本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はナニを隠そう、ワタクシめの3x回目の誕生日やったっですバイ。


日々、ボヤボヤと何するでもなく生きてきて、気がついたら30数年。


釣りば始めて3年半。



う~ん、もうちょっと早うから始めとけばヨカッタっていつも思うっですバイ...。










で、今日は昼から買い物行って、一日またボケボケとして過ごしたですけん、特に話題もナシ。





強いて挙げればメバノレ用のラインば巻き替えたくらいか...。








先日のキタの帰りのメバノレ探索の最後に、バイオのスプールの最深部から巻き糸の飛び出しとったとに気付かずキャストしたのが運の尽き。


猛烈な毛玉と化して、何とか解こうと努力したですばってん、幾重にも重なった結び目はキンク(糸潰れ)してしもうた上に、「ナイロン&フロロ(特にフロロ)は熱に弱い」っちゅう大事なトコば忘れてしもうて強引に作業ば進めた挙句、数箇所のライン縮れば生じてしもうて、ソコからカットしたら残り50mにも満たん程になってしもうたっですバイ...。



極細ラインで軽量リグば扱う時は、ワンキャスト毎にちゃんとテンションば保ってリーリングばすればヨカだけのことですばってん、何かの拍子にウッカリ忘れてそのまま巻き始める事もやっぱり何度かあったっですバイ...。




あぁ。 しかしモッタイナイ...。



「POTENSSIVE・AR-C」、結構気に入っとったっですばってんねぇ...。



で、先日県最北端の島に行った時に投売りで売っとったけん衝動買いしたユニチカの「NIGHT-GAME THEメバル」ばとりあえず巻いたっですバイ。


5lbとちょっと太い気はすっですばってん、150m巻きで税込525円っちゅう破格値やったですけん、迷わず購入しとったっですバイ。


まさかこんなに早く出番が来るとは...。






太いっちゅうても、去年まではフツーに使いよった太さですけん、そう気にはならんって思いますし、扱い易さじゃやっぱりナイロンでしょうねぇ...。




個人的に、

扱い易さ:1.ナイロン 2.フロロ 3.PE

経済性:1.PE 2.ナイロン 3.フロロ

って勝手に思い込んどっですばってん...?



しなやかで限りなくトラブルフリーで安価、その上メバルの食い込みのイイとこがナイロンの優位点ですばってん、ライフサイクルの短さと感度の鈍さ、伸びの大きさはやっぱり他の2点と比べて見劣りしてしまうっですバイ。

フロロはナイロンと比べて感度がイイとこ、ラインが沈むので一定のタナば引いてくるとには有利な上、伸びもそれほどナカですけん、扱い易か部類に入るっでしょうばってん、いかんせん直線復帰性の強かですけんスプールになかなか馴染まんっちゅう大きなデメリットのあるっですバイ。
馴染んだら馴染んだで今度は巻きグセが取れんで、ラインがグルグルと螺旋状になってしまうし...。
そのせいでやっぱりライフサイクルは短め。


PEは抜群の感度と飛距離が最大の武器。
巻いた直後から使える即効性と、比重が水より小さいんで水面にラインが浮くっちゅうコトで、水面直下ば引いてくる分には一番有利。
反面、伸びが少ない分メバルがワームば咥えて走り出すまでに余裕の無い分、アタリば弾いてしもうたり、フッキングが上手くイカンやったりするっちゅうデメリットもあるワケで...。




ま、ドレも一長一短っちゅうコトですたいね。




「根ズレに弱い」っちゅうとばPEのデメリットに挙げる御仁も居らすごたっですばってん、0.1mm台の太さの人工的なラインですけん、正直そこまで差はナカって思いますバイ。

ナイロンだってフロロだって、0.8号じゃ0.6号じゃっちゅう世界の細さやったらキズの入ればあっさり切れますしね。





っちゅうコトで、明日の仕事帰り釣行からは1年ぶりに5lbナイロンでのメバノレゲームになっですバイ。

特に大差はナカって思うっですばってん...?






ソレよりも、フィネッツァの真の実力ば早う試してみたかですバイ。

今のところ理想的なロッドですばってんね。

ただ釣果に恵まれんだけで...。



ワタクシめのインプレばひょっとしたら心待ちにしとらす奇特な御仁方も居らすかも知れんですけん、責任持って試してきますバイ。



スポンサーサイト



お誕生日おめでとう!(^^)
【2006/12/04 06:38】 URL | Nov #-[ 編集]
誕生日おめでとうです^^男に言われても なん ?でしょうが・・・(笑)
今まで密かに?^^拝見せせて頂いてました^^広島で、主にシーバスやってる者なのですが、たっくさんのブログをみて ラウリス で釣りたいのですが、シンペンの使い方自体よくわからないんですよ?(恥)今の使い方としては、流れに対したてアップに入れて角度変えながらもどしてくる・・・ ダウンにいれてテロテロひいてくる・・・・いろいろやってるのですが。。。使い方間違ってますかね?なにとぞアドバイスを・・・^^
【2006/12/04 10:03】 URL | ガイ #-[ 編集]
>う~ん、もうちょっと早うから始めとけばヨカッタっていつも思うっですバイ...。

まったく同感ですばい!ドラ○もんのおったらタイムマシンで鼻たらして○ンポいじりよる中学生ぐらいの自分にサブ(セコッ)タックルば渡してきたかぐらいですばい!
【2006/12/04 21:35】 URL | ヤマヒコ #-[ 編集]
Novさん、
おお!!
ご来場、アリガトウゴザイマス!!
週末は「爆速」の見られんやったですけん、何かトラブルでもあったとかとヒヤヒヤしとったですバイ。
こんなワタクシめでも、これからも細々と生きていくつもりデスので、見守ってやって下さい。



ガイさん、
ハジメマシテ。
いえいえ。 男性からでもお声ば掛けて頂けるだけで生きてる今ば実感できるっですバイ。

ラウリスですか?
ワタクシめの場合、主にアップ気味に投げて、流れのヨレの中ば確実に通るコースば計算してキャストすっですバイ。
ある程度流速のあるエリアやったら、沈まない程度のデッドスロー。

ソレはソレは遅かですバイ。
ハンドル1回転:4秒程度ですバイ('05バイオ4000での数値)。

流速のないエリアでは若干早巻き。
コレもトレースレンジの狂わん程度でのギリギリのゆっくり(?)。
ナニしろ、なるべくゆっくり見せてやるっちゅうとがヨカごたっ気のすっですバイ。

つまりは基本的にガイさんのされとるやり方と、そう大差のナカっちゅうコトですバイ。
ラウリスの場合自重がかなりあるんで、ワンダーやらブルースコードに代表される8~9cmクラスのシンキングペンシルに比べたらちょっと神経ば遣わんばいかんですけん、水深のナカエリアではロッドば立てるとか、明るい時間帯に、同じポイントで根掛りしない速度ば掴んどくとか、何かそう言った努力は必要かも知れんですバイ。
最初だけですばってんね。

参考になったでしょうか?
ならんでしょうねぇ~...。



ヤマヒコさん、
「銅鑼右衛門」の居ったら、ワタクシめも全く同じコトばするに違いナカですバイ。
やっぱりメインタックルは渡したくナカですしねぇ~...。
まぁでも、中坊の時は誰しもしよったコトはおんなじですたいねぇ~...。
ファミコンするかチ◎ポいじるか...。

これも人生。
【2006/12/05 01:08】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。