本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はランカークラスを始め、ヒット:7、釣果:4とまずまずな釣行やったですバイ。



ランカーを蘇生できんやったっちゅう後悔は残りますばってん...。









で、ちょっと早い気もすっですばってん、今年のワタクシめの昨日までのスズキの釣果ば振り返り(要は話題のナカっちゅうコト)。



12月10日現在。

合計:35本

内訳は以下の通り(カッコ内は構成比)。


40以下 :1(2.8%)
40~49:4(11.4%)
50~59:7(20%)
60~69:10(28.6%)
70~79:5(14.3%)
80~89:5(14.3%)
90以上 :3(8.6%)


あくまで「ハードルアー使用で、スズキ狙いである事」ば前提としとっですけん、秋口に市西部の清流でミニメタルジグで釣った10cm前後のセイゴや何かは数字に入れとらんですバイ。


去年までの釣果と比較してみて気付いたとが(去年までの数字は取っとらんですばってん、釣った本人の印象として)、セイゴクラス(ワタクシめの場合、「セイゴ」は49.9cmまで、「フッコ」は69.9cmまで、「スズキ」は70cm以上で、「ランカー」は80cm以上と勝手に決めてます)の釣果が極端に少なくて、60cm以上の釣果が飛躍的に伸びたって事ですバイ。


実際に構成比ば改めて見直すと...


40以下 :1(2.8%)
40~49:4(11.4%) 34.3%
50~59:7(20%)   ↑
----------------
60~69:10(28.6%) ↓
70~79:5(14.3%) 65.7%
80~89:5(14.3%)
90以上 :3(8.6%)



と、圧倒的に60cm以上の釣果が多かワケですバイ。






このサイズアップの要因は、何と言っても長満野郎Aチーム氏と拾八南部氏から超有力ポイントである「キタ」ば教えてもらった事。

コレはかなり大きいですバイ(っちゅうかそのお陰って感じ)。



あともう一点が、「ラウリス」ば使いだした事。

コレも実は大きかっですバイ。












ラウリスとの出会いのキッカケは、とある雑誌で目にした記事。



『ランカーが好む「S字」アクションのルアー...』



最初は勿論半信半疑。

しかし、他に紹介されたハンドメイド系のルアーがドレも高額なのに対して、ラウリスはその半額以下。


当時まだ、各釣り雑誌の「このルアーは釣れる!!!」って記事ば読み漁って、なかなか実績の伴わないながらも数だけ増やし続け、なおかつサイズと釣果のアップば切望しよったワタクシめにとって、この2000円弱の出費っちゅうとは、特別冒険とも何とも思わんやったっですバイ。
(ちなみに最近は釣り雑誌はほとんど買いよらんデス)


愛用中の「AR-C」でも十分にキャストできるウエイト(正直、コレは運が良かったですバイ。他のスズキ用のロッドじゃ投げれんとが多かですけんね)やった事もあるし、試しに買ってみようかと...。


更に、タマタマ「ヤフオク」で安くで入手できたっですバイ。







「デカイ&重い&不恰好な感じ。」



ラウリスに対しての第一印象はこんなところ。

ホントにコレでスズキって釣れるとかね?





昨年までの対スズキの主力ルアーっちゅうたら、

「ブルースコード90C」
「TKLM9/11」
「ワンダー80」
「サスケSF95」
「X-80」

たくさんルアーは持っとったですばってん、使うとは大体こんな感じ。

俗に「雑誌でよく見るルアー」達ですバイ。

で、釣る場所もカンケーはあるって思うっですばってん、釣果記録ば録り出したとが去年の秋からで、去年の釣果の最高は「95cm」。

コレはホントにたまたまで、実際ソレ以外は40cm台のオンパレード。


去年の10月からの3ヶ月での釣果は7本。



40以下 :0(0%)
40~49:4(57.1%)
50~59:1(14.3%)
60~69:1(14.3%)
70~79:0(0%)
80~89:0(0%)
90以上 :1(14.3%)




ま、釣果が少なかですけん、今年一年分と比べるともちょっとどうかとは思ったっですばってん、それ以前の記録は取っとらんやったですけん...。


ソレでも今年の釣果と比べると圧倒的に釣れたサイズが小さいって事は分かって頂けると思いますバイ。







んで、今年の釣果はさっき振り返ったですけん、改めて同じ数字ば並べるまでもナカって思いますばってん、ココで興味ある数字。


今年釣った35本のアベレージサイズ。



65.6cm






...何気にコレって凄くナイデスか?






そして更に。



今年ラウリスば使って釣ったスズキの数





30本。








...ま、そうデスか。




が、オドロキなのがそのサイズアベレージ。


















70.1cm!!













ワタクシめのスズキの成長分類で解釈すると、アベレージが既に「スズキサイズ」になっとるっですバイ。




んで、その比率。


40以下 :0(0%)
40~49:0(0%)
50~59:7(23.3%)
60~69:10(33.3%)
70~79:5(16.6%)
80~89:5(16.6%)
90以上 :3(10.0%)



構成上の比率で見たら、圧倒的に60cm台が多数ば占めとっとですばってん、やっぱり注目すべきは「スズキサイズ」の釣果の数ですバイ。


実際、ラウリス以外の釣果5本ば全て紹介したら、

①ワンダー80:41cm、43cm
②TKLM9/11:45cm
③サスケSF95:45cm
④かぶらジグ:26cm(ヒラセイゴ狙いのヒラセイゴ)


アベレージは40cm...。

釣行した場所が違いますけん、同じモノサシで見たらイカンとでしょうばってん...?

良くも悪くもフツーですバイ。






ソレにしても、去年までは「70オーバー」っちゅうたら一つの目標で、ホントに年に2~3匹が関の山やったっですバイ。



ま、今でも貴重ですし、尊敬すべきサカナっちゅう解釈は変わっとらんですばってん、唯一変わったとが「出会えるチャンス」。


「キタ」のポイントが持つポテンシャルに因るトコロも大きかですばってん、ラウリスば使いよらんやった去年、同じキタで他のルアーば使っての釣果が5本で、アベレージが「48.8cm」。

最高が60cmで、最低が41cm。



釣行しよる場所も時間もほぼ同じで、違うとは選択するルアーのみ。






...長々と書いたですばってん、コレである程度は証明できるって思いますバイ。


我ながら「凄い釣果やな~」ってついつい感心してしまいますばってん、誤解しちゃならんのは、仕事しよるとはあくまでルアーですバイ。


「ある程度流れのあるポイントで、なおかつヨレも幾つかある場所。」


ラウリスが活躍する(っちゅうか使い易い)場所ってのはそんなトコロ。


本流に向かってキャストして、ヨレの部分へ流し込むだけ。


あとはオートマチックでラウリスが仕事ばしてくれるっですバイ。




あんまり難しい事ば、この稀代の不器用人間なワタクシめができるハズもナカですけんねぇ~...。





リトルジャック(LITTLE JACK) RAULIS (ラウリス)
リトルジャック(LITTLE JACK) RAULIS (ラウリス)





133mm、28g」とその巨大さから、ある程度使いこなせるタックルは限定されてしまいますばってん、確実にランカークラスとの距離ば縮めてくれるルアーだとワタクシめは確信しとっですバイ。


もちろん、コレからも愛用していきますバイ!!










しかし、「目標:年間50本」はムリっぽかよねぇ~...。


スポンサーサイト



いいランカー挙げてますね~
さすがです。
蘇生は残念ですが、ボクはそうした事態も起きるのがこの釣りだと割り切るようにしています。
もちろん最大限の努力はしますが。。。

それにしてもラウリスいいですね。
こちらではあまり使っているという人を聞きません。
ボクも今年はちょっとだけいい思いをしましたので
来年も引き続き使おうと思います。


ちなみに今週末、私事で帰省します。
たっくさんのところまで足は伸ばせそうにないですが
大分の鱸を狙う予定です。
【2006/12/11 10:57】 URL | ひで@KINGFISHING! #-[ 編集]
お昼休みに失礼します。
「羅宇理州」は一家に一代、真似っこ大好きな私も購入させていただきました。(いまんとこ1バラシorz)
はっきりとしたヨレができる私のホームでもじゅうぶん通用するとは思うんですがね~。やはり信じて巻くことでしょうか?
【2006/12/11 12:43】 URL | ヤマヒコ #-[ 編集]
たっくさん、はじめまして 長与に住んでますジョニーと申します。ルアー初心者ですが、宜しくお願いします!
ブログの方は、以前より楽しく拝見させていただいてましたが、先日の書き込みはなんだかドラマ的な内容で感動しました。

自分とファイトしてくれた魚に対する友情
愛情がうまく表現できていて読んでいていかにもその場に一緒にいるような気になりました。心優しい人なんですね!

最後に1つ教えてください。ヨレってなんですか?
今後とも期待してますのでブログ更新頑張ってください。
【2006/12/11 22:06】 URL | ジョニー #-[ 編集]
ひで@KINGFISHING! さん、
ラウリス、ヨカですよ。
場所によってマッチ&アンマッチありますばってん、ソコソコ流れのある場所なら十分使えるって思いますバイ。

大分もランカーのハナシは良う耳にしますけん、大物狙いでぜひラウリスもご一緒させて下さいませ。




ヤマヒコさん、
「信じて巻く」

ソレだけですバイ...。

って、こんだけラウリスの宣伝したところで、リトルジャックからは何のお礼もナカっですばってんねぇ~...。




ジョニーさん、
はじめまして。
こんなショーもないクソブログば楽しみにして頂けるなんて、一度心療内科にでも掛かった方がヨカかもですありがたい限りですバイ。

え~、ご質問の「ヨレ」ですばってん、分かり易く言うと「反転流」とでも言いましょうか、障害物や何かに本流の流れが当って、本流の流れと逆の方向にゆっくりと巻く潮の流れの事ですバイ。

そんなトコについてるケースってのは結構あっですけん、狙ってみる価値は大ですバイ。

応援アリガトウゴザイマス。
恥ずかしながら今後もコソコソと更新ば続けていきますバイ。

【2006/12/12 00:06】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]
こんばんわたっくさん。
凄いの上げてますね。7kオーバーなんて夢ですね。ラウリスの何がいいのか、がよくわかる文章で9月に釣った70弱のパターンを改めて思い出しました。確かに反転流でした。たっくさんに負けないようにがんばりますよ。
【2006/12/13 21:57】 URL | いさむ #ql4Ssy4Q[ 編集]
いさむさん、
そ。
答えは反転流ですバイ。
ルアーの動きば掴むまでは苦労するかも知れんですばってん、慣れればイイ働きしてくれますバイ。
お互い頑張りましょう!!

【2006/12/13 22:55】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。