本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ご注意:今回、カナリ長文ですバイ。 ケータイでご覧の御仁方は全て見れないかも知れんですばってん、あしからずご容赦下さいマセ。










気が付いたら「北征」と称してキタへ出向くようになって、実に数えて20回目。


ワタクシめの今年のスズキの釣果の7割はココで挙げさせてもろうとっとですバイ。

ポイントを紹介してくれた長満野郎Aチーム氏と拾八南部氏に感謝!!





で、昨日の更新でも書いたとおり、潮の流れ出しまで時間のあっですけん、「ファイアーライン・クリスタル」のテストでメバル狙い。


と、同時に新ポイント発掘の為に気になるポイントを釣り歩いてみる。

















結果。














藻メバル15cm


唯一のアタリ&釣果。

ドコもかなりシブい上に、やたらとフグの居るっですバイ。
ワームもあっちゅう間にボロボロになってしもうたですバイ。

今日は風も無くて、まさにPE日和。

感度的には悪うはナカったですばってん、何せ釣果もアタリも1つだけっちゅうアリサマですけん、インプレのしようもナカっちゅう感じですバイ...。

ま、コレは後日改めて...。














で、そろそろ潮の動き出す時間と踏んで、キタのスズキポイントへ。





駐車場に着いた時にはイイ感じで潮の流れよっとですバイ。




タイドグラフで確認したところ、夜明け直前まで潮が動き続けるっちゅう理想的な潮周り。









...今日は何だか釣れそうな予感。








で、イソイソと準備ば始めて、前回80オーバーの出た第3のお気に入りポイントへ。



少し沖合いはイイ感じの流れですばってん、狙いのポイントには潮が当ってない感じ。


緩めの流れがじわ~っと広がる状態で、ワタクシめの過去の経験から、こんな流れの時はスズキサイズじゃのうしてフッコサイズが出る確率が高っかっですバイ。



ま、とりあえず1本出すのもヨカっですばってん、無闇にランカーが付くポイントば叩くとも得策じゃナカですバイ。

大人しく場所を変えるが吉。





で、第1のお気に入りポイントへ移動。




ま、ソコソコの流れ。


とりあえずキャスト。














...が、反応ナシ。









2~3投するも反応のナカですけん、第2のお気に入りポイントへ移動。







ココはイイ感じの流れ。



で、早速キャスト。






本流の流れを過ぎて、ラウリスがヨレの部分に入ったところで...



















どんっ


















くあっ!!



















本流に乗って豪快に突っ走るスズキ。

ドラグの鳴り方から70オーバーは間違いナシ!!

走り&エラ洗いばいなしてゴリ巻き。

約1分後、足元に横たわる銀色の魚体はどう見ても70は下らん。







コリャ幸先ヨカバイ!!






















...と、最後のエラ洗いでフックアウト...。
















...
















最近の釣果からして、1本獲れればヨカ状態の続きよっですけん、このバラシはかなり痛い...。






...ま、落ち込んでも仕方ナカですけん、気を取り直してキャスト再開。








本流の流れを過ぎて、ラウリスがヨレの部分に入ったところで...
























ここんっ
























くあっ!!





















ドラグも鳴らず、意外と簡単に寄って来る魚体。

ん~。 こりゃコマかかね...。





















54cm1400g



54cm、1400g

コレはラウリスで釣ったスズキの中でも最小じゃナカやろうか...?

サクサクとリリース。












1バラシ、1ゲットしたんでポイント移動。

第1のお気に入りポイントへ。






流れはかなりイイ感じ。


本流に向かってキャスト。






本流の流れを過ぎて、ラウリスがヨレの部分に入ったところで...




















ここんっ




















くあっ!!


















ドラグが鳴らんところを見るに、さっきと同じくらいか...?
















...が、一発のエラ洗いば交わして横走りに入ったトコでナゼかフックアウト...。







対ランカー用にフックばST-56にサイズアップしたっですばってん、軸の太くなった分、刺さりの悪うなったとやろうか...?





ココでラウリスのカラーを「マイワシオレンジベリー」から「コノボラ」へチェンジ。







で、少し位置をずらしてキャスト。








本流の流れを過ぎて、ラウリスがヨレの部分に入ったところで...
























ここんっ






















くあっ!!























本流に突っ込もうとするスズキば強引に巻き寄せ。

で、コレも意外にもアッサリと寄って来るっですバイ。


















66cm1720g



66cm、1720g

ま、ソコソコですか...。




写真撮ってサクサクとリリース。












その後、第3のお気に入りポイントへ移動。





流れは更に増して、かなりイイ感じ。




こんくらいやったらランカーポイントば叩いても大丈夫バイ!!





で、慎重にピンポイントキャスト。
ランカーが居そうなポイントば攻める時は、皆さんの仰るとおり「一投一殺」のつもりで投げんばですバイ。








本流の流れを過ぎて、ラウリスがヨレの部分に入ったところで...























こここんっ






















くあっ!!






















強烈に走るスズキ。

同時に逆転するドラグ。

コレは絶対に80クラスバイ!!


エラ洗いで水面ば割ったとは、紛れも無くランカークラスの魚体。
80は下らんバイ!!















...が、次の瞬間テンションの抜けたっですバイ...。
















またバラシた...。
しかもランカー...。













と、落ち着いてココで一考。



コレは恐らく、フックのせいじゃのうして、スズキの捕食の仕方に問題のあるっちゃナカやろうか...?


見上げると雲間から覗く月。

月明かりが影響しとるとやろうか...。


確かに、先週までとアタリの出方の違うっですバイ。


明確に「ごんっ」って感じの豪快なのが先週までのアタリ。

今週は「こんっ」って感じの、軽くて繊細なアタリ。




警戒感が増しとるのか、何なのか...?







いずれにしろ、アタリのあるっちゅうコトは活性自体はそう低うナカっちゅうコトですけん、諦めんなら道は開けるか...。




で、ラウリスをまたマイワシオレンジベリーに戻して、第2のお気に入りポイントへ。





理想的な流れに変わるまでしばらく休憩。




5分後、徐々にイイ感じの流れが来出したところでキャスト。

本流の流れを過ぎて、ラウリスがヨレの部分に入ったところで...



















どんっ





















くあっ!!






















この日一番の明確なアタリ。

こりゃ浅掛かりじゃナカアタリの出方バイ。







例によって急速潜行、エラ洗い、水平走行も全てクリア。

ドラグもイイ感じに出て行く。

70オーバー間違いナシ!!





















74cm2630g



74cm、2630g

むむ。

ランカーに一歩及ばんですばってん、間違いなくスズキサイズ。




写真撮って、蘇生。

3分後、元気に帰って行ったですバイ。




その後、潮の流速が増して更に活性が上がったか、所々でライズ発生。

サイズ的にはコマかごたっですばってん、イイ傾向ですバイ。






















が、その後一時間アタリなし...。













そろそろヨメからもらったタイムリミットも近付きつつあるし、夜明けも近い。



で、どうしても撃ちたい第3のお気に入りポイントのランカーポイントへ狙いを定めて、イイ潮の当るまでじっと我慢。



あちこちで小規模なライズが上がって、

ソッチに撃っちゃおうかなぁ~

って浮気心の働きそうになっですばってん、やっぱりこのポイントが気になるっちゅうコトで我慢我慢。









...で、待つこと10分。




ランカーポイントに潮が当たりだして、絶妙なヨレが徐々に形成されていく。






...待っちょった。 この瞬間ば待っちょった。







機は熟した。

満を持してピンポイントキャスト。









本流の流れを過ぎて、ラウリスがヨレの部分に入ったところで...
























どすんっ


























くあっ!!




















激烈なトルクで走り出す魚体。

最初にバラシたヤツよりもはるかに早い速度で鳴り続けるドラグ。

ロッドば立てて耐えるも、コッチを向かずにひたすら沖に向かって猛進して行く。

ランが止まったところで1回目のエラ洗い。





「ぐあ...。 デカイ...。」




ケタ違いのパワーで急速潜行、エラ洗い、水平走行ば繰り返すスズキ。

AR-Cは今まで見たことナカくらいのベンディングカーブば描いて、何とかソレらをしのいでいく...。

リールシートやらロッドの継ぎ目やらがギシギシと悲鳴ば上げるとばヒヤヒヤしながら聞きつつも、スズキの体力の消耗を待つ。

その間も止め処なくラインは出て行くばかり。




一瞬動きが止まったところで強引にゴリ巻き。




バイオマスターの弱点でもある「ハンドル折れ」ば2度3度とイライラしながら戻しつつも、無我夢中でハンドルを巻く。




数分後、遂に魚体が水面に浮いてきた。











「デカイ...。 明らかにデカイ...。」












クタクタの体でモタモタと、でも慎重にタモ入れ。



タモ入れの為にライトを点けたところで、豪快な急速潜行。



が、コレが最後の抵抗。 いなしたところで大人しくなったっですバイ。




何とかアタマをタモに誘導。




無事にネットイン。











...が、重くてタモの持ち上がらんバイ...。




ロッドば安全な場所に置いて、両手でタモを引き上げ、ようやくランディング。






























94cm7140g



94cm、7140g!!



叉長こそ自己最高にあと1cm足りんやったですばってん、ウエイトは間違いなく最高クラス!!




片手で持ち上げきれんハズバイ...。














ST-56貫通


しっかりとスズキの急所に入ったST-56。

コレじゃまずバレんバイ...。













...しかし、コレが結局致命傷になったっですバイ...。



見た目より複雑にフッキングしとって、なかなか針の抜けんとですバイ。

結局、フックはずしに数分の時間ば要してしもうて、蘇生ば15分試みるも、息ば吹き返す事はなかったっですバイ...。






ああ。 ランカーば殺してしもうた...。






「ゲームフィッシング」っちゅうとは、言わば人間のエゴで、生死を賭けて闘うサカナの引きば楽しむっちゅう、考えようによっちゃかなり惨い遊びではあっとですばってん、ゲーム(あくまで人間側からの考え)である以上、サカナに与えるダメージは極力少なく、釣り上げた後は元気ば取り戻すまで蘇生の手伝いばして、無事に海に帰って行くとば見届けるまでするとが、アングラーが楽しませてくれたサカナに最低限払うべき敬意って思うとっとですばってん、今回はその蘇生がうまくいかんやったっですバイ...。





ランカークラスともなると、過酷な自然環境で10数年、勝ち残って行き続けてきた老成魚。



ワタクシめのルアーに食いつきさえせんやったらもうちょっと長生きできとったかも...。


もうちょっとフック外しがスムーズに出来とったら、蘇生も成功しとったっちゃナカやろうか...。



色んな後悔がアタマを過ぎる中、お腹を空に向けた魚体は、波に呑まれながら沖合いに消えて行ったっですバイ...。













気を取り直してタックルのチェック。








ラインシステムのメインライン側は、結び目付近がささくれ出していたんで、組み直し決定。



でラウリスの方は、さすがに対ランカー用に装着したST-56はあれだけのファイトば経たにも拘わらず伸びも変形も一切なし。

針先も鋭いままで、まさに看板に偽りナシと言ったところか...。




でスナップ。














50lbロックスナップ破損



...見事に開いとるバイ...。


コレは、自分で開いたっちゃなくて、ランカーとのファイトで破壊されたっですバイ...。

破断強度:50lb」と謳われたこのスナップ。

っちゅうコトは、瞬間的に22kg以上のチカラが加わったって事ですバイ...。


恐るべきパワーですバイ...。


裏を返すと、もうちょっとでルアーごと海に消えて行った可能性もあるっちゅうコトですバイ...。






次からは念のため、もう1ランク上の破断強度のスナップば使うごとしますバイ...。







その後も潮は流れ続けよったですばってん、両腕はさっきのファイトでパンパン、加えてランカーの命ば救えんやったっちゅう罪悪感で、コレ以上釣りば続ける気分になれんやったですけん、そのまま納竿。






ランカーを釣ったヨロコビと、そのランカーば殺してしまった罪悪感で、何だか複雑な心境の釣行と相成ったワケですバイ...。







改めて合掌。


せめて極楽浄土へ逝ってくれますように...。










<今日のタックル>


~メバル用~

ROD:GRAPHITE-LEADER FINEZZA GOFS-792UL-S
REEL:SHIMANO BIOMASTER 2000S
LINE:Barklay FIRE-LINE・CRYSTAL 4lb
LURE:FINA ジグヘッド「まっすぐ」 1.5g 2g
     FINA じゃこまろ グローパール
     OFT スクリューテールグラブ ピンク




~スズキ用~

ROD:SHIMANO GAME・AR-C 906
REEL:SHIMANO BIOMASTER 4000
LINE:DUEL X-WIRE 27lb
LURE:LITTLE-JACK RAULIS

スポンサーサイト



あいかわらず、デカイ奴釣られてますな。
ランカー含め4本ですか。
さすがですばい。

ところでランカーの死はリリース派のたっくさんには無念かと思われますが、莫大な数のベイトの命ば救うことにもなっとですばい。

ランカーの摂餌量は半端じゃなかけんですね。ランカーの亡骸もプランクトンの餌となり、プランクトンはベイトの餌となり、結果ランカーシーバスに再び繋がっていくと思いますばい。
【2006/12/09 20:36】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
小さく見えます…。すごい。

命はめぐりますばい。気をおとさずに頑張ってください。
【2006/12/09 23:09】 URL | ヤマヒコ #-[ 編集]
僕には夢のような釣果です。
そしてたっくさんのこの魚に対する思いがよう分かったです。
フィッシュイーターの僕でも、ノッコミ期のでっかい真子や白子見ると切なくなります。

とにかくナイスフィッシングです。
【2006/12/09 23:40】 URL | リーバス #-[ 編集]
一夜の釣行で私の人生分釣果のはるか上ばいかれますか(笑)
あの難解な流れば確実に見切られろつようで感服すっです。

ランカーの件は・・・お気ば落とされんごとですね。
路上放置しとるワケではなかとですけん海に帰った以上は何らかの形で自然界に影響ば与えるハズ・・・決して無駄ではなかです。
野生が持つ脅威の力で生き抜いたかもしれんですよ?
【2006/12/10 02:46】 URL | 魚々麿 #IG6tkH0k[ 編集]
にゃんと!春先に続き、秋シーズンも90UPば揚げとらすとは…。

心底おったまげたですばい!

去年の12月はどこの釣り場もシブかような気のしよったですばってん
今年はまだまだ各地で釣れよるごたっですけん頑張りまっしょう♪

【2006/12/10 09:42】 URL | 長満野郎Aチーム #JalddpaA[ 編集]
ヨカ釣りばしとりますね~。
マッツンは最近家庭の事情で忙しいため近場でメバルと遊んでますばい。

しかし羨ましい。
【2006/12/10 10:01】 URL | マッツン #-[ 編集]
おめでとうございます!^^流石ですね^^
蘇生できなかったのは残念ですが・・・フックのかかりようによっては、仕方がないかと・・・
そちらはまだ終了ではないのですね?こちら広島では、もう終わったっぽいです 残念
しばらく ロックフィシュしてまたアフターで頑張ります^^
いや~~いいもの見せて貰いました!^^
次回また期待してます^^
【2006/12/10 20:02】 URL | ガイ #-[ 編集]
まずは皆様たくさんのコメントありがとうございます。


拾八南部さん、
なるほど。 そぎゃん考えもありますね。
ある意味、「より多くの命ば救う事になった」っちゅうコトですかね...?
自然界の食物連鎖に貢献できたって考えれば少しはマシですかね?




ヤマヒコさん、
ホント、ラウリスちっちゃく見えますバイ。
ランカークラスのアタマの大きさって、最初に見た時は軽く引いたですもんね...。
魚体も、スズキっちゅうよりコイかなんかのごたっ感じですバイ。





リーバスさん、
スズキクラス以上のサカナには、ホント敬意ば払いとうなっですバイ。
良うココまで生きてきた&良うワタクシめのルアーに喰ってきてくれた(?)っちゅう事で...。
今後もこの気持ちは忘れとうなかですね
...。




魚々麿さん、
あの流れも、よくよく見ればパターンのあっとですバイ。
スズキが居る流れ、居ない流れっちゅうか...。
無闇に投げてもスレさせるだけっちゅうとも、最近になって何となく掴めてきた気のすっですバイ。
...の割には釣れる確率は低っかっですばってんねぇ~...。




長満野郎Aチームさん、
おかげさまで今年3本目の90UPば上げさせてもらいました!!
好調ぶりは長満さんにゃカナワンですばってん、今後もラウリスのチカラば借りて、ランカー狩りに精進しますけん。




マッツンさん、
「家庭の事情」デスか...。
心中御察し致しますバイ...。
またそのうちご一緒したかデスね。
時間の空いたらコッチにも来て下さい。




ガイさん、
ソチラではもう終わったデスか...。
コチラは場所さえ探り当てれれば、恐らく周年釣れるって思いますバイ。
ご期待に添えるか分からんですばってん、釣れん地区の御仁方の為にも、貪欲に釣果ば追い求めて行きたいと思いますバイ(また偉そ~に...)。

【2006/12/11 23:50】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。