイオハンドル4


意外とあっさり外れたですバイ。


で、コレばセンシライトのハンドル軸に付けてみたところ...
























スペーサーが長すぎて、隙間の空きすぎるっですバイ。



じゃ、切ればイイじゃんってコトでカットば試みるも、意外と硬い材質でできとるごたって、我が家にある工具じゃ歯が立たんワケですバイ。







困った。



何か方法はナカやろうか...。




















!!!!!!!!!!




















で、思いついた方法で装着してみたら...














バイオハンドル5



ピッタリフィット。



寄りの写真も撮ったっですばってん、写りが悪かったんで割愛。



05バイオのハンドル固定ボルトとカバーば使うコトで、供廻りの現象もクリア。




んで、結局どうしたかっちゅうたら...。




















ボルトば完全に絞め込んでしまわんで、

丁度イイ塩梅のトコで止める。




分かり易く言うたら、普通、ハンドルば固定する時は、ハンドル固定用のボルトば固定軸にキッチリと絞め込んで固定するワケですばってん、そのボルトば完全に絞め込まずに、隙間ば微妙に調整してイイ感じのトコで締め込みばやめてしまうっですバイ。








とりあえず、この状態にしてメバノレ釣行ば計4回こなしたですばってん、今のとこ何の問題もナシ。



完全な問題解決策にはならんですばってん、特に問題なさそうですけん、コレはコレでイイのかなと...。


どうしても納得のいかん御仁は、バイオのハンドルに付いとるスペーサーばイイ感じの長さに調整してカットして瞬間接着剤や何かで固定すれば、ボルトも完全に絞め込んで固定できるハズですバイ。
(無責任回答)





ただ、コレでハンドルの剛性もアップして、巻きのフィーリングも劇的に(?)向上すっですけん(主にストレスの解消っちゅう部分が強い気のすっですばってん?)、2000円弱っちゅう費用対効果ば考えたら、上々な改造って思いますバイ。




バイオでできたっですけん、アルテにも使える方法って思いますバイ。




ちなみに、ハンドルに負荷の掛かる状況(こないだみたいにキロオーバーのミズイカと戦ったり)になった場合、恐らくこのやり方で固定したハンドルやったら、場合によっちゃハンドル固定ボルトの疲労骨折も考えられますけん、やっぱりスペーサーば無理矢理でもカットして使った方がヨカかも知れんですバイ。


あくまで推論ですばってん...。





※くれぐれもリールの改造等は各自の自己責任でお願いしますバイ。
このブログば見て改造して起きた事故や故障や何かには一切責任持てませんですし、改造リールは恐らくメーカーの補償対象外になりますけん、最後まで自分で責任持てる御仁方のみトライしてみて下さい。
...悪しからず。


スポンサーサイト



はじめまして。電気工事用の圧着端子(5ミリ穴)の○穴部分ば切り離して,2枚ぐらいかませると良かですよ。ジギング用のステンリングでも良かばってん硬すぎて接触面でリール側ば痛めるかもしれんけんがら,圧着端子の硬すぎず柔すぎない材質が加工性も含めて良かですよ。百円ショップでも見かけたけん経済性でもおすすめですばい。
【2006/11/24 17:34】 URL | モトジゲモン #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/11/24 17:42】 | #[ 編集]
すみません,規格ば見たら5ミリって無かったとです。たぶん5.3ミリと思います。オイのは2枚ですけど厚さも規格があるけん,合わせて2ミリぐらいにすれば良かごたです。元ジゲモンのため変てこな長崎弁を使っていますがお許しください。
【2006/11/24 17:59】 URL | モトジゲモン #-[ 編集]
モトジゲモンさん、
コンニチハ。
始めまして。 ヨロシクお願いします。
ナルホド、圧着端子デスか。
思いつきもせんやったですバイ...。

ちなみに、密かに遙か昔、夢中になって作りよった「ガンプラ(ガンダムプラモ)」で部品として使いよった「ポリキャップ」なんて、加工もし易かけんヨカっちゃナカかなぁ~って思いよったですばってん、よくよく考えたらアレってゴムですけん、長持ちせんなぁ~とかイロイロ考えよったっですバイ。

しかし、その着眼点と言い、どうやらタダのジゲモンさんとは違うごたっですねぇ~...。

またイロイロとご教授下さい!!
【2006/11/24 21:43】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。